えひめ教育のICT活用事例集

タイトル 【三崎高校】地方創生政策アイデアコンテストに挑戦!
教科等 その他
学校名 三崎高校
ICT活用事例

 三崎高校学校設定科目の未咲輝学で、2年生が地方創生政策アイデアコンテストに応募する準備が進んでいます。

 地方創生政策アイデアコンテストは、国が提供する「地域経済分析システム(RESAS)」を使って、地域活性化のための政策アイデアを募集するものです。

 

 生徒はグループで様々な統計資料を集めて分析し、伊方町や三崎地区を元気にするプロジェクトを考え、まとめます。

 今年度からはこの授業で一人一台端末が大活躍中で、生徒たちの端末活用能力も向上しています。どんな作品が仕上がるか楽しみです。

 

タイトル データサイエンス講演会/愛媛大学データサイエンスセンターと連携
教科等 その他
学校名 松山南高校
ICT活用事例

 9月14日(火)、2年生を対象としたデータサイエンス講演会が開催されました。愛媛大学データサイエンスセンター(CDSE)と連携し、課題研究の質の向上をねらいとした取組を行っています。
 本日は愛媛大学の2名の先生に、グループ別にご講演をいただきました。愛媛大学大学院農学研究科藤内直道先生には、「施設栽培トマトの生育調査:比較とモデル」をテーマに、データを扱うときの統計処理の基礎的な知識方法をご教授いただきました。
 愛媛大学大学院医学系研究科疫学・予防医学講座三宅吉博先生には、「疫学研究って何ですか?」というテーマに、疫学研究におけるデータサイエンスの役割やデータの分析方法についてご教授いただきました。分析の方法など分かりやすく学ぶとともに、データサイエンスが世の中で果たす役割を具体的に知ることができました。今後の課題研究にしっかりと役立てていきます。

タイトル Yahoo! Japan IT人材育成プログラムを行いました。
教科等 その他
学校名 新居浜商業高校
ICT活用事例

9月13日(月)13:30~16:30、新居浜商業高校会議室においてIT人材育成プログラムを行いました。このプログラムは、新居浜市産業振興課、ヤフー、ストアオーナー(若宮食堂)、新居浜商業高校の4者がステークホルダーとなり、次世代のIT業界を支える人材を育成することを目的としています。第1回目となる今回のプログラムには、3年生21名が参加し、オリエンテーション、ロジカルシンキング、ツール操作などを行いました。当プログラムは1月17日まで実施します。今後も取組を紹介していきます。

タイトル 地域ビジネス科の取り組み
教科等 その他
学校名 松山商業高校
ICT活用事例

今年度、地域ビジネス科の2年生は、(株)龍宮堂さん(海産物珍味製造・販売)から発売される新商品のネーミング・パッケージデザイン・キャッチコピーの制作を、(株)シンプルさん(広告デザイン会社)に御指導いただきながら行っています。本日の3回目の実習はオンラインで行われました。完成した商品は、松前町のファーマーズマーケット『まさき村』などで販売される予定です。

タイトル 三間小学校とのオンライン交流会【三間分校】
教科等 農業
学校名 北宇和高校三間分校
ICT活用事例

9月10日(金) 農業機械科1年生と三間小学校5年生の3回目の交流会をオンラインで開催しました。1人1台端末を活用し、小学生に分かってもらえるような工夫をすることができました。
 【実施後の生徒の感想】
「画面を通して伝えることは難しい・・・」「小学生に伝わっているのかな・・・?」「普段見ているテレビのアナウンサーってすごい・・・」
 実施前は不安もありましたが、終わってみるとやって良かったと思います。コロナ禍だからできたこと。次回は、収穫の交流会を予定しています。

  

  

タイトル やむを得ず自宅待機している生徒への学習支援について
教科等 その他
学校名 高校教育課
ICT活用事例

 ある学校では、生徒全員が、やむを得ず自宅待機しているクラスに対して、オンラインによる学習支援を行っています。

 時間割に合わせて、授業担当者が、「Teams」のウェブ会議機能を利用して、学習動画をライブ配信しています。1人1台端末を効果的に活用することにより、学習の遅れが生じないよう取り組んでいます。

 また、一部の生徒が自宅待機している場合は、その対象生徒に、「Teams」を利用した、授業のライブ配信や資料提供等を通じて、学習支援を行っています。

タイトル ファッション甲子園2021最終審査会(青森)全国3位入賞
教科等 その他
学校名 松山工業高校
ICT活用事例

第20回全国高等学校ファッションデザイン選手権大会(通称:ファッション甲子園)の最終審査会が8月22日(日)に青森県弘前市で行われ、Zoomで参加してYouTubeライブ配信で開催されました。
今年の大会は、全国2,248チームの応募の中から予選を通過した34チームが参加し、本校繊維科3年生の武田さん、藤岡さん、小西さんの作品が全国3位に入賞しました。
本校は、クラフトテープを立体的に編んだ幾何学模様のパーツを使ったロングコートとショートパンツで審査に臨みました。審査では、「素材、コンセプト、丁寧な手仕事」が高く評価され、本校で初の3位入賞を果たしました。チーム代表の武田さんは「皆の協力で作品ができました。全国3位に選ばれて、とても嬉しいです。」と大会を振り返っていました。

タイトル 2学期始業式はリモート配信で
教科等 その他
学校名 東予高校
ICT活用事例

8月30日(月)に第2学期の始業式が行われました。今回は、体育館での全校生徒を集めず、各教室へのリモート配信の型で実施しました。表彰伝達の後には、「新型コロナウイルスの感染予防を行いながら、創立60周年にふさわしい、実りある学校生活を送ってほしい」と校長からの式辞がありました。
 

 

タイトル 「地域みらい留学」オンライン(第4回)実施
教科等 その他
学校名 上浮穴高校
ICT活用事例

本校森林環境科は、令和4年度入学生の全国募集を実施しており、全国の全国募集実施校が一堂に会するオンライン合同説明会(「地域みらい留学」)に参画しています。この参画は、久万高原町の御支援により実現しているものです。8/28(土)、8/29(日)には、本年度第4回のオンライン合同説明会が開催されました。

星天寮の充実ぶりや自慢の開発商品などをPRしました。中学3年生だけでなく、下級生の方にも参加いただき、「地域みらい留学」広がりを実感しました。

 

タイトル 【三崎高校】オンライン始業式
教科等 その他
学校名 三崎高校
ICT活用事例

8月26日(木) 2学期が始まりました。

今回初めて始業式をオンラインで実施しました。

教職員も生徒もICTの活用を積極的に進めている成果もあり、

スムーズに実施できました。

 

 

タイトル オンライン補習
教科等 その他
学校名 宇和島東高校津島分校
ICT活用事例

夏休みも残りわずかとなりましたが、17日(火)からSUT(補習)も始まっています。新型コロナの影響で休校になった場合に備えて、各教科で「オンライン補習」も実施しています。先生方も工夫しながらタブレットの向こうの生徒達とやりとりしています。悪戦苦闘しているクラスもあるようですが、少しずつ慣れてもらいたいものです。

タイトル バイテクとタブレット
教科等 農業
学校名 伊予農業高校
ICT活用事例

生物工学科バイテク班が取り組んでいる植物組織培養は、日々の観察が基本です。3年生の課題研究では、タブレット端末が大活躍。実験の作業工程や結果を写真に納め、データの整理は表計算ソフトで。とっさの調べ学習もお手の物です。

タイトル オンラインで「小論文講演会」をしました!
教科等 国語
学校名 八幡浜高校
ICT活用事例

7月26日(月)、2年生は国語の補習の時間を利用して、「オンライン小論文講演会」を実施しました。teamsの会議機能を使い、ホワイトボードに投影された画面と、各グループで1台準備した生徒端末を利用して、大阪のマイナビ本社から講演、小論文の書き方について教えていただきました。

タイトル 補習初日 リモートオンライン授業に挑戦する
教科等 その他
学校名 西条高校
ICT活用事例

7月21日(水)補習初日、1年生は自宅から1人1台端末を活用し、リモートオンライン学習に取り組みました。各先生方は、教室から生徒たちへWI-FIにより授業を行いました。

タイトル 吉田高校 遠隔授業
教科等 その他
学校名 吉田高校
ICT活用事例

1学期中に全クラスで遠隔授業の試行を行うことができました。

オンライン授業への参加・開始・退出・終了など、授業をしてみて気づいた点がたくさんありました。

生徒たちもパソコンの操作に慣れて、夏休み中に行われるオンライン登校日の練習にもなったと思います。

オンライン登校日については後日ホームページに掲載し、Classiでも配信します。

タイトル 津島分校 高齢者施設とのリモート交流会
教科等 その他
学校名 宇和島東高校津島分校
ICT活用事例

7月19日、家庭クラブ活動の一環で毎年高齢者施設との交流会を行っていますが、昨年に引き続きリモートによる交流を実施しました。特別ゲスト相撲部員も参加し大変盛り上がる交流となりました。「めだかの学校」に合わせた踊り、マジックショー、クイズ「箱の中身は何だ」、相撲部員による土俵入り・NiziUのダンスなどを行いました。特に、相撲部員のパフォーマンスは高齢者の方も喜んでおられました。最後に綿のアレンジフラワー、暑中見舞いカードをプレゼントしました。

タイトル オンラインホームルーム活動
教科等 ホームルーム活動
学校名 東予高校
ICT活用事例

稿日時 : 11:49  一般01  カテゴリ:7月20日(金)終業式後のHR活動「1学期の振り返りと夏休み中の注意事項」を行いました。全校一斉に、担任が職員室から遠隔で授業を行い、生徒が教室で一人一台端末を使用して参加しました。

 

Teamsを使用し、先生や友達の表情や画面に提示された資料を見ながら、夏休みの注意や宿題の説明を聞きました。

 

夏休み中は8月3日(火)の実際に定時登校する全校登校日の他に、8月17日(火)9:00~本日と同じ要領で、生徒の皆さんが自宅にいて、学校にいる担任とオンラインHR活動を実施する「オンライン登校日」を予定しておます。

タイトル 姉妹都市交流活動(宇和島産マダイのオンライン授業) 【水産増殖科】
教科等 水産
学校名 宇和島水産高校
ICT活用事例

宇和島市との協働で宇和島産マダイ養殖・魚食普及に関するオンライン授業を行いました。

愛媛県宇和島市で生産されている養殖マダイは全国シェア32%を占めております。姉妹都市交流活動では、新型コロナの影響で一部滞留している宇和島産マダイを学校給食の食材として提供する事業の一環として、宇和島市と姉妹都市(北海道当別町、宮城県仙台市、同県大崎市、長野県千曲市)4市及び宇和島市内の2小学校でオンライン授業を実施しました。

オンライン授業の内容は以下のとおりです。

接続テスト
開会あいさつ
岡原文彰宇和島市長あいさつ
本校生徒によるオンライン授業(パワーポイントを用いた授業、生物飼育実習室内での飼育マダイの紹介)
質疑応答
閉会あいさつ

【7月12日(月)】

参加校:北海道当別町立当別小学校3年生、宮城県大崎市立沼部小学校6年生、宮城県仙台市立南光台東小学校5年1組、長野県千曲市立東小学校5年生、愛媛県宇和島市立遊子小学校3-6年生

 

【7月15日(火)】

参加校:北海道当別町立西当別小学校3年生、宮城県大崎市立岩出山小学校5年生、宮城県仙台市立南光台東小学校5年2組、長野県千曲市立更科小学校3年生、愛媛県宇和島市立北灘小学校5年生

 

本校生徒は、マダイの養殖に関することや魚食普及に関する説明やクイズ、2年生の総合実習で種苗生産してきたマダイの紹介を各校の児童生徒の皆さんが理解しやすくなるよう努めていました。

今回の交流で人に伝えることの難しさや楽しさを実感できたのではないでしょうか。

この交流活動のようすは、宇和島ケーブルテレビでの放映や水産経済新聞や愛媛新聞に掲載また掲載予定されています。また、宇和島市立遊子小学校や北灘小学校のホームページにも掲載されています。ご覧ください。

最後に姉妹都市交流活動を実施するにあたり、宇和島市役所水産課職員の皆さま、オンライン授業に参加してくださいました関係者の皆さまに対しまして感謝申し上げます。

♯鯛食べよう

タイトル オンライン学習支援の試行
教科等 ホームルーム活動
学校名 新居浜工業高校
ICT活用事例

7月15日(木)のホームルーム活動の時間に、Teamsのウェブ会議機能を活用したオンライン学習支援の試行を行いました。

職員室や準備室にいる教員と教室にいる生徒をオンラインで結び、運動会について話し合いました。

ハウリングに悩まされるクラスもありましたが徐々に改善し、グループ長が教室から挨拶した後、教員が職員室等から指示を出しながら、各クラスで出場種目を決定していきました。

夏休み中の8月4日(水)には、オンライン登校日(教員は学校、生徒は自宅)も予定しています。今後も、急な臨時休業になった場合にも対応できる体制づくりを進めていきます。

タイトル オンライン登校日
教科等 その他
学校名 上浮穴高校
ICT活用事例

本校では、期末考査の返却も終わり、1学期の授業も一段落したところです。このような中、本校は、本日を「オンライン登校日」としました。生徒は、実際には登校せず、自宅等において、一人1台端末を使用して、「オンライン登校」をしました。

コロナ禍により、万一、長期の臨時休業を余儀なくされた場合、学びの確保のために、一人1台端末を使用しての遠隔授業を行うことを想定した研修・訓練を目的としています。全ての先生が研修できるよう、学校訪問研修の時間割で実施しました。

まずは、ショートホームルームです。誰もいない教室から、あるいは、準備室から、担任と副担任が、会議システムを使って指導しています。出欠確認も行います。ホワイトボードを映しての諸連絡などの手法が見られました。 

 次に授業です。

 ○プレゼンテーションを画面共有しての説明

 ○実技科目については、「ロープワーク」を実演しての指導

 ○普段、先生が「タブレットに手書き→プロジェクタ→ホワイトボードに板書」のスタイルの授業では、板書を画面共有しての講義

 ○会議システムの機能を活用した班別の協働学習

 などの手法が見られました。 

さて、生徒たちは…。

星天寮の寮生たちは、寮で授業を受けています。各自の個室や食堂に分散しての実施です。自宅等にいる生徒たちも、このような様子でしょう。 

今回のオンライン登校日は、うまくいった場面、うまくいかなかった場面があったと思います。今後は、有益だった手法の共有、課題の共有と解決を通じて、より精度を高めていきたいと考えています。