学校の魅力化の取組

 

愛媛県立の高等学校・中等教育学校における、魅力化の取組を紹介するページです。

 

高校教育課のページへ戻る

 

全国募集のお知らせ

  

 

新着投稿記事 

アップ日 学校名 記事名
12月1日 南宇和高校 地域未来探究(総合的な探究の時間)に海岸清掃を実施しました
12月1日 新居浜工業高校 「糸まち」に行ってきました!【環境化学科】
12月1日 伊予農業高校 多肉植物の寄せ植えにチャレンジ!
12月1日 今治工業高校 「朝読書」と「朝学習」 朝の活動に変化が…
12月1日 三崎高校 ディスカバー農村漁村(むら)の宝アワード特別賞受賞!!!
12月1日 北宇和高校三間分校 イルミネーション点灯式【三間分校】
12月1日 松山商業高校 地域ビジネス科の生徒が商品販売を行いました
11月29日 南宇和高校 総合的な探究の時間にSDGsについて学習しました。
11月29日 上浮穴高校 集材実習(森林環境科 1年生)
11月25日 大洲農業高校 地域芸能を継承しています

 

ブログ

令和3年度 魅力化の取組

「糸まち」に行ってきました!【環境化学科】

環境化学科2年生は、11月25日(木)朝から、西条市にある㈱糸プロジェクトが経営する「糸まちマルシェ」を見学させていただきました。本校は親会社の㈱アドバンテックと関係が深く、半導体や液晶業界で多くの先輩方が活躍しています。

「糸まち」の始まりは、街のにぎわいを取り戻し、次世代を育める街を、糸を紡ぐように成長させたいというもので、そのハード面における電力は、㈱アドバンテックの強みである太陽光発電を中心とした再生可能エネルギーでまかなうとともに、エネルギー負荷を抑制し、風土に調和した建築物の建設を進めています。

今回は、地下水の熱交換器、ガス発電機そして再生可能エネルギーを蓄電するNAS電池を見せていただきました。

生徒の皆さんは「ふるさとの課題解決策」のヒントを得るために企画された今回の企業見学で、解決策の糸口は見つかったでしょうか。

 

 

多肉植物の寄せ植えにチャレンジ!

今回1年生の総合実習で多肉植物の寄せ植えにチャレンジしました。どの多肉を選ぶのか、どう配置するのか、鉢は何色にするのか…。同じ実習内容でも、一人ひとり違う味わいの作品に仕上がるところが面白いです。多肉植物は、「葉挿し」で増やすのが主流。バイテク専攻で勉強している植物の「分化全能性」を身近に感じられる植物です。

   

「朝読書」と「朝学習」 朝の活動に変化が…

今治工業高校では、朝登校後、ショートホームルームが始まる前の時間を利用して、「朝読書」を実施しています。その様子が最近少し変わりました。

今年度、今治工業高校でも一人一台タブレット型端末が導入されています。これを契機に、週に一度、学習動画をタブレット端末で視聴して、生徒それぞれの不得意分野を補うという取組を行っています。生徒たちは、興味深げに、真剣に取り組んでいました。こうした日々の積み重ねは大切だと思います。

さて、本日26日(金)から12月2日(木)までの間は、第2学期期末考査が行われます。長い2学期の総まとめのテストです。しっかり頑張りましょう。
ガンバレ、今工ファミリー!!

 

 

【三崎高校】ディスカバー農村漁村(むら)の宝アワード特別賞受賞!!!

農林水産省主催の本コンペティションは、「強い農林水産業」「美しく活力ある農山漁村」の実現のため、農山漁村の有するポテンシャルを引き出すことにより地域の活性化や所得向上に取り組んでいる優良な事例を選定し、全国への発信を通じて他地域への横展開を図るものです。

本校の「三崎高校せんたんプロジェクト」が全国の応募の中から
「先端発信賞」という特別賞を受賞しました!!!
 
今回の受賞団体の中では、唯一の高校生の受賞でした。

 

応募に際しては、この学校で起こった「奇跡の7年間」のことを書かせていただきました。
生徒、教員、地域住民、行政が協働した7年間を評価していただき、ありがたい限りです。

 詳しくは下記のページを参照ください。

(https://www.discovermuranotakara.com/)

 

イルミネーション点灯式【三間分校】

 地元の方々とともに三間分校生徒が協力して飾り付けを行った三間町の「中山池自然公園のイルミネーション」の点灯式が行われました。(11月28日)

 点灯式では、三間分校の筝曲部が演奏を披露しました。

 

 

 イルミネーションは来年の1月3日まで楽しめるそうです。

 

お知らせ 地域ビジネス科の生徒が商品販売を行いました

今年度の6月より、海鮮珍味の商品のネーミングとパッケージデザインの制作を行ってきました。11月26日に地域ビジネス科の2年生が10班に分かれて商品販売チャレンジしてきました。完成した10種類の商品を松前町の「まさき村」で販売しました。販売に立ち会った生徒は、商品の説明やネーミング、パッケージデザインの制作意図を紹介し、多くの方にお買い求めいただきました。

集材実習(森林環境科 1年生)

森林環境科1年生総合実習「育林班」は、林内作業車を使って集材実習を行いました。

寒い中でしたが、実際に学校林に行き、林内作業者の操作方法と、木材の集材方法を学びました。初めて操作をする生徒がほとんどでしたが、注意事項をしっかりと守り、丁寧かつ慎重に取り組むことができました。

 

地域芸能を継承しています

11月25日(木) 農作物の実りに感謝し、来月は収穫感謝祭が行われる予定です。生産科学科1年生が、当日披露する「豊年踊り」の練習を行っています。「肱川あらし」で有名な大洲市長浜地区で受け継がれている「豊年踊り」。大正時代の稲作の様子をユーモラスな動きで表現しています。参加生徒は笑顔で前向きに取り組んでおり、練習するたびにそれぞれの場面の表現が上達しています。

 

令和2年度 魅力化の取組

一人一台端末配布式

本日は午後から生徒総会、家庭クラブ総会を実施した後、

一人一台端末配布式を行いました。

 

生徒会長とクラスの代表がそれぞれ一人一台端末を受け取りました。

 

最高のツールを得たみさこう生たち!!

これからさらに学びを深めていってください!

 

Office365による課題研究授業【情報電子科3年】

 情報電子科では、本年度より導入された1人1台端末を使い、現在、課題研究の資料作成、調べ学習などを行っています。
 4月23日(金)にはWordの文章ファイルを共同編集し、調べた内容や今後の計画をまとめました。これからは、自宅で調べた内容を共同で編集することで共通理解、共通認識することができます。今後も端末を活用し授業に取り組んでいきます。

 

 

聖火リレー

オリンピックの聖火リレーが愛南町で実施されました。

本校生徒が第1走者として参加しました。

クラスメートの応援を受けて、コースを完走しました。

 

 

1年生 新体操服で初の体育授業

1年生が初めて体育授業を行いました。

今年度から、紫のハーフパンツにゴールドのラインが入った新体操服に変わり、2・3年生とは少し違った雰囲気です。

初めての体育授業にやや緊張気味の1年生でしたが、キビキビと行動していました。

豊かな体験活動

4月19日(月)の午後から「豊かな体験活動」で、国道197号や国道から学校正門までの「未咲輝ロード」などの清掃と除草作業を行いました。

22日に本校グラウンドを出発点として行われる聖火リレーの準備としても良い活動ができました。

(宇和島南中等教育学校)1年生・6年生合同体育

 4月19日4限目に、1年生と6年生が合同で体育の授業を行いました。本校では、どの学年も体育の授業の開始時に、集団走と南校体操を行います。体育の基本となる活動を、6年生が自ら見本を示し、1年生に個別で指導をしました。

 中高一貫校である本校ならではの交流活動です。1年生は、6年生の先輩方のきびきびした動作を一生懸命真似て学ぼうとしていました。

 1日でも早く集団行動と南校体操に慣れ、先輩方の仲間入りができることを期待しています。

東大金曜講座「はやぶさ2」と太陽系の科学 

令和3年4月16日17時30分から、東京大学教養学部主催の『高校生と大学生のための金曜特別講座』をオンラインで実施しました。東京大学教授の橘省吾先生に、惑星探査機「はやぶさ2」のことなど、46億年前の太陽系について興味深いお話を伺うことができました。

一人一台ノートパソコンを活用した授業開始

 4月16日(金)、一人一台ノートパソコンを活用した授業が始まりました。生徒は各教科の先生から配布された課題や資料をMicrosoft Teamsやロイロノートで確認したり、デジタル問題集Libryを使って問題を解いたり、デジタル辞書でことばを調べたり、また、Teams内のExcelファイルの課題に対する答えを書き込んで共有したりするなど、学習系WiFiに接続したノートパソコンを有効に活用し、授業に対する理解を深めていました。

 

一人一台ノートパソコンを活用した授業開始(松山南高校)

4月16日(金)、一人一台ノートパソコンを活用した授業が始まりました。生徒は各教科の先生から配布された課題や資料をMicrosoft Teamsやロイロノートで確認したり、デジタル問題集Libryを使って問題を解いたり、デジタル辞書でことばを調べたり、また、Teams内のExcelファイルの課題に対する答えを書き込んで共有したりするなど、学習系WiFiに接続したノートパソコンを有効に活用し、授業に対する理解を深めていました。

 

 

「1人1台端末」の配付

 4月14日(水)6・7限目に、2・3年生を対象に「1人1台端末」の配付が行われました。

 2・3年生が体育館に集合し、管理番号を確認しながら、生徒一人一人にタブレット・付属品・ケース等が配付されました。ICT推進課長より①「1人1台端末」を貸与することについて、②クラウドサービスでの個人情報利用同意書 兼 誓約書の提出について、③「1人1台端末」利用規程についての詳しい説明の後、「帰宅後必ず端末を充電する」等のお話がありました。その後、各ホームルーム教室で物品の確認後、生徒用IDとパスワードを配付し、初期操作を行いました。