令和元年度 魅力化の取組

地域ビジネス科 松山観光ツアー

 2月9日(日)、地域ビジネス科2年生の観光班による松山観光ツアーが実施されました。ツアーに参加してくれたのは愛媛大学、香川大学の学生 計3名です。

 「インスタ映え」をテーマに道後温泉や円満寺、空の散歩道、飛鳥乃温泉、道後商店街などを巡り、松山の魅力を伝えることができました。

令和元年度後期技能検定三級電気機器組立て(シーケンス制御作業)

 令和2年2月9日日曜日、本校にて令和元年度後期技能検定三級電気機器組立て(シーケンス制御作業)が実施されました。
 この検定は国家検定であり、本年度は情報電子科2年生6名が挑戦しました。昨年11月中旬より平日は放課後の補習、土曜日は全5回にわたる熟練技能士による実技講習会に参加して、技能向上に努め、この検定に合格することを目標に努力してきました。3月中旬に結果発表があります。全員合格して、良い報告をしたいと思います。

えひめ高校生SDGsミーティング2020

 2月9日(日)、「えひめ高校生SDGsミーティング2020」(本校主催)を開催し、県内10高校の生徒、教員、四国EPOの皆様に参加していただきました。宇和島東、上浮穴、西条、松山南の4校の事例発表の後、各校の生徒、先生が混合したグループを編成し、「持続可能なまちづくり」についてワークショップを行いました。講師の愛媛大学国際連携推進機構 小林修 准教授、えひめグローバルネットワーク 理事 常川真由美氏の指導助言をいただきながら、参加した皆さんは、独自の発想で新しいまちづくりについて熱く語り、活発な意見交換ができ、充実した一日となりました。参加していただいた皆さん、本当にありがとうございました。
<参加校>
土居高等学校、西条高等学校、今治西高等学校伯方分校、今治北高等学校、小松高等学校、北条高等学校、上浮穴高等学校、八幡浜高等学校、宇和島東高等学校、松山南高等学校 参加高校10校

ESS部、国際交流フェスタにボランティアで参加

9日、 S IFA主催の第6回しこちゅ〜国際交流フェスタが開催されました。

興味ある人なら誰でも参加可能な国際交流イベントで、ステージパフォーマンスや、各国のブース巡り、スタンプラリー、民族衣装体験など盛りだくさんな内容で、数百人が参加しました。

本校E S S部からも4名がイベント運営の補助としてボランティア参加し、楽しみながら活動できました。

 

シンビジウム展開催

2月9日(日) 好天に恵まれた中、シンビジウム展を開催しました。学校まで足を運んでくださいました皆様、ありがとうございました。ケーブルテレビの取材も受けました。これからもよろしくお願いします。

サギソウの保全活動を行ってきました。

2月9日(日)、サギソウの生息地である今治市孫兵衛作の蛇越池湿地の清掃活動に、農業クラブ及び園芸部の生徒が参加しました。

当日は、NPO団体、小学生、今治市職員、地域住民など約50人が集まり、サギソウの生息環境を悪化させるヨシなどの植物を取り除く作業を協力して行いました。

 

保内芸能のつどい

2月9日(日)ゆめみかんにて、保内芸能のつどいが開催されました。

 吹奏楽部は、オープニングで「情熱大陸」「山田耕筰楽曲集」「Paradise Has No Border」を演奏しました。

 

吟詠や歌唱、邦楽などさまざまな団体の発表がありました。

 

民舞に出演した本校生徒は、普段野球部のマネージャーとして、部員を支えてくれています。堂々として、立派な民舞を披露してくれました。

「みんな集まれ!わくわくサイエンス広場」でブースを担当しました

2月8日・9日の2日間で「みんな集まれ!わくわくサイエンス広場」が愛媛県総合科学博物館で行われました。本校からは、科学部(物理部・化学部・生物園芸部)が「空飛ぶCDコマを作ろう」と「生きた化石~カブトガニ」のブースを担当しました。また、カブトガニのブースでは、西条北中学校の生徒3名もスタッフとして参加してくれました。

 

商業科課題研究発表会がありました

2月8日(土)に西条総合文化会館で、「令和元年度 商業科課題研究発表会」を実施しました。午前中4本の研究発表の後、質疑応答と講師の方々からアドバイスをいただきました。また、午後からは研究班による作品・開発商品等の紹介をしました。

発表内容 Love in Saijo Project ~地域を創る人間力を持った人財になるための実践活動~

・「餅つき」による地域交流の推進と伝統ある「石鎚黒茶」の継承

・「輝安KOU房活動中」~市之川産輝安鉱の新しい価値の創造~

・「西条名産」西条産海苔と絹かわなすを探る

・「高校生カフェ」による地域振興