令和元年度 魅力化の取組

課題研究発表会

1月23日(木) 食品デザイン科食品ビジネスコース課題研究発表会が3・4限目に定性分析室で行われました。日頃の研究班活動とは違って、ユニークな発想で取り組んだ11研究について発表と質疑応答がなされました。とてもおいしそうな発表会でした。

四国電力㈱関連施設見学

 1月23日(木)、電気技術科2年生が四国電力㈱の原子力保安研修所と川内変電所を見学しました。

保安研修所では、緊張感が伝わる中央制御室の研修を間近で見ることができました。川内変電所では、50万ボルトの変電設備を見学し、発電・送電・配電について知識を深めることができました。

溶解実習(キュポラ操業)を行いました

1月23日(木)、機械建築工学科機械コースにおいて溶解実習(キュポラ操業)を行いました。
コークスの熱で鉄を溶かして、できた溶湯(液体状になった鉄)を型に流し込んで鋳物をつくります。できあがった鋳物は、実習で加工して万力などの製品にします。

 

課題研究発表会を行いました。

1月23日(木)、日高農場で、園芸クリエイト科の3年生が1年間取り組んできた課題研究の発表会を行いました。3年生は、10班に分かれ、今までの学習を通して得られた経験から新たな課題を見つけ、課題解決に向けて研究に取り組んできました。

また、発表会では園芸クリエイト科の2年生も見学し、これから自分たちが取り組む課題研究の参考にしていました。

 

 

総合的な探究の時間「3年生からのアドバイス」

総合的な探究の時間の学習成果のまとめとして、3年生から2年生に、進学や就職、残りの学校生活へのアドバイスをしてもらいました。

「進路の希望を明確にすること」「しっかり勉強すること」など、経験に基づいた貴重な言葉でした。2年生の心にも響いたと思います。最高学年に向けてしっかり準備をしてください。

高齢者介護体験活動を行いました

23日(木)1年生を対象に地域を担う心豊かな高校生育成プロジェクト「地域育成プロジェクト」事業で、グループホーム「フルーツの家」施設長 越野 文枝 先生をお招きし、高齢者介護の現状についての講話を実施しました。高齢者の認知症やその接し方について話してくださいました。また、車いすの押し方についても実技を交えて教えてくださいました。

 

 

オリンピック・パラリンピック推進事業 (ゴールボール競技)

 本日(1月22日)はオリンピック・パラリンピック推進事業の一環として

スポーツ健康類型の1,2年生がゴールボール競技を行いました。

ゴールボールとは、ボールの転がる音や選手同士のかけ声、

相手の動く物音、床の振動やラインの感触、視覚以外のすべての

感覚を研ぎ澄まし戦うパラリンピック競技です。

 

コート設営やルールなど初めてのことが多い中、

事前学習をしていた2年生が1年生を教えたり、

実際に練習したりして、試合まで行うことができました。

「授業改善推進事業公開授業」が行われました

 22日(水)6限目、「授業改善推進事業公開授業」として源代先生による「コミュニケーション英語Ⅰ」の授業が101HRで行われました。

 

 ICTを活用し、作成してきたサマリー(要約)をクラスで共有させるなど、生徒による主体的な活動が行われました。一人ひとりが生き生きと活発に活動できました。

 

環境工学科 現場見学

1月22日(水)に愛媛県建設業協会主催の現場見学会が行われ、環境工学科2年生・農業土木コース専攻生の6名が参加しました。新居浜市の池田池耐震工事(発注者:愛媛県東予地方局 受注者:株式会社菅工務店)の現場では、東予地方局の担当者から工事概要について説明があり、その後菅社長より工事内容等について詳しい説明を受けました。また、なぜこの工事は必要かを考えて工事を行うことが大事であると説明を受け、生徒たちはこれからの学習活動に生かしたいと答えていました。

 

電気電子科 課題研究発表を行いました

1月22日(水)、電気電子科の課題研究発表会を行いました。
3年生が1年間かけて行ってきた研究結果や制作の成果を発表しました。それぞれ工夫したところや苦労したところなど、堂々と発表することができました。2年生は、もうすぐ3年生として課題研究が始まります。今日の発表を参考にして、更に工夫をした研究ができるよう取り組んでください。