令和2年度 魅力化の取組

SSH事業:「ジュニア農芸化学会2021」に参加しました

3月19日(金)に、「ジュニア農芸化学会2021」がありました。今年度はオンライン開催となりましたが、本校から2グループが参加しました。
P35-B 火星模擬土壌を活用した食物栽培条件の検討
P36-B マグネシウム空気電池の高電圧化と長寿命化

 

端切れを活用したチューリップが完成しました

3月18日(木)1年生普通科「家庭基礎」の授業で、SDGsの取組「端切れを活用したチューリップ」が完成しました。高齢者の方へのお手紙を添えて、明日、家庭クラブ役員が地域の福祉施設にプレゼントする予定です。また、この活動から家庭クラブの新役員が始動しました。楽しんで活動しています。来年度の家庭クラブ活動が楽しみです。

大洲の特産農畜産物を使ったポタージュの試食会

3月17日(水) 食品デザイン科2年生は「フードデザイン」の授業で大洲の特産農畜産物を使ったポタージュの試作を行っています。昨年12月から椎茸粉、今年1月から「オズの箱入り娘」という地元ブランド豚の加工肉を使ったメニュー開発を進めいます。今日は、その両方を使った「旨味たっぷりあったかポタージュ」を地域商業施設で披露しました。たくさんの方がお越しくださり、とてもいい勉強になりました。そして、地元の方々の温かい御支援に元気をいただきました。

進路講演会を行いました

3月17日(水)「希望進路実現に向けて」と題して、株式会社ベネッセコーポレーション中四国支社から玉橋様を講師にお迎えして講話をしていただきました。
みなさんの進路の選択は究極の選択です。そのためには、将来何をしたいかを考えること、高校生活でやるべきこと、これからの社会で皆さんに求められる力等を分かりやすくお話していただきました。また、本校で活用しているClassiの学習到達ゾーンの確認や、効率よく学習するためのClassi Webドリルの活用についても教えていただきました。

校内企業説明会

春めいてきた上高校内で企業説明会が行われ
1・2年生全員が参加しました。

本人が希望する企業2社の方から実際に話がきけます。
資料やスライドをみながら熱心に耳を傾ける生徒が多くみられました。

自分の進路を考えるいいきっかけになったようです。

生徒が企画した修学旅行代替活動で絆を深める!

 令和3年3月15日(月)、16日(火)の2日間、0泊2日で、2年生の各クラスの生徒がそれぞれ企画した修学旅行代替活動を実施しました。12月から各クラスから選出された企画委員が中心となって、この2日間の代替活動の詳細な計画を立ててきました。各クラスが考えた行程で、改めて愛媛県の良さを知ることができる様々な体験活動を行いました。中心となって計画を立ててくださった企画委員の方に特に感謝いたします。また、多くの地域の方々にこの活動に御協力をいただきました。おかげで、2年生の最後に貴重な思い出をつくることができ、クラスの絆を深めることができました。

 

防災退避訓練を行いました

3月15日(月)防災退避訓練を行いました。
震度6以上の大地震が発生した想定で実施しました。訓練では、その場で「(1)まず低く=DROP!」→「(2)頭を守り=COVER!」→「(3)動かない=HOLDON!」の安全確保行動を約1分間行いました。

非行防止教室を行いました

3月15日(月)、伊予警察署生活安全課の宮﨑様を講師として非行防止教室をリモートで開催しました。薬物や情報モラルに関する正しい知識を身に付け、被害者にならないためのスキルを向上させました。

田野の未来を描く会

本日、「田野の未来を描く会」会長の玉井治樹様から1年生白石雄大さんと越智亮太さんに委嘱状が手渡されました。
この会は丹原町田野地区の地域づくりについて話し合います。高校生の立場から有意義な意見が出せるよう地域の方と交流を深めてほしいと思います。