令和元年度 魅力化の取組

野菜苗販売

4月12日(金)食農科学科野菜選択生は、野菜苗販売を実施しました。

朝からお客様が行列を作って待っておられ、9時の開店と同時に、生徒と一緒に野菜苗を選んで、購入していただきました。

晴天にも恵まれ、大勢のお客様に来ていただきお買い上げいただきました。大変ありがとうございました。

 

市之川鉱山跡地を訪問しました

12日(金)の1年生遠足のとき、1・2組の男子が市之川鉱山跡地を訪問し、市之川公民館内にある資料室や千荷坑を見学しました。

 

 

 

4月12日(金)に野菜苗販売を行います。

  野菜苗販売!!

4月12日(金)、日高農場で、毎年恒例の「野菜苗販売」を下記の予定で行います。
本校園芸クリエイト科の生徒が、種から丹精を込めて育てたトマト、ナス、ピーマン、キューリ、スイカなどの野菜を販売します。多くの方のご来場をお待ちしています。

 期 日 平成31年4月12日(金)

 場 所 日高農場

 時 間 正門開場 8:05
     開会挨拶 8:20
     販売時間 8:30~12:00

「野菜苗販売」について本日の新聞で紹介されました。新聞記事については、本校ホームページでご覧ください。
 

土佐文旦の受粉樹として「はるか」を定植しました。


4月10日。3年生の果樹選択生が、土佐文旦の受粉樹として「はるか」を定植しました。カンキツ類は単為結果性の強い性質がありますが、土佐文旦は他家受粉の方が果実の肥大が良くなります。
ちなみに、「はるか」は日向夏(ヒウガナツ)の偶発実生と言われています。近年、ゲノム解析の技術が進歩し、カンキツ類の品種である、「オレンジ」や「クレメンティン」、「ウンシュウミカン」などの全ゲノム配列が特定されています。データーベースを活用することで、品種ごとのわずかな配列の違いを検出できるようになっています。(世界で流通するカンキツ類は、14の先祖品種に由来するそうです。)
この技術を応用すれば、病気に強くしたり、機能性成分の「β-クリプトキサンチン」などが多く含まれるよう品種改良のスピードアップが可能だと言われています。

「えひめさんさん物語チャレンジプログラム交流会」に参加しました

平成31年4月20日~令和元年11月24日まで「新居浜市」、「西条市」、「四国中央市」を舞台として、「えひめさんさん物語」が開催されます。イベント開始を前にし、4月7日(日)リーガロイヤルホテルで「えひめさんさん物語チャレンジプログラム交流会」がありました。現在99団体がプログラムが認定されている中、本校商業科の「お堀プロジェクト(ウォーターバルーン体験)」が高校生の企画として唯一認定されました。相互交流では、お堀を使った「ウォーターバルーン体験」を中村知事さんに説明することができました。

 

 

「四国地区SSH生徒研究発表大会」に参加しました

4月6日(土)高知県立高知小津高等学校で「第7回四国地区SSH生徒研究発表大会」がありました。四国地区の9校のSSH校が集まり、104本の課題研究のポスター発表を行いました。本校からは、新2年生の「プレ課題研究」から11本、新3年生の「課題研究」から2本が発表しました。他校の取組を聞くことができ大変参考になりました。

 

 

選挙啓発活動をしました

4月4日(木)、マックスバリュ西条神拝店にて、生徒会と有志の3年生で、街頭啓発を行いました。4月7日(日)は愛媛議会議員選挙です。みんなで投票に行きましょう。