令和元年度 魅力化の取組

就職ガイダンスが行われました。

令和元年7月29日(月)三橋満夫先生を講師にお迎えして、3年生の就職希望者を対象にした厚生労働省委託事業高校生就職ガイダンスが行われました。
高校新卒者の就職環境やコミュニケーション力を高めるための図形伝達ゲーム、労働法や雇用形態、模擬面接等盛りだくさんの内容でした。
生徒には、「未来の自分は、今の自分次第で変わる。働き続けることが大切である。」という心構えで、人生を切り拓いてほしいです。

体験入学を行いました。

令和元年7月29日(月)、中学生対象に体験入学会を行いました。地元の生徒以外に、広島県や千葉県からも中学生が来てくれました。弓削高校の体験入学会はすべて生徒が企画・運営を行い、授業も行います。弓削高校は生徒一人ひとりが主役になれる学校です。

令和元年度愛媛県「三浦保」愛基金成果発表会で生物部が発表

7月29日月曜日、愛媛県庁第一別館11階会議室で令和元年度愛媛県「三浦保」愛基金成果発表会が行われ、口頭発表を行ってきました。

たくさんの人に活動内容・研究結果を聞いていただきました。

また質疑応答でご助言をいただきました。

今回の経験を元に、研究を進めていこうと思います。

県警バイシクルユニットによる自転車運転実技指導を実施しました。

29日、県警バイシクルユニットによる自転車運転実技指導を1年生を対象に実施しました。

最初、県警バイシクルユニット担当者の方から自転車の安全利用について講演をしていただき、「自転車は車両であること、自転車保険の重要性」について丁寧に説明していただきました。

次に自転車シミュレータによる実技指導をしていただきました。希望者が代表して実技体験を行いましたが、普段気付いていなかった危険箇所の確認方法などを理解することできました。

本校は、今年度「愛媛県高校生自転車交通安全マナー向上対策事業」推進指定校として、自転車の交通安全マナー向上につながる様々な取組をしていきます。

 

 

南海放送「つなげ生物多様性高校生チャレンジシップ」提供メニュー試作

 7月29日(月) 商業研究部は、本校調理室において、8月3日(土)に行われる南海放送「つなげ生物多様性高校生チャレンジシップ」で提供するみかん寿司を、料理研究家の中村和憲先生と一緒に試作しました。

 メニューは、7月13日(土)に本校で行われた中村先生との事前打ち合わせで、みかん寿司に商業研究部が現在研究に取り組んでいる未利用魚の活用ともコラボさせ、ハモの未利用魚のすり身を混ぜることとトッピングにアジ等の未利用魚のすり身や彩りを考えた食材を乗せることなどが決定していました。

 当日は、中村先生からみかん飯とハモのすり身の素揚げを融合させるスペシャルな寿司酢「デリシャ酢」のレシピを提供いただき試作に取り組みました。出来上がった試作品は、みかん飯と「デリシャ酢」と弾力のあるハモすり身の絶妙なハーモニー、トッピングのアジすり身だんごのフライ、梅肉、大葉、ネギ、沢庵、刻み海苔のそれぞれにみかん寿司とマッチした味と食感で、正直みかん飯は苦手という部員も、おいしくいただくことができました。

 8月3日(土)は、松山市子規記念博物館で行われるイベントで、11時半から100食分を「ハモ入りみかん寿司のデリシャ酢アキン丼」と命名して試食として提供します。お楽しみに。

第5回中高生のためのかはく科学研究プレゼンテーション大会にポスター発表で出場

7月28日日曜日、愛媛県総合科学博物館で行われた第5回中高生のためのかはく科学研究プレゼンテーション大会に生物部の研究と2年生ZEST(総合的な学習の時間)で行った課題研究の2本がポスター部門で出品し、ポスター発表を行いました。

質疑応答の時には、たくさんのご助言をいただくことができました。

第5回かはく科学研究プレゼンテーション大会(化学)

ポスター部門 愛媛県知事賞!!

令和元年7月28日(日)、愛媛県総合科学博物館にて第5回かはく科学研究プレゼンテーション大会開催されました。本校からは「ポスター部門(理数系・人文系2年生の有志)」・「ステージ部門(化学部)」が参加しました。

〇ポスター部門

「グルタミン酸ナトリウムによるFe溶出の影響」 愛媛県知事賞(2位)

〇ステージ部門

「塩基性炭酸銅 CuCO3・Cu(OH)2生成の条件 炭酸イオンがその引き金となるか?」 奨励賞 

本校ポスター部門の参加者は他の部活動に所属しながら、少ない活動期間の中で研究を進めました。

今後も、謎を解き明かす、化学の楽しさを学んでいきたいです。

 

 

伊予灘ものがたり

 7月28日(日)に 八幡浜駅で観光列車「伊予灘ものがたり」の送迎の活動をしました。今年度「伊予灘ものがたり」は五周年を迎えています。

 本校からは、商業研究部10名、一般生徒のボランティア19名、教員4名が参加しました。また、大勢の市民ボランティアの皆様も参加され、盛大なお見送り活動になりました。本校が用意したじゃこ天や今回新調したちゃんぽん、かまぼこ、鯛、マーマレードの被り物は、観光客の方々に大変好評でした。

「かはく科学研究プレゼンテーション大会」に参加しました

28日(日)愛媛県総合科学博物館で「第5回中高生のためのかはく科学研究プレゼンテーション大会」がありました。本校からはポスター部門に2作品を応募しました。多くの人たちの前で課題研究の成果を説明することができました。また、開閉式等の司会進行を本校放送部員が担当しました。

 

「さんさん物語こどもの物語」にボランティアで参加しました

7月27日・28日、新居浜市総合福祉センターで「さんさん物語こどもの物語」が開催されました。西条高校からは28人のボランティアが参加し、大人が入れないこどもの街づくりをお手伝いしました。小学生200人が参加し、お仕事、消費、納税などを体験しました。納めた税金でこみきゃんにきてもらい、握手会も行われました。夏休みの思い出作りの一助となり、良い学びができました。