令和元年度 魅力化の取組

宇和島インフォメーションボード(第8回)

 SGH事業の一環で、宇和島市商工観光課と協力して、JR宇和島駅構内に観光インフォメーションボードを設置し、このボードを使って、外国人ツーリストに、高校生の視点を盛り込んだ宇和島市の観光PRを行う活動を続けています。
 今回は、宇和島のソウルフード、じゃこ天を取り上げました。それだけで食べてもおいしいですが、うどんやカレーライスの具としても使われていることを説明しました。海外からのツーリストにも気軽に食べてもらいたい一品です。

お知らせ えひめスーパーハイスクールコンソーシアムin東予に参加しました

1月28日(火)西条市総合文化会館で行われた「えひめスーパーハイスクールコンソーシアムin東予」に本校生徒28名と教員2名が参加しました。ブースには本校のパネルを展示し、生徒会役員が中学生に説明しました。また、ワープロ部の生徒が多くの中学生の前でその技術を披露しました。その技術の高さとスピードに中学生も驚いた様子でした。また、銅板を使った折り鶴作製にも挑戦してもらいました。中学生の皆さん、新居浜商業で一緒に学びましょう。

「えひめスーパーハイスクールコンソーシアムin東予」に参加しました

  28日(火)、西条市総合文化会館において「令和元年度えひめスーパーハイスクールコンソーシアムin東予」が開催され、本校商業科1、2年生8名が参加しました。

 指定校による成果発表や、意見交換、また各校の特色ある取組を紹介しました。本校は「職業学科紹介ブース」において、情報デザイン類型紹介パネル及び成果物の展示を行い、会場を訪れた東予の中学生、高校生や保護者の方々、先生方に見ていただきました。

 

 本校の取組を知っていただく貴重な機会であり、来年度に向けての励みともなりました。さらなる高みを目指してがんばっていきたいです。

「えひめスーパーハイスクールコンソーシアムin東予」に参加しました

 1月28日(火)、西条市総合文化会館において、令和元年度「えひめスーパーハイスクールコンソーシアムin東予」が開催され、大三島分校からも6名の生徒が参加しました。午前中は6校のステージ発表があり、午後からは、職業学科紹介ブース、ポスターセッション、最後に地域活性化サミットが行われました。大三島分校の生徒は、ポスターセッションにおいて、今年度の取組を紹介するとともに、2年生の三川真央さんが、地域活性化サミットのパネリストとして、「高校生が考える、えひめ東予の地域活性化」について意見を述べました。参加した生徒にとっては、東予地区の他校の様々な活動に触れることができ、大変有意義な1日になりました。

介護教室 in 長浜高校

1月28日火曜日に1年家庭総合で介護教室を行いました。6班に分かれて南予地区老人福祉施設連絡協議会様の指導により、介護機器等を利用した実習を行いました。この教室で学んだことを家庭や仕事で生かしていきたいと思います。