令和2年度 魅力化の取組

一人一台端末配布式

本日は午後から生徒総会、家庭クラブ総会を実施した後、

一人一台端末配布式を行いました。

 

生徒会長とクラスの代表がそれぞれ一人一台端末を受け取りました。

 

最高のツールを得たみさこう生たち!!

これからさらに学びを深めていってください!

 

Office365による課題研究授業【情報電子科3年】

 情報電子科では、本年度より導入された1人1台端末を使い、現在、課題研究の資料作成、調べ学習などを行っています。
 4月23日(金)にはWordの文章ファイルを共同編集し、調べた内容や今後の計画をまとめました。これからは、自宅で調べた内容を共同で編集することで共通理解、共通認識することができます。今後も端末を活用し授業に取り組んでいきます。

 

 

聖火リレー

オリンピックの聖火リレーが愛南町で実施されました。

本校生徒が第1走者として参加しました。

クラスメートの応援を受けて、コースを完走しました。

 

 

1年生 新体操服で初の体育授業

1年生が初めて体育授業を行いました。

今年度から、紫のハーフパンツにゴールドのラインが入った新体操服に変わり、2・3年生とは少し違った雰囲気です。

初めての体育授業にやや緊張気味の1年生でしたが、キビキビと行動していました。

豊かな体験活動

4月19日(月)の午後から「豊かな体験活動」で、国道197号や国道から学校正門までの「未咲輝ロード」などの清掃と除草作業を行いました。

22日に本校グラウンドを出発点として行われる聖火リレーの準備としても良い活動ができました。

(宇和島南中等教育学校)1年生・6年生合同体育

 4月19日4限目に、1年生と6年生が合同で体育の授業を行いました。本校では、どの学年も体育の授業の開始時に、集団走と南校体操を行います。体育の基本となる活動を、6年生が自ら見本を示し、1年生に個別で指導をしました。

 中高一貫校である本校ならではの交流活動です。1年生は、6年生の先輩方のきびきびした動作を一生懸命真似て学ぼうとしていました。

 1日でも早く集団行動と南校体操に慣れ、先輩方の仲間入りができることを期待しています。

東大金曜講座「はやぶさ2」と太陽系の科学 

令和3年4月16日17時30分から、東京大学教養学部主催の『高校生と大学生のための金曜特別講座』をオンラインで実施しました。東京大学教授の橘省吾先生に、惑星探査機「はやぶさ2」のことなど、46億年前の太陽系について興味深いお話を伺うことができました。

一人一台ノートパソコンを活用した授業開始

 4月16日(金)、一人一台ノートパソコンを活用した授業が始まりました。生徒は各教科の先生から配布された課題や資料をMicrosoft Teamsやロイロノートで確認したり、デジタル問題集Libryを使って問題を解いたり、デジタル辞書でことばを調べたり、また、Teams内のExcelファイルの課題に対する答えを書き込んで共有したりするなど、学習系WiFiに接続したノートパソコンを有効に活用し、授業に対する理解を深めていました。

 

一人一台ノートパソコンを活用した授業開始(松山南高校)

4月16日(金)、一人一台ノートパソコンを活用した授業が始まりました。生徒は各教科の先生から配布された課題や資料をMicrosoft Teamsやロイロノートで確認したり、デジタル問題集Libryを使って問題を解いたり、デジタル辞書でことばを調べたり、また、Teams内のExcelファイルの課題に対する答えを書き込んで共有したりするなど、学習系WiFiに接続したノートパソコンを有効に活用し、授業に対する理解を深めていました。

 

 

「1人1台端末」の配付

 4月14日(水)6・7限目に、2・3年生を対象に「1人1台端末」の配付が行われました。

 2・3年生が体育館に集合し、管理番号を確認しながら、生徒一人一人にタブレット・付属品・ケース等が配付されました。ICT推進課長より①「1人1台端末」を貸与することについて、②クラウドサービスでの個人情報利用同意書 兼 誓約書の提出について、③「1人1台端末」利用規程についての詳しい説明の後、「帰宅後必ず端末を充電する」等のお話がありました。その後、各ホームルーム教室で物品の確認後、生徒用IDとパスワードを配付し、初期操作を行いました。

 

 

 

「1人1台端末」の配付(新居浜工業高校)

4月14日(水)6・7限目に、2・3年生を対象に「1人1台端末」の配付が行われました。

 2・3年生が体育館に集合し、管理番号を確認しながら、生徒一人一人にタブレット・付属品・ケース等が配付されました。ICT推進課長より①「1人1台端末」を貸与することについて、②クラウドサービスでの個人情報利用同意書 兼 誓約書の提出について、③「1人1台端末」利用規程についての詳しい説明の後、「帰宅後必ず端末を充電する」等のお話がありました。その後、各ホームルーム教室で物品の確認後、生徒用IDとパスワードを配付し、初期操作を行いました。

第9回四国地区SSH生徒研究発表会

 令和3年4月11日(日)、「輝安鉱の水熱合成 ~市之川産輝案鉱巨大化の謎を探る~」と題して、3年生のグループが、第9回四国地区SSH生徒研究発表会でプレゼンテーションを行いました。

入寮式

令和3年度入寮式を4月9日(金)に実施しました!

全国募集に取り組み、昨年度に続き県内外から多くの生徒が入学してくれました。

全校生徒数に対し、過半数以上が寄宿舎生という学校は全国的に見ても稀です。

これから寄宿舎生の皆さんがどういう風に成長していくのかとても楽しみです。

水槽の引っ越し

 3月30日(火)、水族館部員が「長浜保健センター」に設置していた水槽を「長浜ふれあい会館」に移動させました。ふれあい会館では、カクレクマノミなどの沖縄の海水魚を1階ロビーにて展示しています。祝日、年末年始は休館ですが、その他の日はいつでもご覧いただけます。ぜひお立ち寄りください!

学生と企業が取り組む購買ビッグデータを活用したデータマーケティング プログラム教育

 松山南高校と、株式会社フジ、セキ株式会社、データマーケティングの株式会社True Dataの3企業は、連携してデータマーケティングプログラム教育を実施します。
 松山南高校の生徒が、最先端のテクノロジーとビックデータを活用して株式会社フジの売場や販促施策を企画・提案し、その効果検証を行います。販促提案やプログラムの運営・推進支援を株式会社セキが、データ分析環境の整備とデータマーケティング支援を株式会社True Data(ビッグデータホルダー企業)が担当します。
 本プログラムを運営する1校3社は、プログラムを通じて学生と地域企業の連携を深め、地域における学習や人材育成の機会創出を図るとともに、将来の地域経済の活性化にも取り組んでまいります。

【スケジュール】
(主な内容)  ※進捗状況により変更する可能性があります。
・2021年3月30日  9時~ 松山南高校にてオリエンテーション開催
・2021年4月 中旬   フジ店舗視察(フィールドワーク)
・2021年5月~ 6月 データマーケティング学習・グループワーク
・2021年7月~ 8月 販促・売場づくりの提案検討・実施
・2021年9月~10月   結果集計・検証作業、報告会

 本プログラムに関するプレスリリース(株式会社True Data)はこちらです。



愛顔のえひめ賞

 3月24日(水)、愛媛県庁で「愛顔のえひめ知事表彰式」が行われ、本校1年生5名が出席しました。これは、全国大会等で活躍した個人や団体を表彰するもので、本校生徒は地域探究プログラムの全国大会で文部科学大臣賞を獲得した「長浜ゴミ0プロジェクト」の栄誉を称えられての受賞となりました。出席した生徒たちにとって、いつまでも心に残る式典となりました。

家庭クラブで交流活動を行いました

3月22日(月)家庭クラブ役員が、地域の高齢者施設、保育園、幼稚園、吉田公民館、吉田図書館など14か所を訪問しました。SDGsの学習を生かして1年生普通科が製作した手作りチューリップとお手紙をプレゼントしました。数分の交流でしたが、高校生の訪問をとても喜んでいただきました。これからもパートナーシップを大切に、SDGs活動を続けていきたいと思います。

みかんジュース・コンクール表彰式に参加しました

3月21日、エミフルMASAKIで開催されたみかんジュース・コンクール2020の表彰式に農業科の生徒が参加しました。

受賞したのは、本校農業科自慢の「愛南ゴールドジュース」です。教育機関として初めてのスペシャルアワード賞を受賞し、自信となる結果でした。ゴールドを受賞された株式会社「かじ坊」の梶谷様や審査員のみかんさんとも交流でき勉強になる一日となりました。

 

 

 

(北宇和高校)鬼北桃祭、オープニングイベント

3月20日(土)、「近永駅周辺賑わい創出プロジェクト」の一環として、「鬼北桃祭」を開催しました。このイベントは近永駅前広場や展示交流施設や近永商店街内の店舗や空き家を活用して「お雛様」の展示を行い、駅周辺や商店街内を散策していただくことで「まちの魅力」の再発見、「まちの新たな魅力発信」を考え企画されたものです。

当日は。オープニングイベントとして吹奏楽部による演奏会や馬術部によるポニーとのふれあい体験、農産加工品や鉢花の販売も行われ、北宇和高校らしさを前面に出し地域の方々との貴重なふれあいができたように思います。

商店街の至る所に段飾りのお雛様や石に描かれたお雛様などいろいろな工夫が施されており、展示交流施設「アエレールきほく」を起点にスタンプラリーを実施するなど、訪れた方々を飽きさせない工夫をしていますので是非お立ち寄りください。