ブログ
12/13
パブリック
地域との連携
12月13日(金)、宇和島市消防団吉田方面隊各分団から団員の皆さま、愛媛県消防協会、宇和島市役所吉田支所の皆さまにお越しいただき、消防団の活動事例を紹介していただきました。昨年の豪雨災害で実際に現場で起こっていたことを時系列に沿ってお話いただきました。本当に大変な災害であったと思います。そのような中、力を尽くされたことに感謝の気持ちしか浮かびません。人口減少に伴って、消防団の方も減少しているようです。地域防災力の強化推進を図るためにも、ぜひ将来の消防団の担い手となって活躍してもらいたいと思います。  
ブログ
12/13
パブリック
地域との連携
12月13日(金)第2回防災退避訓練を行いました。今回は震度6以上の大地震が発生したとの想定で避難訓練を行いました。生徒たちは避難心得を守り、速やかに整然と行動できていました。訓練後は、宇和島消防署吉田分署の方から講評を行っていただきました。ありがとうございました。なお、この訓練は「シェイクアウトえひめ(県民総ぐるみ地震防災訓練)」に合わせて実施しています。  
 12月13日(金)5・6限目の時間帯に「能楽ふれあいコンサート」を実施しました。高校生に能楽の実演や楽器の体験等を通して若者が能楽に触れる機会を提供することを目的に、公益社団法人愛媛県能楽協会が平成27年度から続けている文化活動で、今年で5年目を迎えました。 講師に今治市在住で「今治能」を毎年開催している橙黄会(とうこうかい)の大亀藤英さまをはじめ、4名の方にお越しいただき、全校生徒、教職員約100名に能楽についての御指導をいただきました。  最初に、公益社団法人能楽協会の冊子を使って、能について学んだ後、扇や面にふれてみたり、「猩々(しょうじょう)」とう曲の謡(うたい)を全体で謡ってみました。その後、代表生徒が舞台に上がって、講師の先生の御指導で、歩き方、発声の実演も行いました。  生徒にとってはもとより、教職員にとっても非常に良い経験となりました。講師の先生方、愛媛県能楽協会のみなさまには心から御礼申し上げます。
ブログ
12/13
パブリック
産業教育
12月13日(金)、日高農場で、園芸クリエイト科3年園芸生産類の生徒が、大学の出張講義を受講しました。 今回の出張講義は、聖カタリナ大学人間福祉学部の田村優佳先生による「こころの健康~ストレスと上手につきあおう~」です。 「ストレスとは何か?」「ストレスが高まるのはどうしてか?」「ストレスが引き起こす反応やストレスに対する予防や対策・解決の方法」などについて教えていただき、生徒たちは熱心に先生の話に耳を傾けていました。