9月29日(火)6限目に本校視聴覚室において「笑顔のまつやま まちかど講座」を開催しました。  生徒は、地域ビジネス科1年生が参加しました。講師には、松山市教育委員会 文化財課 山内 秀樹先生にお越しいただき、「松山再発見~意外と知らない松山の歴史と文化財~」のテーマで御指導いただきました。   
9月29日(火)  2年商業科8・9組の生徒は、松山大学へ見学に行きました。松山大学では、大学全般や入試制度の説明、本校卒業生の講話、施設見学、模擬授業を行っていただき、将来の進路選択に役立てることができました。
ブログ
09/29
パブリック
地域との連携
 9月29日(火)に、3年生ライフデザイン科ヒューマンサービスコースの生徒が、小松幼稚園を訪問し、実習をさせていただきました。  運動会の練習に参加して、一緒に活動を行い、楽しく触れ合うことができました。
ブログ
09/29
パブリック
地域との連携
9月29日(火)、人権委員会が文化祭で披露する手話コーラスの手話を、宇和島市人権教育協議会から池田先生にお越しいただき、指導していただきました。さて、どのような曲を披露してくれるのでしょうか。楽しみにしてください。
ブログ
09/28
パブリック
学力向上
 9月28日(月)、教職員にむけての「情報セキュリティ研修」が行われました。    1 情報の取り扱いで注意すること  2 To CC BCCについて  3 問題発生時の報告義務  について、図書情報教育課近藤先生より説明がありました。情報の取り扱いには細心の注意が必要です。今日の研修内容をしっかり頭に入れ、適切にかつ適確に使っていきたいと思います。
ブログ
09/28
パブリック
地域との連携
3年生 総合的な学習の時間において、「地域学」を専攻している生徒と愛媛大学社会共創学部環境デザイン科の生徒が連携し、野村町の河川敷において「菜園における利活用イメージ」について熱心に議論している最中です。  昨年度より、「のむら復興まちづくりデザインワークショップ」を校外にて実施してきました。これは、西予市豪雨を受け、その災害を乗り越え、誇りをもてる西予市をめざすために、策定されたものです。組織としては、「住民、行政、野村高校生、大学等」が共にアイディアを出し合い、すでに6回程度のワークショッが行われました。  
ブログ
09/28
パブリック
地域との連携
9月28日(月)鬼北歩行が実施されました。例年4月に行われていた行事ですが、新型コロナウイルスの影響で、9月の実施となりました。今回は、愛治方面への16.3kmのコースでした。秋晴れの、すがすがしい空気の中、地域の豊かな自然に触れ、地域を理解し愛する気持ちを育てるとともに、長距離歩行を通して、協調性や忍耐力を養うという目的を達成することができました。また、歩行中、道中のゴミを拾いながら、清掃活動も行いました。
 本校美術部3年森安はづきさんの作品『夏をよくばれ!』が、「河原デザインコンテスト2020 in SUMMER」にて、最高賞である大賞を受賞しました。  副賞として、iPad ProとApple Pencilも頂き、今後はデジタルでの作品制作にも取り組みたいとのことです。 おめでとうございます。今後の活躍を楽しみにしています。  
 伊予三島ロータリークラブ「善行生徒表彰」を本校の2名の生徒が受賞しました。  3年生の橘髙百映さんは、VYS部の部長としてリーダシップを発揮し、学校のボランティア活動を推進した功績を評価していただきました。  1年生の鈴木愛音さんは、地域の子ども食堂の活動に継続的に参加するなど、安心して暮らせる地域づくりに貢献している功績を評価していただきました。  表彰後、伊予三島ロータリークラブの皆様の前で今後の抱負を発表する2人の姿は大変立派なものでした。  善行生徒表彰の受賞、おめでとうございます。今後更なる活躍を期待しています。  
ブログ
09/28
パブリック
地域との連携
 9月28日(月)に小松高校ライフデザイン科1年生を対象に「西条市の麦について」の学習を行いました。  東予地方局産業振興課地域農業育成室から 山口 耕司 様に講師として来ていただき、はだか麦中心に西条市の麦について講義をしていただきました。  今後、生徒たちは、はだか麦を使ったレシピについて研究をしていく予定です。  
ブログ
09/28
パブリック
地域との連携
9月28日(月)、家庭クラブと人権委員会の生徒たちが、シトラスリボンを製作しました。家庭科の藤山先生と池田先生にご指導いただき、楽しく作ることができました。
9月28日放課後、10月13日に大会を控えている船越小学校の6名に、本校陸上競技部の4名が陸上競技の基礎トレーニングを中心に指導を行いました。礼儀正しく、真剣に指導を受けている小学生を見て、すばらしく育成されていると感心しました。  高校も中学校も小学校も、地域の少子化の影響で生徒が減少しています。今こそ、地域が一体となり、児童生徒の資質・能力が十分に発揮できる教育環境を整えなければならないと考えています。この度の連携企画もその思いからのものです。小中高が連携し、愛南町の子供たちがこの地域で生き生きと育つ環境づくりができるよう、これからも頑張ります。
ブログ
09/28
パブリック
産業教育
9月28日(月) 3年生産科学科の果樹の授業で、川之石高校で行われた「GAP学習会」に参加しました。 はじめに選果場や農薬保管場所などを見学し、その後園地にて、柑橘類の栽培において注意している点などを学びました。 それぞれの場所で、GLOBAL.GAPの基準に沿った施設や用具の管理方法をわかりやすく説明していただきました。