メインメニュー
取組のカテゴリー
今月の投稿カレンダー
2018年 12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
月別の投稿

2018年3月6日(火曜日)

(小田高校)SPECIAL SEMINAR 【内子町の森林資源をどう活かすべきか】

odako special seminar (2) 1.png

平成30年3月6日(火)、2年生を対象に「SPECIAL SEMINAR」を開講しました。「SPECIAL SEMINAR」は小田高版・起業家教育プログラムの1つで、校外より講師を招いて開催する特別講座です。今回は、講師に内子町役場 上野 様、高本 様、内子町地域おこし協力隊 武田 様、内子町森林組合 大鍋 様、蠧2林業 藤岡 様、日本森林技術協会 室岡 様を招き、「内子町の森林資源をどう活かすべきか」をテーマに2時間の講座を開いていただきました。

●△□
odako special seminar (2) 2.JPG

インプット講座として、内子町役場 産業振興課 上野 様より「森林資源の現状と課題」についてお話をしていただきました。愛媛県や内子町の森林面積や出荷量等、ディスカッションのベースとなるデータや課題を教えていただきました。

○▲□
odako special seminar (2) 3.JPG

6つのテーブルに分かれて行われたミニ講座では、森林資源×雇用、林業の機械化、森林管理、観光、6次産業化、ICTの各テーマについてレクチャーを受けました。「森林資源×ICT」を担当していただいた、日本森林技術協会 様にはWeb会議システムを利用し、遠隔での講座を開講していただきました。

○△■
odako special seminar (2) 4.JPG

テーマ毎に別れた6つのテーブルから1人、もしくは2人ずつ集めグループを再編成し、「内子町の森林資源をどう活かすべきか」についてディスカッションを行いました。各テーブルにアドバイザーとして講師の先生方にも参加していただきました。

今回の講座では、様々な観点から森林資源を見つめ、その活用について考えるきっかけをいただきました。ミニ講座は、短時間ではあったものの、とても内容の濃いものであったことはもちろんですが、森林資源にかかわる方々の熱量を大いに感じられる講座でした。また、今回はWeb会議システムを利用し、生徒にとっても教員にとっても新鮮な授業スタイルの講座となりました。講師の皆さん、本当にありがとうございました。


Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

検索はこちらから
最近の投稿タイトル

Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS Project