メインメニュー
取組のカテゴリー
今月の投稿カレンダー
2019年 1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
月別の投稿

2018年12月10日(月曜日)

(松山南砥部分校)地域に生き地域とともに歩む高校生育成事業

今年の4月より、砥部分校では地域に生き地域とともに歩む高校生育成事業「砥部焼の魅力再発見プロジェクト」に取り組んできました。

この事業は、松山南高本校と砥部分校の合同企画で行っており、

本校では、シンボルツリーの「イチョウの木」を使った釉薬(焼き物の表面を覆うガラス化したもの)の研究。

砥部分校では、イチョウの釉薬を使った砥部焼アクセサリーの商品開発。

この2つを目標に事業が始まりました。

本校では、SSHの陶芸班3名がこの事業に取り組み、イチョウと長石による基礎釉薬を完成させました。

この基礎釉薬を基に、スクールカラーの紫色を目指して、新しい釉薬の開発に取り組んでいます。

上:イチョウの葉を使った釉薬 

下:イチョウの枝を使った釉薬

砥部分校では、3年生課題研究から5名の生徒が携わることとなり、砥部焼アクセサリーの制作を行いました。

はじめに、 どのようなアクセサリーを作るか話し合い、形や大きさ、パッケージのデザインなどおおまかなアイデアからブローチを作ることが決まった。

何度も制作を繰り返して1回目の試作品ができました。

この試作品から、形や大きさ、デザインの改良を行いより完成度の高いブローチに仕上げたいと思います。


Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

検索はこちらから
最近の投稿タイトル

Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS Project