メインメニュー
取組のカテゴリー
今月の投稿カレンダー
2018年 8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
月別の投稿

2018年6月26日(火曜日)

(伊予高校)伊予高校はなぜ、週2時間か

カテゴリー: - 31iyohp @ 10時36分42秒


– 伊予高校の「総合的な学習の時間」なぜ、週2時間なのか? –

 伊予高校では、平成30年度から、「総合的な学習の時間」を週1回、2時間連続で実施しています。大多数の学校は、昨年度までの本校と同じく週1回1時間で行っています。なぜ、伊予高校は、「総合的な学習の時間」を2時間連続の実施に変えたのでしょうか。

 6月14日の新聞報道によれば、愛媛大学は、現在の高校1年生から入試制度を変更するそうです。これまで、学力検査や面接、小論文であった入試が、高校作成の「調査書」や志願者が作成する「活動報告書」を点数化して、学力と合わせて選抜する入試になるそうです。これは愛媛大学だけではなく、ほかの国公立大学や私立大学の入試でも、同じような変更が行われる全国的な流れになっていて、すでに一部が先取りして実施されています。

 高校在学中に生徒が取り組んだ課題研究や取得した資格などを記した「活動報告書」が、これからの入試の際、重要になってきます。この流れに対応するため伊予高校では、2時間連続の「総合的な学習の時間」を設定することで、全ての生徒が、教科の枠を超えて自ら課題研究や資格取得などに取り組み、さまざまな体験活動ができるよう、変更したのです。

 平成30年度の前期は、6つの学びのグループを設けています。
  6つのグループ
   1 人文社会グループ
   2 総合科学グループ
   3 生活健康グループ
   4 芸術創造グループ 
   5 能力開発グループ
   6 課題研究グループ(地域イノベーションコース)

  おもな設定課題
   「新聞記事から学ぶ」NIEの活用
   偉人から学ぶ
   外国事情とボランティア
   国際交流「海外にクラスメイトをつくろう」
   ノーマライゼーションを学ぼう!
   生涯スポーツと健康(自転車)
   メンタルトレーニング
   ITパスポート
   実用数学技能検定
   漢検
   英検
   危険物取扱者試験(乙)
   歴史や文化を生かした地域活性化にチャレンジ!
   伊予高校をアピールする商品を開発しよう!
   数字と映像で見る地域
   学校周辺の生物の調査
   地域の防災について考える


Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

検索はこちらから
最近の投稿タイトル

Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS Project