メインメニュー
取組のカテゴリー
今月の投稿カレンダー
2018年 10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
月別の投稿

2018年9月19日(水曜日)

(今治工業高校)造船技術実践実習掘圍咤丕隼業》

カテゴリー: - 17imathp @ 20時49分16秒

9月19日(水)、スーパー・プロフェッショナル・ハイスクール(SPH)事業の一環として、造船技術実践実習を実施しました。この取組では、小型ブロック製作時のオートレベルによる水平の確認作業について、今治造船株式会社今治工場の工作グループの方を講師としてお迎えして行いました。生徒は、自分たちが製作している小型ブロックの水平の確認作業に取り組み、その作業要領をしっかりと学ぶとともに、実際に現場で使われているトータルステーションについても紹介していただきました。
0919 o 1 CIMG6835.JPG 0919 o 2 CIMG6873.JPG

0919 o 3 CIMG6896.JPG 0919 o 4 CIMG6979.JPG


(今治工業高校)造船技術研究プログラム掘複害麑棔法圍咤丕隼業》

カテゴリー: - 17imathp @ 20時45分03秒

9月19日(水)、スーパー・プロフェッショナル・ハイスクール(SPH)事業の一環として、模型船による回流水槽での抵抗試験が、株式会社新来島どっく船型研究所の皆様の御指導・御協力をいただいて実施されました。
生徒が船首部分を制作した約2mの模型船を回流水槽に取り付け、15種類の流速で、抵抗値を測定しました。この抵抗値から、船の波による抵抗である造波抵抗係数を求め、船型について学びました。
0919 k 2 CIMG6743.JPG 0919 k 3 CIMG6803.JPG

0919 k 4 CIMG6766.JPG 0919 k 5 CIMG6751.JPG


(松山北高校中島分校)3学年交流体験学習

カテゴリー: - 23-2nakhp @ 19時39分14秒

9月19日(水)、総合的な学習の時間に、怒和小学校を訪問し、小学生の皆さんと交流体験学習を行いました。クイズ大会やサッカー、グランドの草引き、海テラスでの食事会など、楽しく過ごすことができました。怒和小学校の皆さんから元気をもらった一日でした。

h300925nuwasho1.jpg h300925nuwasho2.jpg

h300925nuwasho3.jpg h300925nuwasho4.jpg


(北宇和高校)泉小学校との連携学習

 昨日、泉小学校の生徒と連携学習を行いました。1・4年生17名はメロンパン、2・3年生12名は手作りカルミンをそれぞれ

作りました。本校生徒は、生産食品科2年生食品類型の生徒が先生役でグループに分かれ、作業を行いました。

 どの班も楽しく作業することができ、美味しいメロンパンとカルミンを作ることができました。

DSC_1306.JPG DSC_1310.JPG DSC_1304.JPG DSC_1315.JPG


(土居高校)JICAから講師を招いて国際理解教育を行いました

カテゴリー: - 03doihp @ 16時14分11秒

19日、JICAから講師を招いて国際理解教育を行いました。グアテマラでのJICAの活動を写真で分かりやすく説明していただきました。日本と比較しながら説明していただいた教育環境については、教室、教科書、授業等の状況に生徒たちはたいへん驚いた様子でした。教育環境を整えることの大切さ、それを支援するJICAの活動について生徒たちは理解を深めることができました。

300919doi01_320.jpg

300919doi03_320.jpg

300919doi02_320.jpg

300919doi05_320.jpg


(東予高校)「匠の技教室」鉄筋組立(建設工学科2年)

  9月19日水曜日に愛媛県鉄筋業協同組合様による出前授業が行われました。生徒は、鉄筋の役割について講義を受けた後、ハッカーと結束線を使った鉄筋組立実習に取り組みました。結束作業に熱心に取り組み、苦戦しながらもものづくりの楽しさを実感していました。実演では、次々と鉄筋を組み立てる職人の高い技能を見ることができました。鉄筋工の仕事に興味を持ち、技能検定に挑戦してみたいという前向きな気持ちになったようです。

鉄筋1_1.jpg 鉄筋2.jpg

鉄筋3.jpg 鉄筋4.jpg


(今治北高校)高校生のための文化講演会

カテゴリー: - 16imanhp @ 14時08分26秒

9月19日(水)に宗教人類学者の植島啓司先生(京都造形芸術大学教授)による「高校生のための文化講演会」が行われました。
演題は「生きるチカラ」です。

講演は、植島先生と一緒に仕事をされている先生が今治北高校の出身という話から始まり、
生徒たちは、植島先生を身近に感じながら、聞いていました。
植島先生の講演について、活発な質疑応答も行われました。

講演後には、生徒謝辞のあと、集英社から、
植島先生のサイン入りの本などが学校に寄贈されました。


本校マニフェストの数値目標である「読書冊数10,000冊」達成に向けて、勢いがつきそうです。
植島先生、ご講演ありがとうございました。


(西条高校)高校生のための文化講演会

カテゴリー: - 09saihp @ 07時31分50秒

19日(水)の6限目、公益財団法人一ツ橋文芸教育振興会主催の「高校生のための文化講演会」がありました。講師は京都造形芸術大学教授の植島啓司先生で、「生きるチカラ」と題して世界中を旅したときのエピソードを話してくれました。講演を通して、人や本との出会いの大切さについて語ってくれました。また、集英社からは、100冊の本と講師の方が著書「生きるチカラ」「偶然のチカラ」「伊勢神宮とは何か」という3冊の本をいただきました。ありがとうございました。

                                

                                

 

 


Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

検索はこちらから
最近の投稿タイトル

Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS Project