メインメニュー
取組のカテゴリー
今月の投稿カレンダー
2019年 1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
月別の投稿

2019年1月15日(火曜日)

(長浜高校)社会保障制度出前講座

カテゴリー: - 34naghp @ 12時43分49秒

1月15日火曜日に3年生を対象として出前講座を行いました。

講師に公益財団法人生命保険文化センターの窪田陸先生を迎え、

主題は「社会保障制度と保険のキホンについて学ぼう!」でした。

将来のリスクを避けるために、公的な保険と私的な保険を組み合わせて

対応することの重要性を学びました。

卒業後の生活設計に生かしていきます。

長高01151.JPG 長高01152.JPG

長高01153.JPG

 

 


2019年1月11日(金曜日)

(新居浜商業高校)インターンシップ事前指導

1月11日(金)、2年生が2月にインターンシップを行う職種・業種に関する基礎知識を学び、マナーの復習をしました。
                                                                


2019年1月10日(木曜日)

(西条高校)「有法子」専門講座

10日(木)6限目1・2年生を対象に「有法子」専門講座がありました。今回の講師には、新居浜工業高等専門学校生物応用化学科 準教授 橋本千尋氏と愛媛新聞「もっと新聞キャンペーン」事務局 部長 大植美香氏をお招きしました。橋本氏は「大学で何を学びますか?〜理系男女のススム道〜」、大植氏は「『新聞はこう読もう』〜読み方、役立て方&記者の仕事〜」と題して講演をしていただきました。

                                

                                

 


2018年12月27日(木曜日)

(大洲農業高校) 老人福祉施設でそば打ち

 12月27日(木)に、高校生そば打ち隊「大農そばーず」が老人福祉施設を訪問しました。そば打ちのパフォーマンスを行い、打ちたてのそばを年越しそばとして食べていただきました。
 そばーずのメンバーも人前でそば打ちをするのは初めてで緊張していましたが、上手に打つことができました。打ちたてのそばを食べながら、お年寄りとの交流を行いました。いつまでもお元気でいてください。

daino20181227-1_R_1.jpg daino20181227-2_R.jpg
daino20181227-3_R.jpg daino20181227-4_R.jpg


(小田高校)FIELD WORK【内子バイオマス発電所の見学を通して】

odako 30 field work uchikobaiomasuhatudennsyo 1.png

平成30年12月27日(木)、「地域産業の活性化〜林業の6次産業化〜」をテーマに取り組む2年生のプログラムの一環として、内子町森林組合小田支所、内子バイオマス発電所を訪れ、森林組合の取組や内子バイオマス発電合同会社の取組について学ぶ FIELD WORK を実施しました。

●□△
odako 30 field work uchikobaiomasuhatudennsyo 2.JPG

内子町森林組合小田支所の大鍋 様より「林業の見える化」の取組等について話をしていただきました。林業の現状や新たな視点等を知り、今まで抱いていた林業のイメージが変わりました。

○■△
odako 30 field work uchikobaiomasuhatudennsyo 3.JPG

内子バイオマス発電合同会社の内藤 様より「森林から木質エネルギー変換ビジネス」というテーマでお話していただきました。バイオマス発電が、単に森林資源の活用方法というだけでなく、地域経済の活性化や地方向きのビジネスモデリング等、様々な観点からの取組であることを教えていただきました。

○□▲
odako 30 field work uchikobaiomasuhatudennsyo 4.JPG

実際にペレットの製造過程から発電までの工程を見せていただきました。比較的コンパクトな敷地面積に対し、この発電所が及ぼす様々な方面に対する影響力に改めて驚きました。

内子バイオマス発電所の見学ではありましたが、内藤鋼業や内子町森林組合などの発電所に関わる様々な企業の存在やその思いを知り、改めて、この町への想いが強くなりました。バイオマス発電の仕組みを知っただけでなく、様々な観点から日本、世界に誇れる内子町を感じられる貴重な機会をいただき、本当にありがとうございました。


(松山南高校砥部分校)地域に生き地域とともに歩む高校生育成事業

カテゴリー: - 22-2tobhp @ 13時04分25秒

陶芸班では、前回のブローチの試作品から形と色の改良を行い、

グラフィック班では、ロゴマークとパッケージ案を考え完成に向けた制作を行いました。

 

これまでの活動(前半)

○陶芸班

陶芸班では、(イチョウ)・(障子山)・(まる)・(まる)の4種類のブローチの形が決まり量産に移りました。

成型方法に、石こう型を用いた成形技法を使いブローチの量産していきました。

tobe001_2.jpg

全ての形が成形できたら、一つ一つ形のバランスやキズなどのチェックを行い綺麗に仕上げていきました。

 

成形までの仕上げを終えたブローチです。

300個以上はあります。

 この後、乾燥させて素焼き(900°で焼き締める作業)をしました。

 

 

○グラフィック班

.蹈乾沺璽

テーマや素材を踏まえてアイデアスケッチを行い、ロゴマークとネーミングが決まりました。

 tobe003.jpg

[とべのめぐみ〜南高の歴史つめこんでみました〜]

ロゴマークは、イチョウをモチーフにしたデザインとなっています。

 

▲僖奪院璽献妊競ぅ

市販のパッケージを参考に、ブローチがより良く見えるようなデザインを考えました。

 

完成に向けて、それぞれがアイデアを出し合い、良い作品になるように頑張っています。


(川之石高校)防災サミット

12月25日〜27日に福島県で行われた

「第1回高校生が被災地で考える防災サミット

in Fukushima 〜原発と私たちの未来を描く〜」に

川之石高校2年次生2名が参加しました。
 

福島第二原子力発電所や特定廃棄物埋立処分施設の視察、

避難時宿泊体験、そしてテーマごとのグループワーク及び発表と、

フロアディスカッションを行いました。

特にグループワークでは発表当日の早朝5時まで準備して納得するものができました。

盛りだくさんの3日間でしたが、とても貴重な経験をすることができました。


2018年12月26日(水曜日)

(今治北高校大三島分校)冬季調理講習会を実施しました

カテゴリー: - 16-2ohmhp @ 12時03分47秒

 本校の特徴的な教育活動の一つである家庭クラブ主催の「調理講習会」が実施されました。地元の板前さん7名を講師としてお招きし、鯵を材料とし、つみれ鍋を作りました。参加生徒は32名、教職員も7名が参加し、8班に分かれて調理を行いました。生徒の中には筋のいい生徒や四苦八苦する生徒もいましたが、みんな一生懸命に取り組み、できあがった鍋をおいしくいただきました。今年も思い出に残る調理講習会になりました。

                                

                                

 


2018年12月22日(土曜日)

(西条高校)大保木公民館土曜教室「竹ごはんを作る」

12月22日(土)大保木公民館で土曜教室「竹ごはんを作る」のイベントがありました。本校からは、商業研究部の7名と地理・歴史研究部3名の計10名が参加しました。竹を切ってお米を詰めて竹ごはんをつくりました。お箸も竹を削って作りました。クリスマス会?!的なイベントもあり、地元の方の優しさ、暖かさに触れることができました。1年間の土曜教室の活動について、今後もっと盛り上げていく方法など反省会もありました。

                                

                                

 

 


2018年12月20日(木曜日)

(三間高校)JR宮野下駅への飾り付けと清掃活動を行いました

カテゴリー: - 46mimhp @ 09時41分07秒

12月20日(木)駅を利用する方々に楽しんでもらおうと、JR伊予宮野下駅にクリスマスの飾り付けを行いました。総勢18名が参加し、いつもお世話になっている駅に感謝の気持ちを込めて、清掃活動も行いました。


Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

検索はこちらから
最近の投稿タイトル

Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS Project