2020年10月の記事一覧

幼稚園との交流学習

普通科3年生と久万幼稚園児の交流学習。

今回は年中さんとの交流です。

天気の良い運動場で、年長さんにも好評だった

しっぽ取りゲームやボール遊び、紙飛行機飛ばしなどをして遊びました。

楽しい時間はすぐに過ぎ、手作りメダルを渡して笑顔でサヨナラ。

・・・また遊ぼうね。

「石鎚山に抱かれて」小松高祭での写真展

 本校卒業生、一色龍太郎氏(西条市在住)が、写真集「石鎚山に抱かれて」を出版しました。新聞でも紹介されました。

 西日本最高峰の石鎚山と、それに連なる石鎚山系の山間に住む素朴な人々の暮らし、受け継がれる伝統文化や遺産、自然などで構成された写真集です。

 10月30日(金)の小松高祭(文化祭)で、一色龍太郎氏の写真展を開催しました。

 一色氏も来校され、来場される保護者やOB、生徒たちに写真の解説をしてくださいました。

石鎚山に抱かれて1石鎚山に抱かれて2

石鎚山に抱かれて3石鎚山に抱かれて4

 

タイの大学生との交流会(北宇和高校)

10月30日(金)2年2組 コミュニケーション英語Ⅱの授業で、タイの大学(チャンカセーム・ラチャパット大学)の日本語学科3年生16名との交流会を行いました。 

Zoomを使いながら、お互い20分程度ずつ出し物や学校紹介、そして質疑応答などを行いました。初めての試みだったため、機器の使い方など、改善の余地はあると感じましたが、よい経験になりました。 

本校生徒にとっては母国語でのやり取りだったため、何の支障も感じることなく楽しく交流ができていました。と同時に、タイの学生さんの日本語能力の高さに感銘を受けていました。今後の外国語学習に対する取組として良い刺激になったのではないかと思いました。

「川之江先輩塾」地域協働学習②

27日(火)、第1学年の「総合的な探究の時間」での地域協働学習の2回目として、地域で活躍されている方々を講師にお迎えし、地域のことをより深く学び、地域の課題を発見する学習を行いました。

宇和島地区交通安全マナーアップ講座

10月29日(木)に宇和島南中等教育学校で行われた、「交通安全マナーアップ講座」に参加しました。宇和島警察署の方から、昨年度の県内での交通事故発生状況などの講話をいただいたり、各校での取組の発表を行ったりしました。高校生が関与する交通事故は、自転車に乗車している登下校中がほとんどであることなどを学習しました。本校生徒も積極的に発言し、交通安全意識を向上させることができました。

全校朝礼をオンラインで実施しました

10月29日(木)に全校朝礼があれました。感染症拡大防止のためにZoomを使って、校長室からオンラインで実施しました。

高校生英語スピーチコンテスト 3位

愛媛県高等学校弓道選抜大会東予地区大会

男子団体A2位、女子団体B1位・A2位、女子個人1位・2位

愛媛県高等学校東予地区新人大会

ソフトボール女子 1位

ダンス 1位

ソフトテニス 女子団体2位

剣道 女子団体2位

柔道 男子団体2位、女子団体3位、男子個人階級別1位・3位、女子個人階級別2位・3位

バドミントン 女子団体3位

卓球 女子団体3位

 

校内人権・同和教育講演会がありました

10月29日(木)7限目、1年生を対象に「校内人権・同和教育講演会」がありました。講師は、愛媛県人権教育協議会代表理事 村上 進 先生で、「ハンセン病問題から人権を考える」と題して、人権問題について話してくれました。

 

職場・学校説明会の開催

 

10月28日水曜日5・6時間目に2年商業科Ⅰ型対象のキャリア教育行事の職場・学校説明会を開催しました。
宇和島市役所をはじめ6事業所と松山大学と河原学園の御協力をお願いし、12教室で各々の職場と学校の内容と進路の心得等を説明していただきました。生徒たちは4つの講座を回り意欲的に聴講し、キャリア意識を深めました。

 日本郵便の説明

日本郵便の業務説明

 愛ファーマシーの説明

愛ファーマシーの業務説明

  河原医療系学校の説明

河原医療系学校の説明

 松山大学の説明

松山大学の学校説明

授業改善推進事業

 10月28日(水)の6限目は「授業改善推進事業」が行われ、内海先生が1年7組の美術Ⅰの授業において研究授業をされました。

 一年生が「国語総合」で深く学んだ、芥川龍之介の小説「羅生門」を用いて、登場人物の感情をどのように分析し、絵文字やマンガの記号でどう表現するかについてを実践しました。「自分が感じ取ったことや考えたこと」を記号を組み合わせることでどのように表現するかを生徒は興味を持って真剣に考え、意欲的にワークシートの作成が行えました。

インターンシップ事前指導を行いました

10月28日(水)、2年生が「インターンシップにおけるマナー」と題して、事前指導を講師にS・I・Cオフィス 河野久美子様をお招きして実施しました。
インターンシップに向けての心構えとして、笑顔の良い人が事業所の顔(看板)なので、あなたもそうなれるようにとして、「挨拶はドレミファソのソの音で、2音目を上げて」や「(現在は新型コロナウイルス感染症対策のため)マスクをしているので目元が大事」など具体的に指導していただきました。立ち居振る舞いやお辞儀の練習も行いました。お世話になります事業所のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

10月28日(水)みかん交流会をしました。

10月28日(水)2・3限目に土居保育園児と本校3年生アグリカルチャーコースの生徒がみかん交流会をしました。まず元気よく「お願いします」と挨拶をし、みかん収穫の前に本校の教員が収穫バサミの使い方を園児たちに教えました。ポイントは、袋に入れたときに、みかんが互いに傷付けることがないように二度切りをすることだそうです。

園児たちは、本校生徒とペアになって、安全に注意し上手に収穫バサミを使い、みかんを収穫袋に入れていました。

収穫したみかんは、みんなで試食しました。 

教科「英語」の初任者研修がありました

10月28日(水)に総合教育センターから所長と2名の指導主事が来られ、西条高校で英語の初任者研修ありました。研究従業として「英語コミュニケーションⅠ」を行いました。また、その後研究協議を行いました。

 

南予第一次産業企業見学を行いました

10月28日(水)

 地域ビジネス科の2年生が、西宇和郡伊方町の「木嶋水産」さん、喜多郡内子町の「石畳プロジェクト」さんを訪問しました。

 木嶋水産さんでは、シラス漁を体験させていただき、獲れたてのシラスを釜揚げしたシラス丼をいただきました。

  石畳プロジェクトさんでは、村並み保存運動の取組について御紹介いただき、水車や屋根付き橋など、昔の風景を実際に見せていただきました。

南高ワークショップ開催(1年生総合的な探究の時間)

1年生の総合的な探究の時間を活用して、さまざまな世代との交流を通じて愛南町の良さを再発見する「南高ワークショップ」を開催しました。ワークショップには愛南町ボランティア連絡会の会員の方々にも参画いただき、福祉、文化、産業、防災、観光の5分野のグループに分かれ、KJ法を用いたグループ学習、まとめた内容のプレゼンを行いました。地域の人々との関わり合いを通じて、改めて郷土愛を育むことができました。愛南町ボランティア連絡会の皆様、お忙しい中御協力していただきありがとうございました。

「よるマチ!」取材

あいテレビ情報番組「よるマチ!」のレギュラー企画 ”愛媛発見!千本ノック!!”の取材がありました。

本校出身のタレント「みかん」さんと、愛媛県住みます芸人「ひめころん」の斉官さんが来校してくださいました。

放送は、11月18日(水)午後7時です。お楽しみに。

高校生主権者教育講座(3年生)

10/28の3年生の総合的な学習の時間は、愛南町選挙管理委員会の田村智之様を講師としてお招きし、「高校生主権者教育講座」を実施しました。3年生はすでに主権者として愛南町長選挙で投票に参加した生徒もいますが、今年度中には全員が主権者となります。主権を持つ個人として自覚し、公職選挙法に関する正しい知識を身に付けましょう。本日配付いただいた資料は要点が分かりやすくまとめられていますので、大切に保管しておき、選挙について確認したことがあれば見直しましょう。講師を務めていただきました田村様、ありがとうございました。

和裁の基礎練習

10月27日(火) 食品デザイン科生活デザインコース2年生の「ファッション造形基礎」の授業で、10月13・20・27日の3回にわたり、職能協会のものづくりマイスター制度を活用し、和裁の基礎縫いについて、専門の先生方からご指導いただきました。きめ細かいご指導で、今後の技術検定和裁2級、1級合格に向けて技術力を高めることができました。

 

簡易スロープを製作しました

機械建築工学科1年生がユニバーサルデザインについて勉強しました。
その中の一つとして簡易スロープを生徒たちが製作しました。実際に使用してみないとわからないことも多く、一人ひとりの視点に立って感じ、考え、「ものづくり」をしてければいけないなど、いろんなことを学ぶきっかけになったと思います。

10月27日(火)さつまいも掘り交流会をしました。

10月27日(火)3限目に小林保育園児と本校3年生アグリカルチャーコースの生徒がさつまいも収穫の交流をしました。元気よく挨拶をし、本校の教員が掘り方の手本を見せ、園児たちは真剣なまなざしで、その様子を見ていました。

さつまいも掘りでは、さつまいもの大きさや数にドキドキしながら楽しそうに収穫していました。本校の生徒たちは自分たちが植えた作物を収穫することで、自然の恵みに感謝すること、毎日の管理が大切であること等を学んでいます。

最後に全員で記念写真を撮りました。 

インターンシップ2日目

 10月27日(火)、インターンシップ最終日を迎えました。事前指導で生徒たちはそれぞれ目標を立てて職場体験を行いました。どの職場においても意欲的に一生懸命頑張っている姿を見ました。この2日間で大きく成長し、多くのことを学ぶことができたと思います。実習を受け入れていただいた事業所の方々に感謝し、今回得た経験や知識を今後の学校生活や進路選択に役立ててほしいと思います。