ブログ

2021年6月の記事一覧

地元小学校との交流学習を実施しました

6月24日(木)、久万小学校3年生14名と、本校森林環境科1年生22名が、交流学習を行いました。今回の作業は、大豆の播種です。

高校生が先生役となり、小学生に種まきの仕方を教えるのですが、人に物事を教えるのは、そんなに簡単なことではありません。普段いかに真剣に授業に関わっているかが試されます。私たち教員は、生徒が最初からスムーズに、小学生に上手く伝えることができるとは思っていません。苦労しながら、教えることに意味があると考えています。そこが、交流学習の狙いなのです。

本校では、農業科ならではの取組を生かし、今年も交流学習を進めることで、地域との連携を深めていきたいと感じています。

オンライン職員会議

本校は、ただ今「考査発表中」です。生徒が早めに下校した放課後を活用して、職員会議を行いました。今回の職員会議は、一人1台端末の機能の一つである「Teams」の会議システムに関するスキルアップを図るため、オンライン開催とし、職員室や準備室に分散して協議をしました。授業での活用や非常時の連絡体制の構築につながる研修になったと思います。一人1台端末については、使えば使うほど慣れていき、新しい機能や活用方法を発見できることを、日々実感しているところです。

 さて、生徒の皆さんは、期末考査に向け、着々と準備をお進めください。

 

3年生保護者対象進路説明会を行いました

 6月26日(土)11:00~12:30の日程で、PTA主催による3年生保護者対象の進路説明会を実施しました。令和3年度入試の結果分析や、令和4年度入試へ向けて入試制度や受験のポイントについて、進路課長から説明を行いました。

 入試制度には、一般選抜に加えて、割合の高まっている総合型選抜や学校推薦型選抜があり、生徒一人ひとりに適した入試を選択し、余裕を持って対策していくことが大切です。受験生本人だけでなく、保護者の皆様にも入試について知っていただくことで、満足度の高い進路選択につながると思います。

 会場で参加をしていただいた保護者の皆様、オンラインで参加していただいた保護者の皆様、ありがとうございました。なお、1年生の進路講演会と3年生の保護者対象進路説明会は、生徒の端末を使用してTeamsで配信を行いました。コロナ禍の中ではありますが、ご家庭としっかり連携を取りつつ進路指導を進めていきたいと思います。

1年生保護者対象進路講演会を行いました

 6月26日(土)9:00~10:00の日程で、PTA主催による1年生保護者対象の進路講演会を行いました。講師は(株)リクルートの佐野正明氏で、「お子様の進路選択について大切にしていただきたいこと」と題して、これからの社会変化をふまえた大学・高校教育の変化について、講演をしていただきました。社会で求められている学力の変化や、企業・大学側からの視点はとても参考になりました。

 会場で参加していただいた保護者の皆様、オンラインで参加をしていただいた保護者の皆様、ありがとうございました。

ミニ活動展示発表会を行いました。

 6月25日(金)、小松高校ライフデザイン科の3年生が、令和元年度より、文部科学省から指定を受けて取り組んでいる「地域との協働による高等学校教育改革推進事業(プロフェッショナル型)」に関する「ミニ活動展示発表会」を行いました。

 ミニ発表会は、「第1回コンソーシアム検討会議」「第1回運営指導委員会」の開催にあわせ、ライフデザイン科の3年生が、今までの活動内容について、写真パネルや作品展示などで説明を行ったもので、委員の先生方からの質問にも、今までの経験を基に、生徒たちは自分の言葉で説明をしていました。

 今まで活動してきたことを知っていただくことができ、良い機会となりました。

 

 

「人権尊重の意識を高めるためのポスター」の特選作品紹介

令和2年度「人権尊重の意識を高めるためのポスター」の作品募集では、愛媛県内の小・中・高等学校等から約4万2千点の応募があったそうです。

その中から、本校の赤堀さんの作品が【特選】に選ばれています。
改めて、おめでとうございます!!

さて、先日、その特選作品を1枚にまとめたポスターが届きましたので、御紹介します。
赤堀さんが作品に込めた熱い思いや製作の背景は、下のリンク(県教委人権教育課のページ)をクリックしてご覧ください。

 

 ※令和2年度「人権尊重の意識を高めるポスター展」特選作品紹介(愛媛県教育委員会人権教育課のページ)

 

教科情報 研究授業「ID-POSデータを用いた購買動向分析」

 6月24日(木)、本校で高教研情報部会総会が開催され、県内の各高校から約40名の先生方が集まり、研究授業や協議が行われました。
 研究授業では、德本みはる教諭による「情報の科学」の授業が行われました。授業では、株式会社TrueData様のご支援を得て、ビッグデータであるID-POSデータを専用ソフトであるDolphin Eyeやウレコンを用いて、分析、可視化、伝達することにより、データを課題解決に活用する力を養いました。具体的には、各班で選んだカテゴリの商品(目薬、納豆、袋麺、スポーツ飲料)の購買動向分析(市場シェア、リピート率、購入年齢等のデータ)をExcelでデータ分析を行い可視化し、プレゼンテーションにまとめ、発表しました。
 各班とも、多面的に分析し、わかりやすく伝えることができていました。また、多くの質問も出て発表内容について考えを深めることができました。今回の経験を通して、購買に関する販売側の視点や購入側の視点に立った考えを持つことができるようになりました。

東北販売イベント 愛南ゴールドジュース発送しました。

 7月1日から4日までコープ東北で実施される河内晩柑販売イベントに、本校の愛南ゴールドを使ったジュースを販売していただけることになり、そのジュースを担当の愛南町役場農業支援センターに届けました。

 東北では、河内晩柑が販売されておらず、さっぱりとした愛南ゴールドが、今後、東北でも広まってもらいたいと思います。

南宇和高校農業科2年生による草花販売実習

 6月24日(木)農業科2年園芸専攻班が、花販売実習を実施しました。

 ケイトウやニチニチソウなど、自分たちが、大切に育ててきたものを、説明しながら販売でき、町民の方々にも喜んでいただきました。

土居中学校3年生対象一日体験入学

土居中学校3年生対象一日体験入学を実施しました。開会行事で、校長あいさつ、中学生代表あいさつ、学校紹介をし、その後、授業体験(1人2講座)を実施しました。実施教科は国語、地歴公民、数学、理科、外国語、体育、音楽、家庭科、農業、商業の10教科でそれぞれ2時間行いました。各教科とも高校で学ぶ内容に基づき、中学生に分かりやすい授業を工夫して行っていました。

閉会式では、在校生からのメッセージ、中学生代表お礼の言葉を行いました。中学生の皆さん、土居高等学校を進路の第1希望としていただき、来年度一緒に土居高等学校で充実した高校生活を送りましょう。

また、7月9日(金)には、土居高等学校から土居中学校に「最高の心理状態をつくる」というテーマで出前講座も実施します。よろしくお願いします。