2020年11月の記事一覧

書の甲子園 四国地区優秀賞受賞

「第29回国際高校生選抜書展(書の甲子園)」の審査結果が25日発表され、本校書道部が四国地区優秀賞を受賞しました。

また、森実佑芽子さんが秀作賞、森川さんをはじめ8名が入選しました。おめでとうございます。11月26日「毎日新聞」の24ページに掲載されています。 

新聞記事を紹介します。

 引退した3年3人を含む11人で挑んだ。優勝を目指して取り組んできたが、四国地区優秀賞という結果に3年の森川愛梨部長は「やっぱり悔しい」と胸中を吐露。「みんなで実力を出し切った結果。後輩にはより実力をつけ、上を目指してもらいたい」とバトンを託した。

 新型コロナの影響で例年6月から練習に取り組むところ、1か月以上遅い7月下旬からのスタートとなった今回。平日で2時間、休日は午前のみなどの制約を受けつつ「得意な分野で納得できる作品を」と制作に打ち込んだ。

 音楽に合わせて舞うように書を書く「書道パフォーマンス」に力を入れている同校。並行しての練習に苦闘しながらも森川部長は「それぞれの作品の雰囲気をしっかり考え、賞を取れるように頑張ってきた」と胸を張る。顧問の福本温子教諭は「さまざまなことに追われながらも頑張ってくれた。来年こそ地区優勝を目指す」と前を向いた。

 

 書道部の皆さん、3年生から託された思いを胸に、さらなる高みに向かってがんばってください。今後の活躍を楽しみにしています。

交流学習 大学イモ調理

3年生と久万幼稚園の園児たちが収獲してくれたサツマイモを
今回は、小学校の1年生たちが一緒に調理しました。
(さつまいも1つでも、いろいろな学年がそれぞれ交流体験をするのも上高らしさだと思います。)

簡単大学イモのレシピを見ながら、さつまいもをカットしてアクを抜いて、、、
小学生たちの作業をやさしく見守りながら手伝う上高生。
頼れるお兄さん、お姉さんになれたかなあ。

最後はみんなで笑顔で味わいました。

税に関する作品において受賞しました(作文・五七五)

 11月25日(水)に本校校長室において、松山税務署 副署長 亀井伸彦様より、税に関する高校生の作文・税に関する五七五について、下記の生徒を表彰していただきました。

税に関する高校生の作文 松山税務署長賞「私の身近な税」

2年2組 惠原 夢叶 さん

税に関する五七五 優秀賞「社会への 身近な貢献 消費税」

3年6組 松木 愛莉 さん

 

愛媛県ICT教育実践サポート事業リモート授業開催講座

 

昨日(24日)と本日(25日)に、四国中央テレビより講師の方が来校してくださり、「愛媛県ICT教育実践サポート事業リモート授業開催講座」が開講されました。

この講座は、新型コロナウィルス感染拡大に伴い休校になった際に、zoomを用いたオンライン授業によって生徒の学習を支援することを目的としたものです。

 

開講中、先生方も試行錯誤しながらzoomについて学びました。また、講師の先生からリモート授業における注意点も併せて教わり、普段の授業とは異なる難しさも感じました。

 

新しい知識を学べ、とても良い機会になりました。四国中央テレビの講師の方々、ありがとうございました。

社会を支える一人として~1年生主権者教育

11月25日(水)総合的な学習の時間を利用して1年生の主権者教育を実施しました。これはNPО法人から講師をお招きし、社会と私たちの関わりについて3つの講座を開講したものです。そのうち「私たちと情報の関わり方について考えよう」と題した講座では、情報を規制することの是非について生徒たち一人一人が考え、熱心に意見交換を行っていました。2学期末考査を控え、1年生にとって将来を見据える重要な時期です。進路の先にある、社会を支える一人(主権者)としての在り方を考える貴重な時間になりました。

財政教育教室が行われました。

 11月24日(火)に2年生Ⅰ類型で財政教育教室が行われました。

 高松と松山の財務局から講師の先生をお招きし、豊富な経験と知識に基づいた実践的な研修をしていただきました。

 一日財務大臣になった想定で国の予算案を発表したり、一億円の重みを感じさせていただいたりしました。

財政教育1財政教育2

財政教育3財政教育4

 

本日(11/24月曜)クロモジの活動がテレビに出ます!

11月24日(月曜日)Nスタえひめ(午後6時15分、6chあいテレビ)で クロモジの活動が取りあげられます。 和製ハーブとも称され、久万高原町に多く自生しているクロモジ。 上高では平成28年よりクロモジの研究活動をつづけており、 アロマオイルや石鹸など商品開発などに取り組んだりもしています。 クロモジの魅力を通して、上高の良さを感じてもらえるのでは。 ぜひ、ご覧ください。

宇和島お手伝いプロジェクト

11月22日(日)、吉田町のみかん農家さんの収穫を手伝いました。新型コロナウイルスの影響などで人手不足の農家さんを支援するJAの取組です。
朝JA立間中央支所に集合し、お世話になる農家さんのみかん山に車で移動しました。参加した生徒は「楽しかった」「農業の働くやりがいや大変さが分かった」など、地域の方々に必要とされ、役に立てた充実感でいっぱいでした。一日、貴重な体験をありがとうございます。
このプロジェクトは年末まで続けられますので、継続して参加していきます。

「新居浜市転入者ウェルカム・バスツアー」【地域共創系列】

 2020年11月21日、新居浜市地方創生推進課主催による「新居浜市転入者ウェルカムバスツアー~あかがねの道スタディーツアー~」が開催、20名の方が参加され、マイントピア別子の観光坑道や旧広瀬邸を観光しました。
 そのガイド役を地域共創系列7名(2年次生2名、3年次生5名)が務めました。
 特に今回のツアーでは、インドネシアからの技能実習生が14名参加されました。
 先日、新居浜市観光協会の土井美智子先生からご指導いただいた「やさしい日本語」の学びを実践に活かすために、入念な準備を行ってきました。
 生徒たちは初め言葉が通じるのか、伝わるガイドができるのか不安の中で緊張した面持ちでしたが、参加者の皆さんが熱心に聞いてくださり、質問もいただくなど、次第に打ち解けあうことができました。
 言葉の壁を乗り越えて、心が通じ合い、あちこちで個々に記念写真を撮る和やかな様子も見られました。
 お別れの際には、LINE交換など、今日の出逢いをさらに持続可能な交流へと結ぶ姿もありました。
 初めて出逢った参加者同士でも熱心に会話されるご様子も見られ、すべての方々がこれからの新居浜LIFEに向けて多くの出逢いと学びを得ることのできたツアーとなりました。
新しい出逢いと国際交流の場になりました
新しい出逢いと国際交流の場になりました
やって来ましたマイントピア別子端出場ゾーン
やって来ましたマイントピア別子端出場ゾーン
大きなジオラマに驚きです
大きなジオラマに驚きです
一気に交流が深まり、あちこちで記念撮影が始まりました

一気に交流が深まり、あちこちで記念撮影が始まりました