大洲のおむすび県庁販売

2月14日(金) 食品デザイン科3年生の3人が、大洲産の食材入りおむすびを県庁で販売しました。このおむすびは食物班9人が考案した4種類の中の2つで、椎茸のみそ焼きむすびと豚の角煮むすびの2種類です。今回は、松山市のおむすび専門店がアレンジを加えて商品化したものに、オリジナルの鮭むすびを加えて3個500円で販売しました。多数の県職員さんらが行列を作って買い求めてくださり、40分ほどで完売させることができました。目標である商品化を目指し、地元の食材をどんどんアピールしていきたいです。