第26回四国高等学校生徒商業研究・意見体験発表大会結果報告

 8月24日(土)に、徳島県教育会館において、第26回四国高等学校生徒商業研究・意見体験発表大会が開催され、愛媛県からは、商業研究の部では、県大会を14年連続優勝で勝ち抜いた本校商業研究部と西条高校、意見体験では、今治北高校・東温高校の生徒が出場しました。

 本校商業研究部は「未利用魚を活用したブランディング戦略~郷土愛を育むソーシャルビジネスを目指して」と題して、昨年から取り組んでいる未利用魚の給食メニュー提供と小学校での食育交流会や未利用魚マップクリアファイルの提供など魚食の推進活動と「未利用魚を使った定食を提供するイベント(大島ツアー)」や「すり身揚げの坊っちゃん団子風」「白身フライの甘辛丼」「ハモ入りみかん寿司のデリシャスAKIN丼」などの商品開発とその効果による漁業活性化への取組を発表しました。

 結果、優秀賞(第2位)で、全国大会へ駒を進めることができました。これもこれまで協力いただいた市役所、給食センター、シーフードセンター、愛媛調理製菓専門学校、料理家中村先生、大島テラス、みなっとなど様々な方々のご支援の賜物と感謝しております。全国大会では、八幡浜市や八幡浜市の未利用魚を全国にPRしてきたいと思います。今後ともご指導、ご協力よろしくお願いします。