園芸・自然科学部の研究活動・・・マイクロプラスチック調査

現在、園芸・園芸自然科学部では、放課後、生物教室で、夏に野外調査で採集してきたサンプルを分析するというとても地道で根気のいる作業を毎日行っています。皆さんは、私たちの身近な環境がマイクロプラスチックによって深刻な汚染を受けていることをご存知ですか?私たちも調査を行うまでは、ここまで深刻だとは思っていませんでした。今回の調査をきっかけに、もっと普段の生活を良くするための方法や社会の仕組みはないものかと考えています。

また、近年特に重要視される課題研究に取り組むことで、研究の大変さや課題解決力、コミュニケーション力などを身に付けていきたいと思っています。

本研究は、「サイエンスキャッスル関西大会」の一次審査を通過しましたので、12月22日(日)に大阪で行われるポスター発表の準備をしています。発表頑張ってきます!