えひめ・まつやま産業まつりに参加しました

11月16日(土) 松山市堀之内で行われたえひめ・まつやま産業まつりに参加し、7月からメニュー開発を手がけてきた「大洲のおむすび」を160パック販売させていただきました。メニューは「鮎の甘露煮入り菜飯むすび」「豚の角煮むすび」「いも炊きコロッケむすび」「椎茸のみそ焼きむすび」の4種類のうち3種類を1パックにしての販売です。

 作ったのは食品デザイン科3年生活デザインコース22名で、前日の仕込みに始まり、当日は朝6時頃から集まって作りました。今までの練習の甲斐あって予定の1時間前にはパック詰めが完了し、代表の4名が会場に向かいました。会場では、お客様が「テレビを見たよ」と声をかけてくれるなど、温かい雰囲気の中でご購入くださり、40分で完売させることができました。

 生徒たちはおむすびの開発・製作・販売という貴重な経験の中で、大洲の食材について深く考え、たくさんの方々熱い思いを知り、人のつながりや地域のつながりの大切さを再認識したことと思います。この経験を次につなげていきたいです。