生命保険文化センター 出張授業

本校は、2018・2019年度の2年間、愛媛県金融広報委員会から「金融教育研究校」の委嘱を受け、「地域社会を担うグローカル人材の育成を目指した金融教育−産官学民との連携を生かした取組を通して−」をテーマに研究活動を実施しています。

令和元年11月6日(水)、「生活設計とリスクへの備え」をテーマに、生命保険文化センターより講師をお招きして授業をしていただきました。

「生活設計とお金」や「リスクへの備え」、「公的補償と私的補償」のキーワードの下、社会保障制度や生命保険・損害保険に関して学びを進めることができました。

また、いただいた「君とみらいとライフプラン」の冊子は「生活設計」や「リスク管理」に関するデータがわかりやすく記載されており、今後の生活に役立つものでした。

今後も外部機関と協力し、社会で必要とされる金融リテラシーを身に付けさせていきたいと思います。