EGFキャンパスアワード2019-2020に参加し、優秀賞を受賞しました

地域課題解決に向け、学生が考案したビジネスプランを審査する「EGFキャンパスアワード2019ー2020」が21日(土)、松山市の愛媛新聞社であり、一次審査を通過した5件のプレゼンテーションがあり、大三島分校は最優秀賞に次ぐ優秀賞を受賞しました。当日プレゼンを行ったビジネスプラン名と概要は以下のとおりです。 

【ビジネスプラン名】

 「高校生の観光アンバサダー(移住体験・大三島観光ツアー×高校生ガイド)」

 

【誰に(ターゲットとする市場及び顧客】

田舎暮らしや島での生活に興味を持ちこれから移住を考える人、通常のツアーに付加価値を求める人、しまなみ海道へのサイクリング目的の人をターゲットとする。

 

【何を(製品、サービスなど)】

オリジナルツアーの企画・販売・ガイドサービスを行う。

①移住体験オーダーメイドツアー

 きわめてリアルに移住の実際と魅力が伝わるように、個々の体験希望に合わせて高校生が移住体験先とのパイプ役を担う。また、島での生活を想定して衣食住に関する案内を隅々まで行う。

②高校生と交流体験ツアー

 大山祇神社参道ガイド体験、本校写真部による絶景ポイント案内および写真撮影サービス、日本遺産「村上海賊」に関する史跡巡りなどを高校生が同行してサービスを提供し、島を満喫して島での時間をゆったりとくつろぎ宿泊してもらえるようにする。

 

【どこで(対象となる地域など)】

大三島(移住体験先、大山祇神社参道、絶景ポイント等)で魅力を満喫してもらう。

 

【どのように(営業や販売、宣伝方法)】

愛媛県や今治市が行う移住フェアに帯同して広く情報発信を行い、地域の旅行代理店(株)わっかさんの協力を得ながら営業や販売を行う。