出前授業(広島大学)を実施しました

 12月18日(水)、機械造船科1年生が、広島大学教授 土井先生、北村先生より「輸送機器の構造と模型製作」と題して、出前授業をしていただきました。
 内容は、長さ200m程度の船の外板は、船の長さの1万分の1程度の厚さの薄い板でできているが、補強材を入れることで、十分な強度が確保できることを、A4用紙2枚を用いた模型製作を通じて体験するという内容でした。模型製作に少し苦労しましたが、とても分かりやすく楽しく学ぶことができました。