どんぐり拾い交流

東温高校のクヌギ林には、秋になるとたくさんのどんぐりが実ります。本日は、双葉保育所の子どもたちと、1年4組・6組の生徒が交流を行いました。生徒たちは、自分たちが手縫いで作った「どんぐり袋」を子どもたちにプレゼントし、一緒にどんぐり拾いをしました。一緒に手を繋いでどんぐりを探したり、ダンゴムシを見つけたり、どんぐり袋からあふれるほどのどんぐりを拾ったりと、楽しく交流することができました。