第19回高校生ものづくりコンテスト全国大会(電気工事部門)

第19回高校生ものづくりコンテスト全国大会(電気工事部門)

 17日、兵庫県立尼崎工業高等学校において第19回高校生ものづくりコンテスト四国大会(電気工事部門)が開催されました。
 競技課題は、概ね縦1,800mm×横1,800mmの垂直パネルに競技規則・施工図・施工条件を基に、2時間20分という競技時間の中で配管や配線を施して製作するというものです。
 全国の工業学科から代表選手の10名が参加しました。出場選手たちは緊張しながらも、日頃の練習の成果を発揮し、時間いっぱい最後まで頑張りました。
 四国ブロックからは、本校電気科3年の森本 莞太君が愛媛県の代表として出場しました。
電気工事部門 残念ながら入賞とはなりませんでしたが、最後まできれいな作品を作るために作業することが出来ました。3年生ということもあり最後の大会となりましたが、これからも様々なものづくりを経験していってほしいと思います。