ちかながわくわくワークショップ(最終回)

近永駅が鬼北町に譲渡されるにあたって企画された、近永駅周辺賑わい創出プロジェクトの一つである「ちかながわくわくワークショップ」の最終回が行われました。

今回のワークショップで、理想とする駅舎の構想がまとまりました。今後は、鬼北町がここでの意見を参考にしながら、2・3年後の完成を目指すそうです。

本校生は、毎回参加させていただきましたが、駅周辺の賑わいを取り戻し、地域活性化につながるような、高校生ならではの意見が出せたでしょうか?

このワークショップを通して、地域の課題や問題点を探り、解決策をみんなで考え、意見交換するなど、思考力・判断力・表現力の向上につながったと同時に、異年齢の方たちとの交流によって、他者感覚の醸成もできたのではないかと思います。貴重な経験をさせていただき、ありがとうございました。

来年度も、引き続き駅周辺の町づくりのため、こういった取組を続けていくと聞いています。そのときは、ぜひ参加させてください!