「消費者支援講座」を実施しました

 12月5日(木)、「経済活動と法」の時間を利用して、東予地方局総務県民課より樽岡咲先生をお招きし、3年生の商業科で消費者支援教育を行いました。社会に出たときに契約に関するトラブルにいかに対応するかという内容で、クーリング・オフや消費者があいやすいトラブルについて学習しました。金融トラブルに巻き込まれないためには、消費に優先順位を付け自己をコントロールしたり、ソーシャル・スキル(社会適応力)を培うことが大切であるということがわかりました。本日学んだことを今後に役立ててほしいと思います。