ブログ

保内保育所での保育実習

12月17日(金)

「子ども文化」選択生徒が保内保育所へ実習に行きました。授業で作った紙皿シアターでまずはシルエットクイズ。子どもたちは、一瞬でシルエットのキャラクターを当て、「流石!」でした。また、言葉を続けて繰り返し言うと、「板」は「鯛」となるような「へんしんレストラン」という絵本を参考に作った、「川高版へんしんレストラン」も紙皿シアターで実演しました。例えば、跳び箱の「五段」が「団子」に、茶道の創始者「利休」が「きゅうり」入サラダなどに変身するというような感じです。その後、自由に子どもたちと遊びました。みんな元気いっぱいで、参加した生徒たちも笑顔いっぱいで過ごすことができました。また、手作りのキャンドルとクリスマスの飾りをプレゼントして喜んでいただきました。