ブログ

『今工夏休みおもしろ講座』を実施しました【電気科】

8月6日(金)、今治工業高校の電気科は、近隣の小学校から児童・保護者・先生方をお招きして、標記の講座で「電気は、ものづくりの宝庫」と題して、電気工作等を行いました。

部品を配付しして、本校教職員や生徒がサポートについて、さっそく組み立て作業。「はんだごてを握るのは初めて」という小学生もいましたが、「ほんとに?」と思うくらい、なかなかさまになっていて、基盤に部品を上手に取り付けていました。
でき上ったのは、光センサーを組み込んだ「電子サイコロ」。モードの設定によって変わるセンサーの反応に参加した小学生は、興味深げでした。

工作体験の後は、交流高電圧装置(約130kv)が設置されている実験室で、「人工カミナリ」を体験。
発雷時の音とまぶしい光に、参加者は一様に驚いていました。また、カミナリなど、空気中に電流が流れると酸素がオゾンに変化し、微妙な臭いを発するとか。マスクをちょっとだけずらして臭いを嗅いでみました(カミナリの臭い!?)。短い時間でしたが、電気の不思議や面白さなど、「電気はものづくりの宝庫」を感じてもらえた夏休みのひと時でした。