ブログ

ドローンの操作練習を行いました

3年生の農業科目「森林環境」の授業で、ドローンの操縦を行いました。

ドローンとは、プロペラを使った小型無人航空機のことですが、農業分野にも少しずつデジタル化が進み、省力化できるのではないかと期待が高まっています。

この日は、付属のコントローラーで操縦練習を行いつつ、上空から農薬散布に見立てた水による空中散布も実施しました。

生徒は、高度な自立操作システムを搭載した安定した飛行に驚きながらも、興味津々です。今後は、時間をかけ、生徒に操作の仕方を伝えていくことになります。