ブログ

第41回全国高校生プログラミングコンテスト優勝

未来のIT技術者の登竜門、全国高校生プログラミングコンテストが埼玉県大宮市で行われ、松山工業高校メカトロ部が5年ぶり2度目の優勝をすることができました。

このコンテストはサーバにアクセスして、出現したマップの中を完全に自作したAI(人工知能)プログラムを動作させます。

優勝したプログラムをメインで作成した情報電子科3年の松浦さんは、「2年ぶりの開催で、コロナ渦で部活動の活動時間が限られた中で、思うように練習ができないこともありましたが、自分たちなりに一生懸命努力して、その成果が出たので、とても良い思い出になりました。来年度にも後輩たちにつなげてほしいです。」と述べてくれてくれました。
参加した生徒たちは、熱心にプログラミングに取り組み、技術を向上させることができました。来年度は追われる立場となるため、連続優勝できるよう頑張ってほしいと思います。