「わくわくチャイナ」を実施しました

6月18日(木)、1年次「産業社会と人間」の授業では、本校中国語講師の張永慶先生と村尾幸美先生に「わくわくチャイナ」という題でご講演いただきました。
三密を回避するために、体育館で生徒間の距離をとって行いました。近年の中国における技術革新や日本語と中国語の違いを題材に、数多くの興味深いお話をしていただきました。

張先生・村尾先生、ありがとうございました。生徒は興味津々でした。

中国語では「勉強」と書いて「無理をする」と意味なんだそうです。面白いですね。

「ニイハオマ」は「お元気ですか?」という意味。「新居浜」と読みが似ていますね。

中国の蹴鞠「チエンズ」を紹介していただきました。床に落としたら負けなのだそうです。