地域の団体からマスクが届く

 

活気ある町づくりに貢献しようと、今年も生徒・教員が一丸となり取り組んでいるところです。

日頃、何かとお世話になっているJR近永駅近くにある地域交流施設「アエレールきほく」の指定管理者“ほっとホット”様から多くの手作りマスクを学校に寄贈いただきました。

次第にマスクも手に入るようになったと言え、感染予防のため生徒も教員もマスク着用で学校生活を送っている中、このような形で、地元の方からマスクをいただいたことは、マスクそのものをいただいた以上に、地域の皆様からの優しい心遣いがとてもうれしくてなりません。

いただいたマスク一つ一つが心を込め丁寧に作られ、包装されているのがすぐにわかりました。

このマスクは、今後大切に使わせていただきます。この場を借りお礼申し上げます。ありがとうございました。