「出前授業」を実施しました

 昨日(6月9日)に引き続き、本日(10日)「フードデザイン」(二年生普通科202HR)の授業において出前授業が行われました。伊予水引金封協同組合美結会より「えひめ伝統工芸士」今村八千代先生においでいただき、目で見て美しい食卓を作ることを目標に「お祝い箸袋」を作成しました。

 

  今村先生に教えていただいた結び方をアレンジして、お花を結んでみたり、鶴の大きさを変えたりと生徒一人一人の個性が光る箸袋が完成しました。

  今村先生は、「水引の大きさや和紙の配色などにそれぞれの想いが込められていて私も刺激を受けました。」と、嬉しい言葉をかけてくださいました。

また、水引で出来たシトラスリボンについてお話してくださいました。

 

 「シトラスリボン」とは、新型コロナウイルスの感染者や医療従事者らへの差別解消を目指す「シトラスリボン運動」に賛同しているという意思表示を表しています。運動は松山で始まりましたが、今は全国で取り上げられています。四国中央市では、地元の水引を使い「叶結び」で三つの輪を作って結んでいます。

 地元の伝統工芸品である水引を使いテーブルコーディネートの実習を行いましたが、楽しいだけで終わるのではなく、人権意識も高めることができました。お忙しい中、2日間にわたり本当にありがとうございました。