俳句部 博物館吟行会

9月5日(土)台風接近前の青空の下、俳句部は新居浜の愛媛県総合科学博物館へ、創作のヒントを探しに出かけました。

常設展の自然館、科学技術館、産業館はもちろんですが、この日は特別展示の「世界の昆虫」を堪能しました。とにかく美しい昆虫が展示されていました。

黄・青・緑・赤など、色彩豊かな無数のチョウやガ、ものさしよりも大きなナナフシ、最大から最小まで並ぶカブトムシやクワガタ、羽を広げたトンボやベニハゴロモ、エメラルドに輝くタマムシやコガネムシなど、見たことがなく感動しました。特に、青い光沢を持つ構造色のモルフォ蝶やアカバナテングハゴロモの極彩色、ヤンソニーテナガコガネの勇壮な前肢などに魅了されました。