防災教育HUG

6月26日金曜日の2年生のHR活動では、防災士の式地さんにご指導をいただきながら、HUG(避難所開設ゲーム)を行いました。 

3グループに分かれ、副担任の先生にも入っていただきながら、楽しくゲームに取り組みました。

 カードを読み上げる生徒が次々と避難者や避難所で起こりうる課題を読み上げていきます!

 とりのこ用紙を体育館に見立て、状況に応じて避難者を収めたり、課題に対処していくのですが・・

 初めての経験にあたふたする生徒たち・・。

 

 式地さんが、随時声をかけてアドバイスをしてくださいます!

 黒板を掲示板に見立てて、連絡事項を書いていきます。

 アナログな手法ですが、避難所では有効な連絡手段だそうです。

 

  式地さんから「このゲームを防災について考えるきっかけにしてください」という言葉をいただきました。

 総合的な探究の時間に防災学習に取り組んでいる2年生ですが、防災の知識はまだまだ伴っていません。

 しかし実際、災害が起きると大変なパニックの中、様々な問題を次々と処理していかなくてはならない、という実感につながったのではないでしょうか。