えひめマイスターによるパン・和菓子の実技指導始まる

北宇和高校生産食品科で、食品製造に関する本物の技術を学びませんか!!

今年も、パン職人と和菓子職人のお二人の先生にそれぞれ年間10回来校いただいての外部講師による実技指導が始まりました。

「生産食品科食品類型に入れば、何ができるようになるの?」という質問に対して、私たち教員は自信をもって、「パン製造と和菓子製造の知識・技術の基礎・基本をしっかり身に付けることができます。」と胸を張って伝えることができます。そういう私たちも日々勉強しています。おそらく、一番勉強になっているのは、私たち教員なのかもしれません。外部講師に頼るだけではなく、指導する側の教員も一緒に教わり、中には“技能士”の資格を取得した教員もいます。

職人の知識・技術を見ることで、将来の進路にもつながります。

まだまだ学校が再開したばかりで新型コロナウイルス感染拡大防止に細心の注意を払いながらの実習ですが、生徒たちも楽しみにしていた外部講師による講習会を始めることができるようになったことは大きな前進となったように思います。

今回、2年生は菓子パン、3年生は桜餅製造を行いましたが、何度も実習を重ね、自分のものとし、地域の方々に開放講座等を活用し、還元していきたいと考えています。