令和2年度 魅力化の取組

令和2年度松山商業高校魅力化推進地域連携協議会を開催しました。

8月28日(金)16:30~17:30

 本校会議室において、令和2年度松山商業高校魅力化推進地域連携協議会を開催しました。

 本会には、松山市等でご活躍されている方々、同窓会長、そして今年卒業した地域ビジネス科1期生にお集まりいただきました。平成29年度から設置された新学科「地域ビジネス科」の活動内容について報告した後、ご出席いただいた方々から、本校がより一層魅力的な学校になるためのアドバイスをいただきました。

紙のまちづくりコースにおける愛媛大学出前講義を実施しました

8月28日(金)、愛媛大学 深堀秀史 准教授にオンラインによる出前講義をしていただきました。工場見学の予習として、繊維や紙の作り方を学びました。事前にサンプルを持ってきていただき、生の楮(こうぞ)の皮と、蒸解した楮の違いを割いて確認をしたり、製紙の工程過程で紙がどのように変わっていくのかを実物を触って確認したりしました。今日学習したことを整理して、工場見学に行く準備をしていきたいと思います。

 

校内介護実習・演習(福祉サービス系列3年次生)

8月27日(木)

校内介護実習・演習

 3年次 第31日目 (最終日)

Web会議ツール:Zoomを利用し、つわぶき荘とリモートでのレクリエーションを実施しました。今年度は、新型コロナウイルス感染症対策として、校外での介護実習は行わず、すべて校内介護実習で代替しました。そのため、利用者さんに直接接しての介護実習を行うことができませんでした。最終日にリモートでの交流を実施し、利用者さんの笑顔を久しぶりに見ることができ、生徒も笑顔で実習を終えることができました。

交流の様子を八西CATVで放映していただきます。

今回の介護実習を通して、今後、介護の現場におけるICT機器の利用の必要性を感じました。遠く離れていても、楽しい時間を共有できるようになるために研鑽を積み、新しい介護の時代を担える人材になって欲しいと思います。

つわぶき荘の利用者のみな様・職員の皆様、貴重な体験をさせていただきまして本当にありがとうございました。

31日間という長い校内介護実習を頑張った3年次福祉サービス系列のみなさん、ほんとうにお疲れさまでした。

 

愛媛大学の「社会共創コンテスト2020」でグランプリをいただきました。

 高校生から地域課題解決に向けた発見や研究を募る愛媛大学の「社会共創コンテスト2020」地域課題部門で「グランプリ」をいただきました。本校の研究内容は、「パパイヤを栽培し、高齢化に伴う耕作放棄地増加などの課題解決に挑んだ」ものでした。

 全体の表彰式が中止となったため、校内での授賞式となりましたが、豪華な賞状を受け取り、生徒たちも実感がわいたようです。

 「私たちの取組が評価されて嬉しいです。これからも課題解決と普及活動に努めます。」と意気込みを語っていました。

 

 

西農大清掃

 朝からの強い陽射しに負けず、全校生徒で校内及び隣接した加茂川河川敷の大掃除を決行しました。2学期のスタート、そして9月9日(水)に予定している「運動会」に向けて生徒全員が心を込めて清掃活動にあたりました。保護者の皆様、地域の方々に爽やかな「西農」に触れていただけたらと思っております。 

電子顕微鏡説明(8/27)

株式会社 日立ハイテク様よりお借りしている電子顕微鏡を使って、電子顕微鏡の撮影原理の説明を1年生対象に行なっています。今日は生物基礎の時間を利用して、1年2組と8組で説明を行いました。今日の観察の材料はヒトスジシマカです。バイオミメティクスの例としてヒトスジシマカの口器の観察をしました。現在、蚊の口器を参考に痛くない注射針の開発が医療系企業で行われています。蚊はイソ吉草酸(足の裏の臭い)に寄ってくるという話をしたあとに、ヒトは開放血管系でなく閉鎖血管系で毛細血管があるはずなのに、なんで蚊は確実に血を吸うことができるのだろうという問いが生まれました。なぜ、蚊は毛細血管を外すことなくドンピシャに刺すことができるのか?考えてみてください。

SSH事業:SSH生徒研究発表大会の動画を視聴しました

毎年8月に神戸市で全国のSSH指定校されている学校の「スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表大会」が実施されています。しかし、今年は感染症拡大防止のためにオンラインでの開催となりました。ポスター発表の様子を録画し大会に参加しました。8月26日(水)の6限目に、2年生の「マルチサイエンスⅠ」の受講生が、大会の発表動画を視聴しました。現在「マルチサイエンスⅠ」では、テーマを設定し課題研究に取り組んでいるところです。発表を参考に今後のポスターのまとめ方や発表の仕方等参考にしていきたいと思います。

 

消費者教育講座

26日、愛媛県消費生活センターの星加様、原田様に来校いただき、1年生を対象とした消費者教育講座を実施していただきました。

感染症拡大防止及び熱中症予防対策として、情報教室で直接講義を受講する他、各クラスで、ZOOMを使って配信される映像を視聴するという形で受講しました。

愛媛県消費生活センターの活動内容について紹介していただいた後、契約に関する基本的な考え方、契約によって生じる権利や義務、未成年者取り消し、クーリングオフ、悪質商法、ネットショップの注意点等について、クイズ等を通して分かりやすく説明していただきました。

消費生活センターの職員の方から直接説明していただくことにより、消費者として気をつけなければいけないことを理解し、自立した消費者として行動するための心構えを身につけることができました。