カテゴリ:産業教育

校内企業説明会

春めいてきた上高校内で企業説明会が行われ
1・2年生全員が参加しました。

本人が希望する企業2社の方から実際に話がきけます。
資料やスライドをみながら熱心に耳を傾ける生徒が多くみられました。

自分の進路を考えるいいきっかけになったようです。

ひめ建新聞に吉田高校の記事が掲載されています

ひめ建新聞(令和2年度第2号)に吉田高校の大洲庁舎見学の記事が掲載されています。ぜひご覧ください。

ひめ建新聞は、愛媛県と愛媛県建設産業団体連合会が共同で制作されて、建設産業で働いている若い人たちへのインタビューや建設業の仕事の疑問に答えるなど、建設産業の魅力や役割を知ることができる新聞です。

モザンビークとの文化交流会を行いました

3月8日(月)に、国際教育部と生活部の生徒が文化交流会をオンラインで行いました。交流相手はモザンビークのフランシスコ・マニアンガ高校の生徒です。時差は7時間。準備万端で天ぷらの調理方法を教えて、それを見ながらモザンビークの高校生が天ぷらを調理しました。できた後は試食会タイム。そして、お互いの国の食をテーマに質問タイム。文化の違いを実感した楽しい交流会となりました。

インターンシップ報告会

2年生が、1年生に対して「インターンシップ報告会」を実施しました。2年生がインターンシップで学んだことや取り組み方などを1年生に情報提供することで1年生の進路意識を高めることができました。更に、インターンシップ感想文集も作成しました。2年生にとっても自身が体験した以外の職種についても知ることができています。就職のために何が必要なのか、何が足りないのかを理解している生徒もいました。とても、有意義なインターンシップになったようです。

愛媛大学出前講座

紙のまちづくりコース2年生を対象に愛媛大学 深堀 秀史 准教授 による出前講座を実施しました。講義内容は「機能紙(特殊紙)の機能と解説」についてでした。「トイレットペーパー・ティッシュペーパー・普通紙(上質紙・更紙など)」と「機能紙(特殊紙)」の線引きについて詳しく教えていただき、機能紙についての知識を深めることができました。繊維についても天然素材、人工素材などについて、現物や顕微鏡写真で分かりやすく説明してくださいました。実験では、難燃紙と普通紙の燃焼や、温度で色が変化するサーモクロミック紙などの体験をしました。青色の紙が37度くらいで白に変わるのを見た生徒は驚いていました。深堀先生には、お忙しい中、土居高等学校で講義をしていただき、誠にありがとうございました。