カテゴリ:学力向上

「カナダ海外研修」帰国後の活動

 昨年12月にカナダ海外研修に参加生徒は、帰国後の活動として、第2回クールジャパンコンテストにエントリーしました。クールとは「素晴らしい」「かっこいい」の意味で、コンテストの課題は「地域にあるクールジャパン資源の発掘とその背景にある歴史、伝統、文化、自然、人等を踏まえ外国人に効果的に伝えるストーリーを作成する」ことです。

 1月22日に愛南町在住のALT3名の方に、日本人だけが良いと思う魅力ではなく、世界の人々が良いと思う魅力を発見するために取材を行いました。カナダ研修と合わせて日本や愛南町の魅力を再発見することができ、今後は提言・提案をしていきたいと思います。また、1カ月ぶりに外国人の方と英会話を楽しむことができ、楽しく過ごすことができました。

総合的な探究の時間「3年生からのアドバイス」

総合的な探究の時間の学習成果のまとめとして、3年生から2年生に、進学や就職、残りの学校生活へのアドバイスをしてもらいました。

「進路の希望を明確にすること」「しっかり勉強すること」など、経験に基づいた貴重な言葉でした。2年生の心にも響いたと思います。最高学年に向けてしっかり準備をしてください。

オリンピック・パラリンピック推進事業 (ゴールボール競技)

 本日(1月22日)はオリンピック・パラリンピック推進事業の一環として

スポーツ健康類型の1,2年生がゴールボール競技を行いました。

ゴールボールとは、ボールの転がる音や選手同士のかけ声、

相手の動く物音、床の振動やラインの感触、視覚以外のすべての

感覚を研ぎ澄まし戦うパラリンピック競技です。

 

コート設営やルールなど初めてのことが多い中、

事前学習をしていた2年生が1年生を教えたり、

実際に練習したりして、試合まで行うことができました。

「授業改善推進事業公開授業」が行われました

 22日(水)6限目、「授業改善推進事業公開授業」として源代先生による「コミュニケーション英語Ⅰ」の授業が101HRで行われました。

 

 ICTを活用し、作成してきたサマリー(要約)をクラスで共有させるなど、生徒による主体的な活動が行われました。一人ひとりが生き生きと活発に活動できました。

 

「芸術発表会2020第25回情報デザイン卒業制作展」が終了しました

 21日(火)13時、「芸術発表会2020情報デザイン卒業制作展」が終了しました。

  商業科3年生の皆さん、文化部の皆さん、先生方、お疲れ様でした。多くの方々に御来場いただき、作品を見ていただき、これまで積み重ねてきたことへの自信と今後の励みになったことと思います。今回、学んだことをこれからの生活の中で生かしていってください。

 

令和元年度「少年式記念講演会」(一般公開)の御案内

今年度の「少年式」では、現在、ドイツの研究所で人工知能の研究者として活躍している本校の卒業生を講師に招いて、下記の要領で記念講演会を実施いたします。

一般公開いたしますので、参加を御希望の方は係まで電話にて御連絡ください。

 記

1 講師 石丸翔也(いしまる しょうや) 氏(工学博士・本校2期生)

カイザースラウテルン工科大学(ドイツ)史上最速・最多業績での博士号取得(27歳)

ドイツでは、博士号を取得すると、お祝いに教授たちから、業績をアレンジした手作り の「博士帽」を贈られるそうです。

(略歴)

1991年愛媛県生まれ。

2016年大阪府立大学大学院博士前期課程修了。

2014年より慶應義塾大学KMD研究所リサーチャー。

2016年より大阪府立大学客員研究員。

2016年よりカイザースラウテルン工科大学リサーチアソシエイト。

IPA (独立行政法人情報処理推進機構)未踏スーパークリエータ。

2019年カイザースラウテルン工科大学(ドイツ)より博士号授与

 

2 演題 「世界に出よう -少年の日に思うこと- 」

(海外で学び、働くことで得られるものを中心にした講演です。)

 3 日時 令和2年2月5日(水)9:00~10:00

 4 会場 愛媛県立松山西中等教育学校体育館

 

<お問い合わせ先>

愛媛県立松山西中等教育学校「少年式講演会」係  TEL.089-922-8931

 

留学生が来ました

1月20日(月)~2月6日(木)まで、短期留学生のヤーナさんが一緒に勉強することになりました。ヤーナさんはフィリピン出身で日本語も学んでいるそうです。自己紹介のときは少し緊張ぎみでしたが、1年生と一緒に授業を受けたり昼食を取ったりしてすぐに打ち解けていました。

 

グローバルGAP審査会

1月20日にグローバルGAP審査会が川之石高校で行われました。


今年度も昨年と同様11品目の柑橘の認証取得を目指しました。

 

審査員から厳しい質問が相次ぐ中、

リーダーをはじめ周りの生徒が協力して

審査会がスムーズにすすみました。

 

ご協力いただいた方々ありがとうございました。

今後も、より良い柑橘園を目指し、リスクを削減していきたいと思います。

アンサンブルコンテスト県大会で2団体が金賞を受賞し、四国大会に出場します

1月19日(日)、松山市総合コミュニティセンターキャメリアホールにて「第43回全日本アンサンブルコンテスト愛媛県大会」が開催され、本校からはフルート4重奏、木管3重奏、クラリネット3重奏、金管8重奏の4団体が出場しました。

(クラリネット三重奏) 金賞受賞 四国大会出場

 

(フルート四重奏) 銅賞受賞 

 

(金管八重奏) 金賞受賞 四国大会出場

 

(木管三重奏) 銅賞受賞  

 
 「結果は、フルート4重奏が銅賞、木管3重奏が銅賞、クラリネット3重奏が金賞代表、金管8重奏が金賞代表となりました。ご指導いただいた先生方、応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。今後とも吹奏楽部をよろしくお願いいたします。」(顧問 岡﨑先生)

  四国大会(2月9日・徳島県鳴門市文化会館)出場おめでとうございます!さらなる活躍を期待しています。がんばってください!

Cross-Cultural Understanding Day

本日(1月16日)の5・6限目に、2年生英語理解類型が、4人のALTを東温高校にお招きし、文化理解交流を行いました。5時間目は、ALTのそれぞれの出身国のクリスマスやスポーツなどについてのプレゼンテーションを聞きました。生徒たちは、積極的に英語で発言しようとしていました。6時間目は、英語理解類型の生徒たちによる日本文化の紹介を行いました。英語でコミュニケーションをとるだけでなく、一緒に書道や福笑いなど活動を通して交流を深めることができました。