カテゴリ:学力向上

初任者研修修了証書・医療的ケア基本研修修了証書授与式

2月26日(水)3年次生の福祉サービス系列選択者14名が、校長先生からそれぞれの研修の修了証書を授与されました。どちらの研修も今後、介護福祉職として働くうえで必要となる資格です。

校長先生から人を思いやるやさしさや周りの人への感謝の気持ちをもち、社会に出ても頑張るようにとお言葉をいただきました。

これから社会に出て学んだことをしっかりと発揮してくれることを期待しています。

 

女子中高生のための工業都市東予・春の学校に参加しました

2月22日(土)に新居浜工業高等専門学校で「女子中高生のための工業都市東予・春の学校」がありました。新居浜工業高等専門学校とはSSHの課題研究で連携しており、9本の課題研究をまとめることができました。理系女子を応援する取組として、機械工学科と連携しリハビリにおける選択的トレーニング機器の謎について研究をしました。

先輩理系女性による講演・交流会

★株式会社コーセー 執行役員 情報総括部 部長

 「人生のかじ取りはみずからが行うべし」

★愛媛大学プロテオサイエンスセンター 生体超分子研究部門 准教授

 「女性研究者への道のりと生命科学分野の研究ワールド」

★新居浜工業高等専門学校 機械工学科 5年生

 「やりたいことって何だろう?気づける自分になる」

 

 

「出前授業」が行われました。

 本日(20日)の普通科2年生の「フードデザイン」(201、202HR)の授業において「出前授業」が行われました。「カイナン」より和田美登里先生においでいただき、食卓を彩るテーブルコーディネートの大切な要素の一つとして、基本のフラワーアレンジメントを教えていただきました。

  基本を教えていただいた後、一人ひとりがアレンジメントに挑戦しました。同じ花材でも配色や配置の違いで、表情も異なり、「自分のアレンジメント」が完成しました。少しの工夫で食卓をおいしく豊かな気持ちで彩ることができるフラワーアレンジメントの方法を学ぶことができ、大変勉強になりました。今日、学んだことを今後の生活の中で取り入れていきたいです。

 

進路決定者座談会を行いました

2月20日(木)の7限目に2年生対象に「進路決定者座談会」を行いました。AO入試や推薦入試で進路が決定した3年生6名を講師とし、志望校の決定の仕方やどんな準備をしてきたかなど、具体的な対応の話がありました。生徒はメモを取りながら真剣に聞いていました。

 

SSH研究成果報告会がありました

2月19日(木)に西条総合文化会館で「令和元年度 SSH研究成果報告会」を行いました。1年間「マルチサイエンスⅠ」と「有法子」とで取り組んできた課題研究を発表しました。

ポスター発表

2年生「マルチサイエンスⅠ」62本

1年生「有法子」65本

ステージ発表9本(松山南高校1本)

 

 

福祉サービス系列演習

3年次福祉サービス系列です。
家庭学習期間(2月17日)ですが

毎日登校し、医療的ケアの演習を行っています。

 

専門的な知識を深められるよう、頑張ります!!

 

経管栄養の準備をしています。

「愛媛県学生書道展」で表彰されました

 2月16日(日)愛媛県美術館で「愛媛県学生書道展」の表彰式が行われました。
今大会で第3位にあたる愛媛県教育委員会教育長賞に、本校2年生の森実佑芽子さんが選ばれました。会場には特別賞に選ばれた1年三宅瑠偉さんと秀作賞に選ばれたら2年森川愛梨さん、2年菊池花乃さん、1年石村萌衣さんの作品が展示されていました。

 

 本校書道部にとって、本大会が今年度最後の大会でした。来年度に向けて、更なる成長を期待し、今後も地道に練習に励みたいと思います。

有法子「プレ課題研究」発表会がありました

2月13日(木)の6限目に1年生による有法子「プレ課題研究」発表会を実施しました。4つのテーマ「防災」「医療」「国際」「経済」の講義をもとに、各班が設定した課題に対して研究し、ポスターにまとめました。初めての課題研究ではありましたが、どの班もしっかりと発表することができていました。

 

英語ディベートKeep Upセミナーに参加しました

11日、西条高校で実施された英語ディベート Keep Up セミナーに、本校の1年生3名が参加しました。

3名の生徒の感想です。

・他校の生徒との交流が楽しかったです。また、他校のレベルの高さに圧倒されました。自分もディベートの練習などを重ね、レベルを上げた上でもう一度挑戦したいです。

・英語の難しさ、楽しさを知ることができました。同じ1年生でも知っている単語の幅が違っていて、自分ももっと頑張らなければならないと痛感しました。今回の経験を活かしてこれからも英語を楽しみたいです。

・咄嗟に考えてそれを英語にし、相手に伝えることの難しさを学びました。Speaking 中心のセミナーで自分の弱点が分かりました。これからは弱点を克服できるよう、この経験を活かしていきたいです。

英語ディベートKeep Up セミナーがありました

2月11日(火)に道前会館2階で、「英語ディベートKeep Up セミナー」がありました。このセミナーは、昨年10月に実施された「高校生英語ディベート・コンテスト」に出場した高校を対象とし、英語ディベート能力の維持・向上を目的としたものです。本校と新居浜西高校、今治西高校の3校が参加しました。次は3月20日(金)に実施する予定です。

 

 

「社会人セミナー」が行われました

 10日(月)、ハローワーク四国中央より深川良和先生、戸田敦子先生においでいただき、卒業後就職する3年生に向けて「社会人セミナー」が行われました。

 

 労働3法の中で、「労働基準法」について学習しました。

働くために必要な労働契約の7ポイントについて教えていただきました。

1 労働条件を文書を示さなければいけない。

2 就業場所

3 就業時間

4 給与の支払い

5 会社の退職のルール

6 就業規則

7 割増賃金

 社会人として必要な知識やハローワークの利用方法について真剣な態度で聞き、理解することができました。就職した際に役立てていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

「年金セミナー」が行われました

 10日(月)は3年生の登校日でした。1限目に、日本年金機構新居浜年金事務所より金並先生においでいただき、「年金セミナー」が行われました。

 

 年金制度について分かりやすく教えていただきました。将来の生活のために、正しく知り、年金を納め、受給されるようにしたいです。

 

 

 

 

1年生Online英会話

2月10日(月)より1年生は今年3回目のOnline英会話の授業を受けています。回を増す毎に積極的に英会話を行うことができるようになってきました。今回は2学期に習った文法項目の復習も交えた英会話を行いました。

「第43回全日本アンサンブルコンテスト四国支部大会」に出場しました


 2月9日(日)鳴門市文化会館で開催された「第43回全日本アンサンブルコンテスト四国支部大会」に、本校吹奏楽部から金管8重奏とクラリネット3重奏が出場しました。
結果は、金管8重奏が銅賞、クラリネット3重奏が銀賞となりました。

  生徒たちは、目標にしていた全国に届かず、とても悔しい想いをしました。今は悔しい想いでいっぱいですが、もう少し時間が経つと自分たちの成長にもたくさん気が付くことと思います。
 また四国支部大会まで進めたのは11名だけでしたが、地区大会からのアンサンブルコンテストを通して部員全員が大きく成長することができました。ご指導くださった先生方、応援してくださる皆様のお陰です。本当にありがとうございました。各大会で審査員の先生よりいただいた課題は、顧問への課題として今日から全体練習に戻りたいと思います。今後とも吹奏楽部をよろしくお願いいたします。

 

商業科課題研究発表会がありました

2月8日(土)に西条総合文化会館で、「令和元年度 商業科課題研究発表会」を実施しました。午前中4本の研究発表の後、質疑応答と講師の方々からアドバイスをいただきました。また、午後からは研究班による作品・開発商品等の紹介をしました。

発表内容 Love in Saijo Project ~地域を創る人間力を持った人財になるための実践活動~

・「餅つき」による地域交流の推進と伝統ある「石鎚黒茶」の継承

・「輝安KOU房活動中」~市之川産輝安鉱の新しい価値の創造~

・「西条名産」西条産海苔と絹かわなすを探る

・「高校生カフェ」による地域振興

 

スーパーハイスクールコンソーシアム

宇和文化会館でスーパーハイスクールコンソーシアムが開かれ、本校生徒も参加しました。
SSH,SGH,SPH指定校などの発表、各校のポスター発表、パネルディスカッションが行われました。
本校からも9人の生徒が発表しました。

桜が丘タイム発表会

桜が丘タイム(総合的な学習の時間)の発表会が行われました。
2年生が一年かけて取り組んできた課題研究を、1年生を交えてポスターとスライドで発表しました。
地域の方々に教えてもらったり、外国の観光客にアンケートをとったりもしており、有意義な発表会になりました。

少年式記念講演会の様子

中高一貫教育校である本校では、少年式を行っています。今年は2月5日(水)に実施しました。

その記念講演の講師として、本校の2期生で現在、ドイツ人工知能研究センターで研究者をしている石丸翔也氏(28歳)を招いて、「世界に出ようー少年の日に思うことー」という演題で、前期課程生徒全員と保護者を対象とする講演をしていただきました。当日は、後期課程の保護者も含めて多数の保護者の参加がありました。

最初に、今取り組んでいる人工知能の説明があり、それからドイツでの生活を紹介されました。

石丸さんの研究室からの、今の眺め。

鉄道割引会員の更新費を払い忘れていて、裁判所から手紙が届きました。貼られている切手に「ドイツ人のユーモア」がうかがえます。

「英語で「教わる」ことと「教える」ことは違う。」

「研究者としての立場があがればあがるほど、コミュニケーション能力や調整能力が求められる。」

「自分が好きなことの軸を持つ。それがぶれなければ、やりたいことはどんどん変わっても大丈夫。結果として、良い方向へ進んでいける。」

など、大切なことをたくさん教えていただきました。

講演後の質疑応答の時間では、生徒から時間いっぱいたくさんの質問がだされ、すべての質問に丁寧に真剣に答えていただきました。

 

先輩からのアドバイス

4日(火)、「総合的な学習の時間」に、「先輩からのアドバイス」として、2年生の各クラスに、3年生の生徒の代表者とホームルーム担任が赴き、主に進路実現に関するアドバイスを行いました。

推薦入試、AO入試、一般入試、就職試験で既に進路先を決定している生徒が、あらかじめ作成した資料に基づき、自分の経験から後輩にとって役に立ちそうなことを説明しました。

2年生も間近に迫ってきた進路実現に向けて真剣な表情で耳を傾け、貴重な時間となりました。