カテゴリ:学力向上

初任者研修修了証書・医療的ケア基本研修修了証書授与式

2月26日(水)3年次生の福祉サービス系列選択者14名が、校長先生からそれぞれの研修の修了証書を授与されました。どちらの研修も今後、介護福祉職として働くうえで必要となる資格です。

校長先生から人を思いやるやさしさや周りの人への感謝の気持ちをもち、社会に出ても頑張るようにとお言葉をいただきました。

これから社会に出て学んだことをしっかりと発揮してくれることを期待しています。

 

女子中高生のための工業都市東予・春の学校に参加しました

2月22日(土)に新居浜工業高等専門学校で「女子中高生のための工業都市東予・春の学校」がありました。新居浜工業高等専門学校とはSSHの課題研究で連携しており、9本の課題研究をまとめることができました。理系女子を応援する取組として、機械工学科と連携しリハビリにおける選択的トレーニング機器の謎について研究をしました。

先輩理系女性による講演・交流会

★株式会社コーセー 執行役員 情報総括部 部長

 「人生のかじ取りはみずからが行うべし」

★愛媛大学プロテオサイエンスセンター 生体超分子研究部門 准教授

 「女性研究者への道のりと生命科学分野の研究ワールド」

★新居浜工業高等専門学校 機械工学科 5年生

 「やりたいことって何だろう?気づける自分になる」

 

 

「出前授業」が行われました。

 本日(20日)の普通科2年生の「フードデザイン」(201、202HR)の授業において「出前授業」が行われました。「カイナン」より和田美登里先生においでいただき、食卓を彩るテーブルコーディネートの大切な要素の一つとして、基本のフラワーアレンジメントを教えていただきました。

  基本を教えていただいた後、一人ひとりがアレンジメントに挑戦しました。同じ花材でも配色や配置の違いで、表情も異なり、「自分のアレンジメント」が完成しました。少しの工夫で食卓をおいしく豊かな気持ちで彩ることができるフラワーアレンジメントの方法を学ぶことができ、大変勉強になりました。今日、学んだことを今後の生活の中で取り入れていきたいです。

 

進路決定者座談会を行いました

2月20日(木)の7限目に2年生対象に「進路決定者座談会」を行いました。AO入試や推薦入試で進路が決定した3年生6名を講師とし、志望校の決定の仕方やどんな準備をしてきたかなど、具体的な対応の話がありました。生徒はメモを取りながら真剣に聞いていました。

 

SSH研究成果報告会がありました

2月19日(木)に西条総合文化会館で「令和元年度 SSH研究成果報告会」を行いました。1年間「マルチサイエンスⅠ」と「有法子」とで取り組んできた課題研究を発表しました。

ポスター発表

2年生「マルチサイエンスⅠ」62本

1年生「有法子」65本

ステージ発表9本(松山南高校1本)

 

 

福祉サービス系列演習

3年次福祉サービス系列です。
家庭学習期間(2月17日)ですが

毎日登校し、医療的ケアの演習を行っています。

 

専門的な知識を深められるよう、頑張ります!!

 

経管栄養の準備をしています。

「愛媛県学生書道展」で表彰されました

 2月16日(日)愛媛県美術館で「愛媛県学生書道展」の表彰式が行われました。
今大会で第3位にあたる愛媛県教育委員会教育長賞に、本校2年生の森実佑芽子さんが選ばれました。会場には特別賞に選ばれた1年三宅瑠偉さんと秀作賞に選ばれたら2年森川愛梨さん、2年菊池花乃さん、1年石村萌衣さんの作品が展示されていました。

 

 本校書道部にとって、本大会が今年度最後の大会でした。来年度に向けて、更なる成長を期待し、今後も地道に練習に励みたいと思います。

有法子「プレ課題研究」発表会がありました

2月13日(木)の6限目に1年生による有法子「プレ課題研究」発表会を実施しました。4つのテーマ「防災」「医療」「国際」「経済」の講義をもとに、各班が設定した課題に対して研究し、ポスターにまとめました。初めての課題研究ではありましたが、どの班もしっかりと発表することができていました。

 

英語ディベートKeep Upセミナーに参加しました

11日、西条高校で実施された英語ディベート Keep Up セミナーに、本校の1年生3名が参加しました。

3名の生徒の感想です。

・他校の生徒との交流が楽しかったです。また、他校のレベルの高さに圧倒されました。自分もディベートの練習などを重ね、レベルを上げた上でもう一度挑戦したいです。

・英語の難しさ、楽しさを知ることができました。同じ1年生でも知っている単語の幅が違っていて、自分ももっと頑張らなければならないと痛感しました。今回の経験を活かしてこれからも英語を楽しみたいです。

・咄嗟に考えてそれを英語にし、相手に伝えることの難しさを学びました。Speaking 中心のセミナーで自分の弱点が分かりました。これからは弱点を克服できるよう、この経験を活かしていきたいです。

英語ディベートKeep Up セミナーがありました

2月11日(火)に道前会館2階で、「英語ディベートKeep Up セミナー」がありました。このセミナーは、昨年10月に実施された「高校生英語ディベート・コンテスト」に出場した高校を対象とし、英語ディベート能力の維持・向上を目的としたものです。本校と新居浜西高校、今治西高校の3校が参加しました。次は3月20日(金)に実施する予定です。

 

 

「社会人セミナー」が行われました

 10日(月)、ハローワーク四国中央より深川良和先生、戸田敦子先生においでいただき、卒業後就職する3年生に向けて「社会人セミナー」が行われました。

 

 労働3法の中で、「労働基準法」について学習しました。

働くために必要な労働契約の7ポイントについて教えていただきました。

1 労働条件を文書を示さなければいけない。

2 就業場所

3 就業時間

4 給与の支払い

5 会社の退職のルール

6 就業規則

7 割増賃金

 社会人として必要な知識やハローワークの利用方法について真剣な態度で聞き、理解することができました。就職した際に役立てていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

「年金セミナー」が行われました

 10日(月)は3年生の登校日でした。1限目に、日本年金機構新居浜年金事務所より金並先生においでいただき、「年金セミナー」が行われました。

 

 年金制度について分かりやすく教えていただきました。将来の生活のために、正しく知り、年金を納め、受給されるようにしたいです。

 

 

 

 

1年生Online英会話

2月10日(月)より1年生は今年3回目のOnline英会話の授業を受けています。回を増す毎に積極的に英会話を行うことができるようになってきました。今回は2学期に習った文法項目の復習も交えた英会話を行いました。

「第43回全日本アンサンブルコンテスト四国支部大会」に出場しました


 2月9日(日)鳴門市文化会館で開催された「第43回全日本アンサンブルコンテスト四国支部大会」に、本校吹奏楽部から金管8重奏とクラリネット3重奏が出場しました。
結果は、金管8重奏が銅賞、クラリネット3重奏が銀賞となりました。

  生徒たちは、目標にしていた全国に届かず、とても悔しい想いをしました。今は悔しい想いでいっぱいですが、もう少し時間が経つと自分たちの成長にもたくさん気が付くことと思います。
 また四国支部大会まで進めたのは11名だけでしたが、地区大会からのアンサンブルコンテストを通して部員全員が大きく成長することができました。ご指導くださった先生方、応援してくださる皆様のお陰です。本当にありがとうございました。各大会で審査員の先生よりいただいた課題は、顧問への課題として今日から全体練習に戻りたいと思います。今後とも吹奏楽部をよろしくお願いいたします。

 

商業科課題研究発表会がありました

2月8日(土)に西条総合文化会館で、「令和元年度 商業科課題研究発表会」を実施しました。午前中4本の研究発表の後、質疑応答と講師の方々からアドバイスをいただきました。また、午後からは研究班による作品・開発商品等の紹介をしました。

発表内容 Love in Saijo Project ~地域を創る人間力を持った人財になるための実践活動~

・「餅つき」による地域交流の推進と伝統ある「石鎚黒茶」の継承

・「輝安KOU房活動中」~市之川産輝安鉱の新しい価値の創造~

・「西条名産」西条産海苔と絹かわなすを探る

・「高校生カフェ」による地域振興

 

スーパーハイスクールコンソーシアム

宇和文化会館でスーパーハイスクールコンソーシアムが開かれ、本校生徒も参加しました。
SSH,SGH,SPH指定校などの発表、各校のポスター発表、パネルディスカッションが行われました。
本校からも9人の生徒が発表しました。

桜が丘タイム発表会

桜が丘タイム(総合的な学習の時間)の発表会が行われました。
2年生が一年かけて取り組んできた課題研究を、1年生を交えてポスターとスライドで発表しました。
地域の方々に教えてもらったり、外国の観光客にアンケートをとったりもしており、有意義な発表会になりました。

少年式記念講演会の様子

中高一貫教育校である本校では、少年式を行っています。今年は2月5日(水)に実施しました。

その記念講演の講師として、本校の2期生で現在、ドイツ人工知能研究センターで研究者をしている石丸翔也氏(28歳)を招いて、「世界に出ようー少年の日に思うことー」という演題で、前期課程生徒全員と保護者を対象とする講演をしていただきました。当日は、後期課程の保護者も含めて多数の保護者の参加がありました。

最初に、今取り組んでいる人工知能の説明があり、それからドイツでの生活を紹介されました。

石丸さんの研究室からの、今の眺め。

鉄道割引会員の更新費を払い忘れていて、裁判所から手紙が届きました。貼られている切手に「ドイツ人のユーモア」がうかがえます。

「英語で「教わる」ことと「教える」ことは違う。」

「研究者としての立場があがればあがるほど、コミュニケーション能力や調整能力が求められる。」

「自分が好きなことの軸を持つ。それがぶれなければ、やりたいことはどんどん変わっても大丈夫。結果として、良い方向へ進んでいける。」

など、大切なことをたくさん教えていただきました。

講演後の質疑応答の時間では、生徒から時間いっぱいたくさんの質問がだされ、すべての質問に丁寧に真剣に答えていただきました。

 

先輩からのアドバイス

4日(火)、「総合的な学習の時間」に、「先輩からのアドバイス」として、2年生の各クラスに、3年生の生徒の代表者とホームルーム担任が赴き、主に進路実現に関するアドバイスを行いました。

推薦入試、AO入試、一般入試、就職試験で既に進路先を決定している生徒が、あらかじめ作成した資料に基づき、自分の経験から後輩にとって役に立ちそうなことを説明しました。

2年生も間近に迫ってきた進路実現に向けて真剣な表情で耳を傾け、貴重な時間となりました。

 

 

ふるさとの味研修会

日本農業遺産継承事業の一環として行われた

「ふるさとの味研修会」に参加してきました。

 

旬の物をたくさん使った献立や、郷土料理、品数の多さに感激しました。

 

参加した生徒は、各家庭で実践してみたいと言っていました。

就職ガイダンスを行いました

 3日(月)、本校において2限目から終日、就職ガイダンスが行われました。二年生の就職希望者49名が参加し、大原学園から三橋満夫先生、川上弘美先生、渡瀬一郎先生においでいただき、就職に関するお話やマナーや面接について教えていただきました。

 

  自己PRや志望動機を考えた後、午後からは模擬面接練習をしていただきました。

  仕事をすること、社会に出ることの意義や就職活動について詳しく知ることができるとともに、社会人として必要なマナーや、面接で大切なことを実践することができ、有意義なガイダンスでした。今日、教えていただいたことを、今後の進路選択に生かしていけるように日々頑張ってほしいと思います。

「Nikon Top Eye 全国高校生写真サミット2020」に参加してきました

 1月31日(金)から2月2日(日)まで、横浜で開催されたNikon Top Eye 全国高校生写真サミット2020に写真部の2年生3名が参加してきました。このサミットは年間3回行われるコンテストでポイントを競い、上位15校のみが参加できる大会です。1回勝負のコンテストとは異なり、コンスタントに入賞が果たせなければ参加することができないため、全国的に見ても実力のある学校のみが集まる大変レベルの高い大会です。
 昨年度まではチーム対抗戦だったのですが、今年度からは参加生徒45名が5つのグループに分かれ、プロの写真家の先生の指導を受けながら個人で組写真を作成します。作品完成後は、全員の前で一人ずつプレゼンを行い、作品の意図を説明した後、講師の先生方から講評を受けるという、個人にシフトした大会になりました。
 普段は人物写真ばかり撮っている本校の生徒ですが今回は違うテーマで撮ってみようということで、3人とも心象写真にチャレンジしていました。生徒たちは朝の6時から夜の10時頃まで暇があれば撮影に勤しみ、顧問や写真家の先生のアドバイスを受けながら必死で作品づくりに取り組みました。どの学校の生徒の作品も驚くほどレベルが高く、本校の生徒たちも大変良い刺激を受けたようです。残念ながら入賞には至らなかったのですが、それ以上に学びの多い素晴らしい3日間になりました。

書道部員が「第28回国際高校選抜書展」で表彰されました。

 2月2日(日)に毎日新聞大阪本社で行われた「第28回国際高校選抜書展」表彰式に参加してきました。

 

<秀作賞> 福田 真子(三年)

<入選>  鈴木 樺乃(三年)  森実佑芽子(二年)  

      石村 萌衣(一年)  三宅 瑠偉(一年)

 5名の作品は大阪市立美術館に展示されました。

 

 

  「今年度は本校にとって厳しい結果でしたが、大阪で勉強してきたことを今後の作品制作に生かしていきたいと思います。」(顧問 福本温子先生)

えひめサイエンスチャレンジ2019に参加しました

2月2日(日)に愛媛大学でえひめサイエンスリーダースキルアッププログラム「えひめサイエンスチャレンジ2019」が実施されました。本校からプログラム参加部門に3作品、一般部門に5作品が参加しました。審査の結果プログラム参加部門で「銅樹はCuだけではなかった~組成と生成過程に注目して~」が、一般部門で「マグネシウム空気電池の改良」が優秀賞になりました。

 

「えひめサイエンスリーダースキルアッププログラム」に参加しました

2月2日日曜日に四名の生徒が「えひめサイエンスリーダースキルアッププログラム」に参加しました。三つの研究成果を発表し、一般部門では最優秀賞と優秀賞を、プログラム参加部門では奨励賞を受賞しました。指導助言を基に、更に研究を深めていきます。

主権者・消費者教育を行いました

1月31日(金)、3年生を対象に主権者・消費者教育を行いました。
「これから社会に出る皆さんへ」と題して、公民科の平井先生から、春から就職や進学する生徒に対して、住民票のこと、国民年金のこと、奨学金のこと、クレジットカードのこと・・・社会人となるにあたって気を付けることや注意しなければならないことなどを分かりやすく話してもらいました。

授業改善のための研究授業「理数生物」がありました

1月30日(木)2限に授業改善のための研究授業がありました。科目は「理数生物」で、主題は「シアノバクテリアと高等植物の共通点を探る」でした。イシクラゲとオオカナダモの大きさの測定結果や、光合成色素の分離の比較から細胞内共生説について考察する授業でした。

 

「えひめスーパーハイスクールコンソーシアムin東予」で発表しました

1月28日西条総合文化会館で「えひめスーパーハイスクールコンソーシアムin東予」がありました。展示では、商業科が職業学科の紹介と「地域に生き地域とともに歩む高校生育成事業」の活動報告をしました。また、ステージでは、SSH事業で化学部取り組んできた課題研究を発表しました。

 

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会まで半年!!

 先日、スポーツ健康類型1,2年生がオリンピック・パラリンピック推進事業でゴールボール競技のルールや運営方法を学習し、簡易ゲームを行いました。

そして、本日(1月24日)は、リーグ戦を行いました。

勝つためにはどのようなディフェンスが良いのか考えながら試合を行っていました。

また午前中には、1年生が体育でオリンピック・パラリンピックについて学びました。

卒業後も、様々な形でスポーツに関われるように楽しみながら学んでほしいと思います。

「カナダ海外研修」帰国後の活動

 昨年12月にカナダ海外研修に参加生徒は、帰国後の活動として、第2回クールジャパンコンテストにエントリーしました。クールとは「素晴らしい」「かっこいい」の意味で、コンテストの課題は「地域にあるクールジャパン資源の発掘とその背景にある歴史、伝統、文化、自然、人等を踏まえ外国人に効果的に伝えるストーリーを作成する」ことです。

 1月22日に愛南町在住のALT3名の方に、日本人だけが良いと思う魅力ではなく、世界の人々が良いと思う魅力を発見するために取材を行いました。カナダ研修と合わせて日本や愛南町の魅力を再発見することができ、今後は提言・提案をしていきたいと思います。また、1カ月ぶりに外国人の方と英会話を楽しむことができ、楽しく過ごすことができました。

総合的な探究の時間「3年生からのアドバイス」

総合的な探究の時間の学習成果のまとめとして、3年生から2年生に、進学や就職、残りの学校生活へのアドバイスをしてもらいました。

「進路の希望を明確にすること」「しっかり勉強すること」など、経験に基づいた貴重な言葉でした。2年生の心にも響いたと思います。最高学年に向けてしっかり準備をしてください。

オリンピック・パラリンピック推進事業 (ゴールボール競技)

 本日(1月22日)はオリンピック・パラリンピック推進事業の一環として

スポーツ健康類型の1,2年生がゴールボール競技を行いました。

ゴールボールとは、ボールの転がる音や選手同士のかけ声、

相手の動く物音、床の振動やラインの感触、視覚以外のすべての

感覚を研ぎ澄まし戦うパラリンピック競技です。

 

コート設営やルールなど初めてのことが多い中、

事前学習をしていた2年生が1年生を教えたり、

実際に練習したりして、試合まで行うことができました。

「授業改善推進事業公開授業」が行われました

 22日(水)6限目、「授業改善推進事業公開授業」として源代先生による「コミュニケーション英語Ⅰ」の授業が101HRで行われました。

 

 ICTを活用し、作成してきたサマリー(要約)をクラスで共有させるなど、生徒による主体的な活動が行われました。一人ひとりが生き生きと活発に活動できました。

 

「芸術発表会2020第25回情報デザイン卒業制作展」が終了しました

 21日(火)13時、「芸術発表会2020情報デザイン卒業制作展」が終了しました。

  商業科3年生の皆さん、文化部の皆さん、先生方、お疲れ様でした。多くの方々に御来場いただき、作品を見ていただき、これまで積み重ねてきたことへの自信と今後の励みになったことと思います。今回、学んだことをこれからの生活の中で生かしていってください。

 

令和元年度「少年式記念講演会」(一般公開)の御案内

今年度の「少年式」では、現在、ドイツの研究所で人工知能の研究者として活躍している本校の卒業生を講師に招いて、下記の要領で記念講演会を実施いたします。

一般公開いたしますので、参加を御希望の方は係まで電話にて御連絡ください。

 記

1 講師 石丸翔也(いしまる しょうや) 氏(工学博士・本校2期生)

カイザースラウテルン工科大学(ドイツ)史上最速・最多業績での博士号取得(27歳)

ドイツでは、博士号を取得すると、お祝いに教授たちから、業績をアレンジした手作り の「博士帽」を贈られるそうです。

(略歴)

1991年愛媛県生まれ。

2016年大阪府立大学大学院博士前期課程修了。

2014年より慶應義塾大学KMD研究所リサーチャー。

2016年より大阪府立大学客員研究員。

2016年よりカイザースラウテルン工科大学リサーチアソシエイト。

IPA (独立行政法人情報処理推進機構)未踏スーパークリエータ。

2019年カイザースラウテルン工科大学(ドイツ)より博士号授与

 

2 演題 「世界に出よう -少年の日に思うこと- 」

(海外で学び、働くことで得られるものを中心にした講演です。)

 3 日時 令和2年2月5日(水)9:00~10:00

 4 会場 愛媛県立松山西中等教育学校体育館

 

<お問い合わせ先>

愛媛県立松山西中等教育学校「少年式講演会」係  TEL.089-922-8931

 

留学生が来ました

1月20日(月)~2月6日(木)まで、短期留学生のヤーナさんが一緒に勉強することになりました。ヤーナさんはフィリピン出身で日本語も学んでいるそうです。自己紹介のときは少し緊張ぎみでしたが、1年生と一緒に授業を受けたり昼食を取ったりしてすぐに打ち解けていました。

 

グローバルGAP審査会

1月20日にグローバルGAP審査会が川之石高校で行われました。


今年度も昨年と同様11品目の柑橘の認証取得を目指しました。

 

審査員から厳しい質問が相次ぐ中、

リーダーをはじめ周りの生徒が協力して

審査会がスムーズにすすみました。

 

ご協力いただいた方々ありがとうございました。

今後も、より良い柑橘園を目指し、リスクを削減していきたいと思います。

アンサンブルコンテスト県大会で2団体が金賞を受賞し、四国大会に出場します

1月19日(日)、松山市総合コミュニティセンターキャメリアホールにて「第43回全日本アンサンブルコンテスト愛媛県大会」が開催され、本校からはフルート4重奏、木管3重奏、クラリネット3重奏、金管8重奏の4団体が出場しました。

(クラリネット三重奏) 金賞受賞 四国大会出場

 

(フルート四重奏) 銅賞受賞 

 

(金管八重奏) 金賞受賞 四国大会出場

 

(木管三重奏) 銅賞受賞  

 
 「結果は、フルート4重奏が銅賞、木管3重奏が銅賞、クラリネット3重奏が金賞代表、金管8重奏が金賞代表となりました。ご指導いただいた先生方、応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。今後とも吹奏楽部をよろしくお願いいたします。」(顧問 岡﨑先生)

  四国大会(2月9日・徳島県鳴門市文化会館)出場おめでとうございます!さらなる活躍を期待しています。がんばってください!

Cross-Cultural Understanding Day

本日(1月16日)の5・6限目に、2年生英語理解類型が、4人のALTを東温高校にお招きし、文化理解交流を行いました。5時間目は、ALTのそれぞれの出身国のクリスマスやスポーツなどについてのプレゼンテーションを聞きました。生徒たちは、積極的に英語で発言しようとしていました。6時間目は、英語理解類型の生徒たちによる日本文化の紹介を行いました。英語でコミュニケーションをとるだけでなく、一緒に書道や福笑いなど活動を通して交流を深めることができました。

1・2年対象の専門講座がありました

1月16日(木)の6限目に1年生「有法子」2年生「マルチサイエンスⅠ」で希望者対象の「専門講座」がありました。今回の講師は、愛媛新聞「もっと新聞キャンペーン」事務局 部長 大植美香氏と愛媛総合科学博物館 学芸課長 市川和夫氏でした。

「『新聞はこう読もう』~読み方、役立て方&記者の仕事~」

愛媛新聞「もっと新聞キャンペーン」事務局 部長 大植美香氏

新聞の特徴や有用性に触れながら、読み方のポイントなどを開設してくれました。

「『相手に伝わるポスター制作、プレゼンテーション術』スキルアップ」

愛媛総合科学博物館 学芸課長 市川和夫氏

グラフの使い方、構成などポスター制作のポイントや、プレゼンテーション術について説明してくれました。

 

ビジネスマナー講座(商業科 3年生)

1月15日(水)、松山東雲短期大学の桐木陽子先生によるビジネスマナー講座が行われました。

本校の卒業生の話を聞いたり、ビデオを見たり、名刺交換などの体験をしました。

実社会で必要なことや、ちょっとした気配りなど、就職した際に気をつけることが多いということを改めて感じました。

新宮小・中学校と中高連携授業を行いました。

 14日、新宮小・中学生の中学部の皆さん17名、教職員の先生方、四国中市教育委員会の先生方を本校にお招きし、商業科2、3年生の生徒と電卓とワープロの授業を行いました。電卓の授業では日数計算や電卓の基本的な打ち方を学びました。電卓のホームポジションを学び、皆で楽しく学習することができました。また、ワープロの授業では入力技術を速くするためにはどうすればよいかを考えて、学習に取り組みました。本校生も中学生の皆さんも、一生懸命活動することができ、とても良い中高連携授業ができたと思います。

後期・第7回 金曜特別講座「東大版・心理学概論」

「東大版・心理学概論」

講師 本吉  勇 先生  東京大学教養学部統合自然科学科 准教授

 1月10日金曜日、東京大学の1・2年生向けの心理学概論のダイジェストとして、知覚、認識、記憶、意識、感情、思考、社会的認知といった基本的な心の機能に関する実験や理論の講義に、70名もの生徒が参加しました。

  生徒の感想に中に、「講義中のデモンストレーションを見て、自分の物の見方や自分の脳を信用するのは間違っているのかもしれないと衝撃を受けた。こんな感じ方をしたのは初めてだったので、いろいろな考え方に触れることは、自分の世界を変えることができるいいチャンスであると感じた。心理学の本を読んでみようと思う。」というものがありました。

 金曜特別講座は高校生・大学生が対象なので、内容が難しい部分もありますが、最先端の学びやそこからの気付きにあふれています。今回が今年度最後の金曜特別講座でしたが、来年度も楽しみに参加してください。きっと自分の成長を感じることができるはずです。

スコットランドで現地調査を行いました

9日、スコットランドでの研修の大きな目的である現地の方への聞き取り調査を行いました。

大王製紙さんから提供していただいた脱プラスチック製品の「紙のフォークとステック」を使ってソーセージを食べてもらうと「グッド」と言ってくれました。

生徒たちは、積極的に調査し、現地と人たちと交流しています。

川之江高校では、グローバル人財育成事業として、今年度はスコットランドで1月7日~12日の予定で現地研修を行っています。

スコットランドプログラム事前研修【最終】

24日、川之江高校グローバル人材育成事業~スコットランドプログラム~事前研修の最終研修が行われました。

参加生徒に「しおり」を配布し、最終確認を行いました。

なお、川之江高校グローバル人材育成事業~スコットランドプログラム~は、年明けの7日(火)~12日(日)の日程で実施します。

小論文講演会がありました

12月24日(火)2年生を対象に「小論文講演会」を実施しました。講師は学研教育みらいの波多野洋司先生で、志望理由書の書き方とその準備や小論文の書き方、最新重要テーマについて話してくれました。また、講演後は学部別に個別指導もしてくれました。

 

 

帰国報告会を開催しました。

 12月23日(月)蛍雪記念館にて、今年度様々な国へ短期研修、長期留学を体験した今治西高生が帰国体験報告を行いました。会場には西高生、教員だけでなく、地域の方、保護者の方、中学生にもお越しいただき、会は和やかな雰囲気で行われました。参加していただいた地域の皆様、ありがとうございました。

 今回は、今治市国際交流協会主催の姉妹都市レイクランド親善訪問団に参加した4名、愛媛県のハワイ派遣事業に参加した1名、YFUのドイツ長期留学を経験した1名、愛媛大学との高大連携事業グローバルサイエンスキャンプでインド・コルカタでの学会発表に参加した2名が報告を行いました。

 発表者はそれぞれに、工夫を凝らして発表しており、参加者は熱心に聞き入っていました。「ホストファミリーには様々なことを配慮してもらい、とても感謝している」「海外はイエス・ノーがはっきりした文化なので、自分の意見をはっきり言うことが必要」「海外で普段は出会えないような貴重な人々との出会いがあった。」「貧富の格差を感じ、今学校で勉強できていることがありがたいと感じた。将来は物乞いをしていた子供たちの助けになりたい。」「海外に行くチャンスはいろいろなところにあるので、それらを生かすことが大事」など、貴重な実体験から得られた感想を聞くことができました。

 終了後は、参加者から「どの発表も素晴らしかった、いい話を聞くことができてよかった。」などの感想が聞かれ、個別に発表者に熱心に質問している人々も見られました。

 このように、今治西高校から世界に羽ばたくチャンスはいくらでもあります。これからも、多くの生徒が様々なことに前向きにチャレンジし、体験報告してくれることを期待しています。

サイエンスキャッスル2019関西大会に参加

12月22日日曜日、大阪明星中学校・高等学校でサイエンスキャッスル2019関西大会が行われ、今治西高等学校生物部から6つの研究班が参加しポスター発表を行いました。

細菌班の研究はステージ上で口頭発表を行いました。

両発表とも貴重な意見を聞くことができたので、しっかりと研究班内でミーティングを行って今後の研究の調整を行っていきたいです。

元素検定スペシャル@愛媛に挑戦しました

12月22日(日)愛媛県総合科学博物館で「元素検定スペシャル@愛媛」がありました。「元素検定スペシャル@愛媛」は、元素や周期表にまつわる検定試験で四国初の開催となりました。化学部を含む9名が2級に挑戦しました。また、検定試験の後には、国際周期表実行委員長の玉尾晧平氏の講演もありました。玉尾氏は、「一家に1枚周期表」をリーダーとして企画・制作された方で、周期表の見方や極意、周期表から日本の科学技術について楽しく解説してくれました。

 

 

1年生Online英会話

12月13日から19日まで、普通科1年生6クラスは、Online英会話の授業を受けました。タブレットを使って、ネイティブの先生と1対1で行うOnline英会話の授業もこれで2回目です。今回のTopicはSpecial Day、クリスマスや誕生日などをテーマに25分間英会話を行いました。

1回目よりは、みんなスムーズに、楽しそうに英会話を行っていました。

次回は2月に行う予定です。

アラスカ・フォトライブを実施しました

 12月18日(水)、自然写真家の松本紀生先生を講師にお招きし、アラスカ・フォトライブを実施しました。松本先生は、1年の半分はアラスカで撮影をされており、「情熱大陸」など、TV番組にも多数出演されています。また、東京書籍のコミュニケーション英語Ⅲの教科書にも取り上げられています。当日は、島外生徒向けの学校説明会も行っていたため、中学生やその保護者の方にも鑑賞していただきました。アラスカで撮られた動物や自然、特にオーロラの写真には心を奪われました。本当にすばらしい経験となりました。

出前授業(広島大学)を実施しました

 12月18日(水)、機械造船科1年生が、広島大学教授 土井先生、北村先生より「輸送機器の構造と模型製作」と題して、出前授業をしていただきました。
 内容は、長さ200m程度の船の外板は、船の長さの1万分の1程度の厚さの薄い板でできているが、補強材を入れることで、十分な強度が確保できることを、A4用紙2枚を用いた模型製作を通じて体験するという内容でした。模型製作に少し苦労しましたが、とても分かりやすく楽しく学ぶことができました。

「出前授業」が行われました

 18日(水)、二年生普通科「フードデザイン」の授業において「出前授業」が行われました。
 愛媛調理製菓専門学校より佐々木先生、石山先生、迫田先生においでいただき、魚の基本的な調理方法を学びました。
 今回は鰺のおろし方を教えていただき、「鰺の香草パン粉焼き」「トマトソース」「グリーンサラダ」を各班で作りました。

  今日の実習、試食を通して、魚についての知識やさばき方等の理解が広がるとともに、おいしさも実感できたことと思います。次は家で挑戦してみてほしいです。

海外研修inカナダ 実施中です

南宇和高校教育振興協議会のご協力をいただき、本校では海外研修を行っています。今年もカナダに8名の生徒が研修に行っています。

 

2/18 カナダ海外研修6日目/カナダは12月17日火曜日AM11時30分 雨5℃/本日の研修は観光業についてです。場所はビクトリア北部、シュメイナス。林業で栄えていた町ですが、昔の産業や生活を建物の壁画に描き、多くの観光客が来るようになった町です。

12/16の3つ目の研修は、リッチモンド市スティーブストン村ジョージア湾缶詰工場で漁業について学習しました。その後、フェリーでビクトリアに渡りホテルにチェックインしました。

カナダは12月13日です。7時から朝食を行い、2日目は現地学校交流とグランビルアイランドの研修あと、2泊3日のホームステイが始まります。予定通り、全員、ホストファミリーと2泊3日のホームステイに向かいました。

 

 

英語授業

12月17日(火)5時間目 2年次生の英語表現Ⅱの教室の様子です。

storytelling(物語作成)に真剣に取り組んでいました。

個性豊かな物語が誕生しました。

難しいことに挑戦すると達成感があります。

「多言語音声翻訳コンテスト」で優秀賞になりました

12月14日(土)総務省主催の「多言語音声翻訳コンテスト」審査会・表彰式が東京都港区のTEPIAホールで実施されました。予選の中から21組(高校生3組、高専生2組、大学生5組、大学一般11組)が本戦に出場し、プレゼンテーションで多言語音声翻訳システムの活用法について発表しました。その結果、本校から応募していた作品が優秀賞(8作品)になりました。

 

台北市立建国高級中学(本校姉妹校)が来校し、国際交流

 12月12日(木)、本校の姉妹校である台北市立建国高級中学の生徒20名と校長先生をはじめ先生方3名の方々が本校に来られました。建国高級中学との交流は、SSH事業を通して平成25年度から始まり、本年度で7年目、10回目の交流となります。平成29年12月に姉妹校提携を締結しました。建国高級中学の生徒が本校を訪問するのは、昨年に続いて2回目です。木曜日、建国高級中学の生徒たちは、本校の生徒の自宅でホームステイし、交流を深めました。
 12月13日(金)は、歓迎セレモニー、授業体験交流、剣道・茶道体験、調理実習、ホームルーム活動など多くの生徒が、多くの交流を1日行いました。歓迎セレモニーには、「愛顔PR特命副知事」のみきゃんも同席し盛り上がった交流を行うことができました。本校の生徒は来年5月に建国高級中学を訪問します。今後もこのような国際交流を重ね、友情を深めていきたいと思います。


 

人権・同和教育学習会を行いました。

12月12日(木)、令和元年度の人権・同和教育学習会を行いました。

学習会では、フリーアナウンサーで尺八奏者でもある安田知博先生を講師にお招きして、「ユニバーサルディザインを目指して」という演題で、学生時代の体験を踏まえたお話などとともに、尺八も披露してくださいました。

安田先生、お忙しい中ありがとうございました。

 

「創造力無限大∞高校生ビジネスプラン・グランプリ」で表彰されました

12月10日(火)校長室にて日本政策金融公庫主催の「第7回 創造力無限大∞高校生ビジネスプラン・グランプリ」の表彰式がありました。本校商業科の「輝安KOU房」班が応募していた作品が「高校生ビジネスブラン・ベスト゜100」に選ばれました。

 

中高連携授業のお知らせをします

1月14日(月)に、新宮小・中学校の学生16名と教職員8名をお迎えして中高連携の授業を行います。そのため先日、その授業の内容について、本校教頭、教諭2名、商業科3年生代表者2名、新宮小・中学校長、四国中央市教育委員会で打ち合わせを行いました。

 授業では、日程及び授業の流れをフローチャートにして本校生徒が説明し、商業科で行っているタイピングや電卓を利用した四則計算やビジネス計算を体験して頂き、表計算ソフトを利用してグラフするという内容で授業を行うことになりました。

 中高連携の授業は昨年度から行っています。本校では、商業科2年生、3年生で授業を行います。生徒たちは来月の授業に向けて、一生懸命準備を行っています。

福祉選択表彰

第39回 障がい者福祉推進愛媛県大会にて

「心の輪を広げる体験作文」表彰式が行われました。

福祉サービス系列3年次が「高校・一般の部」において、

最優秀賞を受賞しました。
 
体験作文を発表する機会をいただきました。


誰もが「優しさの中で生きている」ことを

実感できる社会となるよう、僕自身頑張っていきます。

千町棚田再生プロジェクト

現在本校では、京都大学大学院地球環境学堂と連携して「千町棚田再生プロジェクト」の活動をしています。棚田の再生の第一歩として、田んぼに水を入れ畦塗りをした後、土壌や生物環境調査をすることになりました。12月6日(金)には、耕運機で土を耕し水を入れました。

 

大学連携講座(愛媛大学)を実施しました

12月5日(木)、機械造船科1年生の生徒が、「機械工学の魅力」と題して、愛媛大学理工学研究科教授 黄木先生に御講演をいただき、生徒は、最新の技術や機械工学の概要などの理解を深めることができました。また、「夢の技術・夢の機械」について、グループワークもあり、普段の学校の授業では受けることのできない内容でとても充実した時間となりました。

 

大学連携講座(広島大学)を実施しました

12月2日(月)、機械造船科1年生の生徒が、普段の学校の授業では受けることのできない大学教授による講義を受け、最新の技術や高度な技術への理解を深めることを目的に、大学連携講座に取り組みました。
「今日の造船業とその技術」と題して、広島大学名誉教授 小瀬先生に御講演をいただき、生徒は、世界における日本の造船業・操船シミュレータ・総合工学と一般工学の違い等について学ぶことができました。

2年生対象進路講演会

11月28日木曜日、2年生の学年集会時に進路講演会が実施され、高松高等予備校の太田浩二先生をお招きし、「進路実現に向けて」というテーマでご講演していただきました。

それぞれの進路実現に向けて日々の学習を頑張るとともに、まずは期末考査を頑張りましょう。

救命救急講習

11月26日火曜日、福祉サービス系列では救命救急講習を行いました。八幡浜消防第二分署より山本消防士さんにご来校頂きました。適切な回数と胸骨圧迫を行うことが大切です。

色をつけた水を出血に見立て、生命を脅かす出血量について目で確認しました。水道とホースを使って、圧迫止血の原理を学びました。

あっという間の3時間でした。誰かの命を助けられる技術と勇気を持った人になれるよう頑張ります!!

進路説明会を行いました

11月26日(火)1年生普通科の生徒を対象に、進路説明会を行いました。
総合的な探究の時間に各分野から講師の先生をお招きして、それぞれの分野について特徴やこれからどのように学習に取り組めばよいのかなどについて丁寧に指導していただきました。生徒たちにとって進路実現に向けてとても勉強になりました。

 

「医療者を目指す君たちへ」を開催しました!

11月23日(土)に、医療系学生による高校生向け出張授業「医療者を目指す君たちへ」を今治西高等学校で開催し、本校生徒32名(1年生16名、2年生16名)が参加しました。

 この企画は、IFMSA-JAPAN(国際医学生連盟日本)の中のSCOMEという委員会により実施されたもので、今年度は東京、大阪、福岡など8会場で開催されるうちの3回目に当たります。

【タイムスケジュール】

  SCOME紹介・アイスブレーキング

  リアル救急救命ゲーム

  事例から考える「良い医療者」とは?

   ~チーム医療とは?&寄り添うとは?~

  フリートーク ~大学生に実情を聞いてみよう~

 東北大学や愛媛大学、愛媛県立医療技術大学などから、医学部医学科、看護学科、薬学部など、多種多様な学部学科の学生に集まってもらい、進路選択、すなわち職種選択をする高校時代に、先人である医療系大学生から多くのことを学ぶことができる貴重な機会となりました。

【生徒アンケートより】

・実際に身近なところで救急救命が必要になったとき、どのように対処すればよいかを学びました。また、医療には今まで知らなかった職業の人たちも含めて本当にたくさんの人達が関わっていることや、医療者は患者さんとその家族ともきちんと向き合うことが大切であり、その病とだけ向き合っているわけではないことも学びました。

・ワークショップでは、認知症の母の介護に励む娘さんの話が印象的でした。私自身も、母が「名前を忘れられた」と泣いているのを見た経験があります。しかし、その当時はどう声をかけたらいいのか分からず何も言えませんでした。今日学習したことで、もう祖母はいませんが、今なら母に優しく声をかけられると思います。家族は第二の患者であるという意識は、良い医療者になるために必要だと思うので、よく覚えておきたいです。

・このような企画はなかなか無くいい経験をさせていただけたと思います。全体的にディスカッションが多く、班の人に自分の言葉で考えを説明したり人の意見を聞いたりすることで医療に対する自分の考えを深めることができたと思います。リアル救命救急ゲームやカラダ地図においては今まで自分が学んだことが実際の医療現場でも役立つと知り、より日々の勉強に力を入れようと思うことができました。また実際に大学生から話を聞くことによって鮮明に将来像を描くこともできるようになり自分の将来に対するモチベーションも上がりました。今回この企画に参加することにより、より医療従事者、特に医師になりたいという気持ちがますます強まりました。今回は本当にありがとうございました。これからも頑張っていきます。

 参加した生徒の皆さんからは、これ以外にも多くの素晴らしい感想が寄せられており、この4時間でたくさんのことを学ぶと同時に、良い医療従事者を目指す決意を強くしたようです。

 IFMSA-JAPAN SCOMEの皆さん、そしてこの企画を支援してくださっている皆様、本校生徒にとって大変有意義な学びの場を与えていただき、ありがとうございました。

読書のすすめ

21日、ホームルーム活動の主題は、全学年共通で「読書のすすめ」でした。

はじめに、今年度の校内読書感想文コンクールで特選に選ばれた3つの作品を、校内放送しました。本人が朗読が放送で流れると、生徒たちは真剣な表情で鑑賞していました。

次に、各クラスで図書委員によるブックトークが行われました。

その後は、各クラスで、読書の意識をが高められるようグループでの活動が行われました。

読書について、全校で考える貴重な機会となりました。

2年生ZEST大学出張講義

11月20日水曜日、2年生のZESTは大学の先生方をお招きして、出張講義が行われました。
以下の写真はその様子です。

大学の授業を体験し、今後の進路について考える大変有意義な時間になりました。
御来校いただいた先生方、ありがとうございました。

「生命保険」と「社会保障制度」の役割について学ぼう!

11月18日火曜日に公益財団法人生命保険文化センターより高橋みのり先生をお招きし、3年政治・経済の授業で「生命保険」と「社会保障制度」の役割について学びました。自分のライフスタイルに応じた自助、共助、公助を組合せを考えていくきっかけとなりました。

令和元年度 今治北高校 大学出張講義

11月18日(金)6・7限に16大学、1企業から先生方を招き、生徒向けに出張講義を実施しました。

 

 

 

 

 

法学、経済学部、社会共創学部、教育学部、保健科学部、総合科学部、工学部、農学部、リハビリテーション学部など多岐にわたる学部・学科からそれぞれ先生方が来校し、本校生徒のために楽しく、かつ有意義な講義をしてくれました。

生徒たちは、一生懸命講義に耳を傾けたり、グループごとの話し合いや実習では熱く議論したりと大学の先生による講義を十分に堪能していました。

難関大学合同学習合宿(2年生 希望者)

11月16日(土)・17(日)の2日間、岡山県青年館で開催された「難関大学合同学習合宿」に、本校2年生の希望者9名が参加しました。

この「難関大学合同学習合宿」は、中国四国地区の進学校の希望生徒が集まり、共に学び、語り合うことを通じて、学力の向上を図るとともに、最難関大学への志望を確固たるものにするという目的で開催されています。今年の参加校は以下の8校で、参加生徒の総数は56名でした。

岡山県立岡山芳泉高等学校  岡山県立笠岡高等学校  広島県立尾道北高等学校  広島県立福山誠之館高等学校  鳥取県立倉吉東高等学校  島根県立松江北高等学校  香川県立丸亀高等学校  愛媛県立今治西高等学校

毎年、全国的にも有名な講師の先生をお招きしており、今年も次の先生方に授業・講演をしていただきました。

国語:藤井 健志 先生(代々木ゼミナール講師)

英語:木村 達哉 先生(灘中学校・灘高等学校教諭)

数学:土家 槇夫 先生(前岡山県立倉敷青陵高等学校校長)

【参加生徒の感想】

〇 参加している生徒のレベルや、勉強に対しての意識がとても高く、自分のモチベーションも上がった。まわりの環 境の大切さを知った。自分の勉強に関して、とても大切なターニングポイントになった気がする。参加して本当によかったと思う。

〇 どの教科も共通していることは、基礎基本を怠らないことです。基本を身に付けると本質がわかり、それを応用に結び付けることができるとわかりました。意欲の高い生徒とともに過ごすことで大きな刺激を受けました。その点でいえば、西高も環境が整っていて、自分は幸せだと思いました。

〇 勉強だけでなく、他校の人たちと同じ部屋で過ごしたことが刺激的だった。修学旅行のような行事より自由度も高く、自主性が求められているのだと強く感じ、自覚が求められていると思いました。

 主催してくださった広島県立尾道北高等学校の先生方、大変お世話になりました。参加生徒、教員とも、この貴重な経験を、是非今後に生かしていきたいと思います。

愛媛県高等学校総合文化祭 自然科学部門

11月16日(新居浜南高等学校)

 高等学校総合文化祭自然科学部門発表会が総合科学博物館で行われました。書類による審査で事前に選んでいただいた本校の2つの研究作品をポスターにまとめ、ポスターセッション形式で発表を行いました。
 3年次の近藤さんと豊田さんは、ライフスタディⅡの授業で取り組んだ「ウツボカズラの消化液に関する研究」について発表しました。多くの方々に興味を持っていただき、活発な議論が見られました。
 2年次の八塚さん、北條さんは、「泡の生成時に発生する音の振動数について」というテーマで発表を行いました。予選審査では質疑に苦労をしましたが、決勝審査に進みました。決勝審査では多くの他校生から質問を頂き、緊張していましたが落ち着いて答えることができました。審査の結果、優秀賞を頂き、全国総文へ推薦していただきました。
 まだまだ勉強が必要ですが、探究心を持って今後も研究に励んでいきたいと思います。

女子生徒2名がポスター発表する

ステージでプレゼンテーションしている

表彰後の記念写真

進路ガイダンス

 11月15日(金)の5・6限目に2年生対象に進路ガイダンスが行われました。

 進学講座は大学・短大18校、専門学校15校に及び担当の方から希望生徒に対しまして、パンフレット資料などによる詳しい説明をいただきました。

 就職説明会は、就職総合説明(株式会社さんぽう)と企業による業界説明(あわしま堂)でした。また、ビジネスマナーについても詳しく説明をいただきました。

 本日の進路ガイダンスは、大変勉強になることばかりであり刺激を受けました。将来の進路に向けて、しっかりと準備をしていきたいと思います。

進路学習

11月14日6時間目(株)さんぽうの加藤節子先生をお迎えし、「進路実現に向けて【面接の心得・マナー】」について学びました。

 

大学・専門学校・企業が面接で見ているポイントや進路実現に向けて求められる力などを教えていただきました。今後の学校生活に生かしていきたいと思います。お忙しい中、ご講演いただきありがとうございました。

小論文講演会(1年生)を実施しました。

本日、7限は学研アソシエ・学力開発部事業部 小論文・講演会グループから波多野洋司先生をお招きし、1年生を対象に小論文講演会を実施しました。

まずは、生徒を集中させるために手をたたく練習です!!

これで「つかみ」はばっちりです!

先生は、これまでの経験を元に、1年生に対して今後の共通テストに臨む心構えから小論文の要点、基本構成、課題型小論文の対策について分かりやすく解説していただきました。

生徒たちも先生の魅力的な話に食い入るように真剣な眼差しで拝聴していました。

文部科学省人権教育研究指定校研究発表会

 11月12日(火)文部科学省人権教育研究指定校研究発表会が開催されました。
 「主体的に行動し、問題解決に展望を開く生徒を育てる人権・同和教育の推進」を研究主題として、生徒たちがフィールドワーク等を通じて主体的に人権・同和教育の学習に取り組みました。今後、この学びをさらに深めていきたいと思います。
 
 

学校設定科目「マルチサイエンスⅠ(課題研究)」の中間発表がありました

12日(火)学校設定科目「マルチサイエンスⅠ」の中間発表会がありました。最初にモデルプレゼンテーションとして生物園芸部のカブちゃんズが「カブトガニの謎を探る~大量絶滅を逃れた絶滅危惧種~」をポスター発表しました。岡山県立玉島高等学校の山﨑淑加先生と高松第一高等学校の佐藤哲也先生から課題研究の発表方法についてご助言をいただきました。その後、人文社会系8グループ30班と自然科学系7グループ27班に分かれて中間発表をしました。

 

GTECで英語力測定!!(2年生英語理解類型)

今日は、2年生の英語理解類型がGTECを受験しました。下の写真は、スピーキングテストを受けている様子です。普段の授業で学んでいることやALTの先生方と学んできたことを生かして、スピーキングテストにチャレンジしました。この試験をきっかけに、英語で積極的に相手に伝わるように話そうとする姿勢に期待したいと思います!!!

明るい未来へあい(AI)のたねをまこう

 11月10日(日)に三島小学校で、ロボット・プログラミング及びSTEM教育のワークショップが行われました。

STEM教育とは、"Science, Technology, Engineering and Mathematics" を意味し、科学・技術・工学・数学の教育分野を総称する言葉です。本校からも12名の生徒がサポートとして参加しました。小学校では来年からプログラミングを学ぶ授業が導入されます。

 それに先駆けて、小学生たちとブロック型のプログラミングであるスクラッチやSTEMONというブロック型ロボット等を学びました。段ボールやロゴで作成したロボットが動いたり、自分の作成した塗り絵が、Ipadを通じて動いたりと驚きと楽しさを経験しました。

 プログラミングを学ぶキーワードとして、「想像力」、「柔軟性」、「多角的対応力」の力が必要となってきます。本日は自分で触れて、自分で操作して、自分で考えるという経験をし、充実した1日を過ごすことができたと思います。

北海道ファームステイ報告会

 11月8日(金)、会場は本校のあやぐも館にて、令和元年度 北海道ファームステイ報告会が行われました。

 今年度は、畜産科2年生14名が北海道の札幌市東区中沼町、恵庭市幸町、千歳市長都、そして寿都郡黒松内町の各3カ所で、計6カ所の受入農家さんにお願いし、8泊9日の農家宿泊実習に参加をさせていただきました。すばらしい体験ができたことに感謝したいと思います。

 各班ともに、スライドを用いて発表を行い、その後の質疑応答でも活発な意見交換が行われました。普通科2年生もこの会に参加し、本当に実りのある報告会となりました。

 

 

 

研究授業(松山北高校)

 松山北高校では、11月8日(金)の3時間目に2年1組で生物基礎の研究授業が行われ、ブタの腎臓の解剖実習を実施しました。実験では、腎動脈に墨汁を流し込んで腎臓を切開し、腎臓の内部構造を観察・スケッチしました。
 次に、腎皮質の切片を顕微鏡で観察し、血液がろ過される糸球体が、流し込んだ墨汁の粒子で毛玉状に染色されている様子を確認しました。授業は、ICT機器を活用してアクティブラーニング的に行われ、尿形成の仕組みについて理解を深めることができました。

  

 

愛媛県高等学校国際教育研究協議会が開催されました。

 11月7日(木)本校で愛媛県高等学校国際教育研究協議会が開催されました。県内各地から教員15名、生徒40名が参加しました。えひめグローバルネットワーク代表理事 竹内よし子先生から「SDGsとわたしーかるたづくりを通じて考えるー」というテーマで講演がありました。活動報告では、本校の国際交流に関する活動として、短期交換留学体験、交換留学生訪問・交流会、グローバルパーティについて、国際理解を深める活動として部活動におけるSDGs研修会、総合的な探究の時間におけるSDGs研究について報告がありました。自ら行動していくことの大切さなどを学ぶことができました。研究協議では、活発な意見交換ができ、参加者同士の交流を深めることができました。
 
 

オンライン英会話

 11月5日(火)の3時間目、4時間目に1年3組と4組の生徒がオンライン英会話の授業を受けました。1人1台タブレットを用いて、ネイティブの先生と英会話を楽しんでいました!

高校生なるほどアイデアコンテスト最終審査に出場しました

11月4日(月)大分大学経済学主催の「高校生なるほどアイデアコンテスト2019」の最終審査会がありました。応募があった870作品の中から最終審査に残った10作品がステージでプレゼン発表をしました。本校から2作品が選ばれ、審査の結果「優秀賞」と「奨励賞」になりました。

優秀賞:ローカルファンド(ふるさと基金)を活用した西条市商店街の活性化

奨励賞:バイリンガルマップ「西条Fricndly Map」

 

 

 

愛媛県商業実務競技大会

11月3日日曜日に松山商業で大会が行われ、

ワープロ競技に参加しました。

10分間で何文字打てるかを競う大会です。

商業科も含めた17校が参加し、団体第3位となりました。

また、1年生で1番の生徒に送られる奨励賞を

本校1年次の宮本くんが受賞しました。

来年の6月に行われる大会では、

4位までが四国大会に出場できます。

四国大会目指して頑張ります。

授業公開(松山北高校)

 松山北高校では、10月31日(木)・11月1日(金)に、授業公開を実施しました。大勢の参観をいただきありがとうございました。ICTを活用したり、アクティブ・ラーニング型の授業を展開したりしながら、各教室で生徒が活発に活動しました。

 10月31日(木)6限目には、各クラスで人権・同和教育ホームルーム活動を実施しました。身の回りの差別について考えたり、差別解消に向けての歴史を学んだり、各学年でテーマに沿って学習しました。

 11月1日(金)の午後からは中高連絡会も開催し、中学校の先生方にも授業を参観していただきました。2日間ありがとうございました。

  

1年生有法子「国際」「医療」ミニレポート発表会がありました

10月31日(木)6限目1年生有法子(課題研究)で「国際」と「医療」に関するミニレポート発表会がありました。これまでの西条市役所の方の講演等を踏まえて、地域課題に対する解決法を提案しました。各クラスの代表の発表に対して活発な質疑応答がなされました。

 

 

「進路ガイダンス」がありました

10月31日(木)7限目1年生を対象に、「進路ガイダンス」がありました。講師はベネッセコーポレーションの星野雄亮氏で、「新入試に向けた学習方法の確立~今、何をすべきか~」について話してくれました。

 

SSHアメリカ海外研修/SSH1期生萬井先生のもとで化学実験 

 理数科2年4名、普通科2年1名の5名が、4泊6日のSSHアメリカ研修に行っています。
 10月30日は、本校SSH1期生で現在、州立コネチカット大学でアシスタントプロフェッサーの萬井知康先生のもとで、Woodstock Academyの生徒さんと一緒に、「電子移動反応」という、1992年のノーベル化学賞の受賞内容に関する実験をアメリカの高校生と共同で行いました。濃度の異なる溶液の調合やスペクトルのピークの波長の測定を、グループ内で協力して行いました。
 萬井先生の研究室で、2日間実験をさせていただき、さらに、海外の大学を選んだ理由や、研究者としての考え方などについてお話を聞くことができました。夕食も学内で一緒にとり、最後までいろいろなお話を聞くことができました。萬井先生のおかげで充実した日を過ごすことができました。先生に感謝するとともに、ここで得た内容・経験を生かしていきたいと思っています。明日は、水産系の専門高校であるBridgeport AquaCulture Science and Technology Educationで、アメリカの高校生と共同実験を行います。 

「地球の料理教室(タンザニア料理)」を実施しました

 10月29日(火)のフードデザインの授業は、特別授業「第1回 地球の料理教室」でした。青年海外協力隊としてタンザニアで活躍された佐伯拓也さんをはじめ、愛媛県青年海外協力隊を育てる会の方を講師としてお招きし、タンザニア料理を作りました。今回作ったのは「ピラウ」と「カチュンバリ」と呼ばれる料理で、タンザニア風の炊き込みご飯とサラダです。タンザニアでは、ピラウは結婚式などのお祝い事で食べられることが多いこと、基本的には油っこい食べ物が多く、付け合わせでよくカチュンバリがあることを説明していただきました。普段の生活の中で食べることはもちろん、見たり、臭ったり、触ったりしたことのないクローブやクミンシード、シナモンスティックなどの香辛料を使った調理実習や、タンザニアの生活の説明、現地での体験談など、驚きの連続でした。生徒にとって五感を使って体験しながら、異文化理解を深める貴重な時間となったようです。さて、今回は第1回。第2回はどこの国でしょうか…お楽しみに!

介護技術コンテスト全国大会

10月27日(日)新潟県で

「サンフェア新潟2019介護技術コンテスト」が開催されました。

 

川之石高校は四国ブロック代表として、

3年次生3名が出場しました。


精一杯頑張り、奨励賞をいただきました。


全国の福祉を学ぶ仲間に出会え、本当に良い刺激をもらいました!

分野別進路説明会を行いました。

10月25日(金)、1・2年生を対象に、分野別進路説明会を行いました。

説明会では、就職希望者や公務員望者への説明のほか、進学関係では松山大学など県内の大学・短期大学や専門学校のほか、広島工業大学など県外の大学や専門学校にも参加していただき、44の分野に分かれてお話をしていただきました。

生徒たちは熱心に話を聞き、進路選択の参考にしていました。