カテゴリ:地域との連携

少しでも気持ちよく!!鬼北桃祭準備進む

 いたるところに春の訪れを感じる季節となりました。

 3月15日(日)から4月5日(日)までの間、近永駅周辺では空き家を活用したおひなさまの展示が行われます。2月29日(土)には、あいにくの雨模様の中、本校からも1・2年の地方創生広報委員会の生徒を中心に10名の生徒が地域住民の方々とともに空き家の清掃作業を行いました。

 地域の方々と一緒になって同じ作業をすることに意味があると考えています。清掃作業をしながらお互いが打ち解け会話も弾みます。

 後から参加された方に聞いた話ですが、「バスが近づいた際、一人の女子生徒さんが、『おばちゃん、お尻出しとったらバスに当たって危ないよ。』と気遣ってくれたんよ。かわいらしかろ。」とにこやかに話しかけてくれました。その御婦人は、さらに「北高の生徒さんは、すれ違ごうてもよく挨拶してくれるし、ほんと好きなんよ。」という言葉も付け加えていただき、この学校に勤めるものとしてとても嬉しい気持ちになりました。どんな時でもお互いを思う気持ちをもっておきたいものです。

 私たちは、この1か月間、地域の方々と一緒になって、準備を進めてきました。残念ながら、3月15日(日)のイベントは中止となってしまいましたが、この経験は次につながると考えています。参加された皆さんお疲れさまでした。今後とも北高生をよろしくお願いします。

 近いうちに空き家におひなさまを飾る予定です。その時の様子もまたお知らせします。

 

宇和島市立伊達博物館ひな人形特別展に参加しました。

 2月24日(月)に宇和島市立伊達博物館で行われたひな人形特別展に参加させて頂きました。宇和島市立伊達博物館協議会委員に御協力頂き、泉貨紙を利用した「お香包み」やひな人形を披露して頂きました。

 泉貨紙は鬼北町泉地区などに伝わる和紙で、かつて宇和島藩が仙台藩に楮を送ったとの言い伝えもあり、本校の作物・果樹専攻班では泉貨紙の調査研究を平成30年度より行っています。今回は、研究調査した内容をポスターセッションさせて頂き、緊張しながらも来館者の皆様に発表することができました。また、泉貨紙を利用して、しおりを作製し来館者の皆様に配布させて頂き、さらに今後来館者へ泉貨紙を知っていただくために伊達博物館にしおりを寄付しました。

 泉貨紙保存会や宇和島市立伊達博物館の御協力を頂き、今後も栽培だけでなく、歴史的な背景を探りながら、研究を深化させていきたいと思います。

事前復興について考える【東京大学・愛媛大学「南海トラフ地震事前復興共同研究」白浜・松蔭地区ワークショップ】

 2月22日(土)JA西宇和矢野崎出張所2階(愛媛大学宇和海沿岸地域事前復興デザイン研究センター)にて、南海トラフ地震防災に関するワークショップが行われ、本校2年泉さん、大西さんが参加しました。

 八幡浜市では昨年度より愛媛県、宇和海沿岸市町及び東京大学・愛媛大学とともに「南海トラフ地震事前復興共同研究」の取組が進められています。今回は東京大学院生(東京大学羽藤英二教授ゼミ所属)の方々によって、白浜・松蔭地区の住民の皆さんが回答されたアンケート結果の報告や、事前復興プラン(大災害に備える街づくり)の提案が行われました。その後、グループに分かれ様々な観点から住民の皆さん、大学院生と共に参加した2名も八幡浜市の防災・復興について話し合いました。

 まとめではそれぞれが高校生として日頃感じていることや、防災・復興に向けた取組についてグループの意見をまとめ発表しました。専門的な観点から多くの知識・理解が得られると同時にその地に暮らす方々からの率直な意見・アイデアについて知ることができ、防災・事前復興の本質について深く考えられる貴重な機会となりました。

 今後も「総合的な探究の時間」等を通して積極的に参加していきます!

鬼北の未来を創る!ライフキャリア教育講演会教職員8名参加

 

 

 2月21日(金)鬼北町中央公民館で、『未来を担うひとづくり~人生観を育むライフキャリア教育へ~』と題し、「鬼北の未来を創る!ライフキャリア教育講演会」が行われました。

 講師を務められたのは、島根県益田市教育委員会の大畑伸幸先生でした。益田市はライフキャリア教育の実践を通して人材育成に取り組み、そのことを通してまちづくりにもつなげている地域です。

 講演では、学校は基礎・基本を学ぶ場であり、実力をつけるのは地域である。子どもは学校だけで育っているのではなく、地域で育てるものであることを力説されていたのが印象的でした。また、私たちは群れの中で育ててもらったが、いつしか子どもの育つ機会を大人が奪ってしまっているのではないだろうか。子どもは“地域の子”という考えを持ち、地域の担い手として育てることが大切であること。そのためには、幼保・小・中・高の連携のもと、きちんと子どもと大人が対話による関係づくりを積み上げることが大切であり、益田市では、講演ではなく、対話で人を繋ぎ、繋がった大人と欲しい未来を「つくる」“かたり場”の提供により、「どんな大人になりたいか」生き方を考える授業を実践していることをわかりやすくお話しいただきました。

 最後に、地域の中に学校がある。よりよい学校教育とよりよい社会により“社会に開かれた教育課程”が展開されると締めくくられ、現在、本校で展開している「鬼の町にぎわい創出プロジェクト~予土線沿線、地域活性化を図る人材の育成~」の一つの方向性を示していただけたのではないかと考えています。

化学部の生徒が中学校で出前授業をしました

2月20日(木)の放課後に化学部員8名が西条北中学校で出前授業を行いました。ナイロンの合成実験を通して、合成繊維の歴史と今後の科学技術の在り方について説明しました。授業を受けた中学生の科学に対する興味・関心が、少しでも高まってほしいと思います。

 

企業説明会を開催しました

18日の総合的な探求の時間に、1年生の就職希望者を対象に、企業説明会を開催しました。

地元の3事業所(丸住製紙株式会社、大王海運株式会社、医療法人健康会)の担当者にお越しいただき、業種、業務内容、製品、魅力、就職した場合のキャリアパス等について、分かりやすく説明していただきました。

生徒は3事業所のうち2つを選択し、それぞれ20分間説明を受けるとともに、疑問点について回答していただきました。

地域の産業・仕事についての理解を深め、職業意識を形成するために有益な時間となりました。

巣立ちの教室

鬼北町保健介護課から6名の保健師の方々にお越しいただき、3年生の各教室で「巣立ちの教室」を実施しました。

卒業後の一人暮らしに向けて、かしこく選んで食べること、お酒とのつき合い方や断り方、ストレスへの対処の仕方など、健康管理や安全管理において注意すべきことを確認しました。

卒業後は自由な生活ができる一方で、様々なトラブルに巻き込まれる危険性も大きくなります。安全・安心な一人暮らしのために、「巣立ちの教室サポートブック」を上手に活用しながら自己管理をしっかり行い、自分の心と体を守っていってほしいと思います。

長高水族館一般公開

2月15日土曜日は、長高水族館の一般公開日でした。今月も地域をはじめ多くの方々が来館されました。今月も各種イベントだけでなく、研究班による研究成果の発表も行いました。また、当日は、長浜観光案内所にてイベントも初開催されました。共に長浜地区の活性化に取り組んでいきます。

高校生自転車マナーアップ会議に参加しました

15日、「高校生自転車マナーアップ会議」が愛媛県武道館で開催され、県内の高校生が参加しました。

本校は、今年度「愛媛県高校生自転車交通マナー向上対策事業」実践指定校として取り組み、その成果の発表をしました。

次年度以降も自転車の交通安全のマナーアップに積極的に取り組んでまいります。

 

 

献血呼びかけボランティア

JRC部です。

2月15日(土)、大街道献血ルームで呼びかけボランティアをしました。

多くの方が献血に協力してくれました!健康の大切さ、協力への感謝を強く感じました。

次回は3月に呼びかけをします。