カテゴリ:産業教育

9月18日(金)紙のまちづくりコースにおける工場見学

9月18日、紙のまちづくりコースの2年生が大王製紙株式会社の工場を見学しました。川之江工場で、会社概要について説明を受けた後、本校卒業生の話を聞きました。

その後、紙を抄くスピードが世界最速クラスの抄紙機など最新設備を見学し、日本と外国のトイレットペーパーの違いなど知ることができました。

また、三島工場では、幅8.1m、全長365mもあるN10マシンを見学し、機械の大きさと紙を作る速さに圧倒されました。どのような工程を経て紙ができるのかを分かりやすく説明していただくだけでなく、仕事をしていく上で安全が第一であることも学ばせていただきました。

大王製紙株式会社の皆さま、紙産業の将来性を感じられる見学をさせていただき、本日は本当にありがとうございました。

鉄筋の組立作業・出前授業

9月16日(水)、2年機械建築工学科の生徒が愛媛県鉄筋業協同組合様による鉄筋工事・鉄筋組立・圧接作業の出前講座を受講しました。
まず、講師の先生による鉄筋工事の役割や重要性を教えていただき、その後、鉄筋の組立作業や圧接作業の実技指導をしていただきました。実際に手を動かして作業をしてみるとなかなか上手くいかず、ぎこちない手つきでしたが、だんだんと形ができてきました。熟練の職人さんの技を見せていただく機会はなかなかないので、とても勉強になりました。
吉田高校では、地域の方々のお力を得ながら、ものづくりを通して将来の地域の産業界を担う人材の育成に努めています。これからもご支援をいただきますようお願いいたします。

県警バイシクルユニットによる自転車運転技術指導を実施しました。

9月15日(火)7限目、1年生対象に「県警バイシクルユニットによる自転車運転技術指導」を実施しました。警察の担当者から交通安全についての指導をしていただき、代表生徒3名が、自転車シミュレーターを体験しました。

難易度や行き先を設定して挑戦し、他の生徒は、プロジェクターを通して見ました。

最後に、担当者から5つのことを守ってほしいということで、①片手運転をしない、②横並びで運転しない、③右側通行の禁止、④一時停止を守る、⑤ヘルメットを着用する、を生徒たちに呼び掛けていただきました。安全に登下校するためにも、確実に守ってほしいですね。一人一人が、毎日、心掛けていきましょう。

 

第2回えひめ次世代マイスター育成事業(ツアープランニングプログラム)が行われました

 9月14日(月)、「えひめ次世代マイスター育成事業(ツアープランニングプログラム)」の2回目が、1限目に商業科2年生で行われました。講師としてワカタケツアーの河村眞治様に来ていただき、商業科2年生の商業類型生徒19名が、ツアープランニング方法の基礎知識を勉強しました。

  第2回目の本日は、前回の課題である四国中央市発着の日帰り旅行ツアープランを各班で作ったものを発表しました。

 発表したツアーに指導助言をしていただき、次回はこの内容に、予算を調べ作成することになりました。また、四国中央市の観光資源を調べる課題も出されました。この取組が四国中央市の活性化につながるようにしっかりと勉強していきます。

 

激励状をいただきました

9月10日(木)江藤農林水産大臣から激励状を授与されました。「農」や「食」の主体的な学習を続けている農業高校生に対して、今後も日本の農業発展のために成長し、日本や世界に貢献できる人材となって欲しいと激励を受けました。本校では、学校を代表して農業クラブ会長が激励状をいただきました。これからも日本の農業発展のために頑張ります。

かつらむきの練習をしました

9月8日(火) 食品デザイン科3年生は「調理」の授業でかつらむきとかつらむきを使った料理の実習をしました。12月に受検する技術検定食物調理1級の練習として実施し、各自のアイデアで様々な料理を仕上げました。

グローバルG.A.P.学習会を実施しました

9月4日(金)「えひめ次世代マイスター育成事業」の一環として、環境開発科3年生を対象に、グローバルG.A.P.学習会を行いました。今回、中予地方局産業振興課伊予農業指導班の守屋先生から、「国際水準G.A.P.の基本的な理解」と題し講演をいただきました。また、農林水産部農産園芸課の山本先生からグローバルG.A.P.認証取得の模擬審査をしていただきました。9月29日(火)に行われるグローバルG.A.P.審査会に向けて頑張ります。

小型フォークリフト講習を実施しました

小型フォークリフト講習を18日(火)から20日(木)までの3日間で実施しました。18日は一日講義を受けました。

19日、20日は2班に分かれて実技講習です。

実技では暑い中、生徒たちはバックする時にハンドルを逆に操作したり、曲がる時に勢いがつきすぎたりと慣れない運転に苦戦していましたが、資格取得に向けて頑張っていました。

小型建機講習を実施しました

土居高校で小型建機講習会を3日間の日程で実施しました。8月5日に学科講習、実技講習は受講生徒が2つのグループに分かれて8月6日、7日の2日間で実施しました。特に、実技講習では最初ぎこちなく、思い通りに動かすための操作方法、両手でのレバー操作、さらに車両感覚に大苦戦していました。

しかし、練習を重ねることで技術は確実に上達していき、午後には一人でスムースに運転していました。流石ですね。