メインメニュー
取組のカテゴリー
今月の投稿カレンダー
2017年 7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
月別の投稿

2017年7月25日(火曜日)

(三島高校)「地域の産業と文化を学ぶ(水引制作体験)」

カテゴリー: - 02msihp @ 12時37分24秒

 25日(火)、夏季補習2,3時間目の時間帯に「地域の産業と文化を学ぶ(水引制作体験)」が行われ、商業科の生徒40名が水引制作を体験しました。
地場産業である水引の普及活動を行っている伊予水引金封協同組合美結会より、会長の今村八千代先生をはじめ、水引産業に関わっておられる4名の先生に講師を務めていただき、「あわじ結び」「梅結び」などの基本の技から、水引の歴史や意味についても楽しい雰囲気のなか丁寧に教えていただきました。

1.JPG4.JPG
                    たくさんの色の水引から、きれいな組み合わせを選んでいます。

5.JPG6.JPG
水引2本の梅結び 結び検定5級     みんな真剣に取り組んでいます。

 水引は四国中央市の伝統工芸品であり、えひめ国体でも炬火トーチなど、各所に使われるそうです。今日の制作では、かなり難易度の高い11本での梅結びを成功させた生徒もおり、それぞれが真剣に制作に取り組んだ心に残る1日となりました。今後も地域の伝統である水引と積極的に関わっていきたいと思います。


2017年7月24日(月曜日)

(土居高校)商い甲子園・商業教育研究発表大会・ビジネスグランプリに向けて調査研究

本校ビジネスコース(情報科学部)の3年生22名は、今年度、各種大会やコンテストに応募しています。全員が「商い甲子園」班、「商業教育研究発表大会」班、「観光甲子園」班、「高校生なるほどアイデアコンテスト」班、「全国ビジネスアイデア甲子園」班、「ビジネスプラン・グランプリ班」にそれぞれ分かれて準備作業に取り組んでいます。

7月に入って、「商い甲子園」班6人と「商業教育生徒研究発表」班4人が本格的に活動に入りました。校内では準備作業、地域に出向いての聞き取り学習(ヒアリング)や商品仕入れ交渉などを行っています。「企業や団体」との連携活動(愛媛県紙パルプ工業会、地元企業等)、「大学や研究機関」との連携活動(愛媛大学紙産業イノベーションセンター、松山大学等)、「行政」との連携活動(市産業振興課、市物産協会、土居町観光協会、土居町商工会、紙のまち資料館等)、「地域」との連携活動(地域コミュニティ協議会、地元公民館、地元神社等)を行いました。

 「観光甲子園」班4人は、惜しくも決勝進出を逃しましたが、審査委員長特別賞(全国12位/84チーム中)を受賞いたしました。私たち共通の研究テーマ「紙と文化のくにコンソーシアム構想」が全国トップクラスの評価を受けたことで、「商い甲子園」班と「商業教育生徒研究発表」班はがぜん元気が出てきました。残り少ない時間を大切に地域をPRできるように頑張りたいと思います。

290724doi01.jpg 290724doi02.jpg

290724doi03.jpg 290724doi04.jpg

 


2017年7月23日(日曜日)

(西条高校)西条高校プロデュース「サンチャー」

23日(日)、ひうち陸上競技場で行われた今治FCの試合を盛り上げるために、西条高校(商業科)と市内事業所と一緒にプロデュースしたチャーシューライスバーカー「サンチャー」を販売しました。

                                

                                


2017年7月21日(金曜日)

(伊予高校)職場体験に行ってきました。(愛媛新聞社、愛媛トヨタ株式会社)

カテゴリー: - 31iyohp @ 17時05分22秒

 地域の職場を訪問し、自分自身にできることを発見しようと職場体験をさせていただきました。愛媛トヨタ株式会社様では車を介した仕事を通して地域貢献をするということを、愛媛新聞社様では新聞のできるまでを知り、新聞記事の作り方のノウハウも教えていただきました。それぞれの「研修の振り返り」では自分たちの学んだことを発表できました。とても実になる体験でした。

 


(土居高校)「紙のまち魅力化プロジェクト」地域における体験活動・工場見学

7月21日(金)、紙産業の魅力を実践的に学ぶことを目的として、1年生全員を対象に愛媛大学紙産業イノベーションセンターや紙のまち資料館での体験学習、地域企業等での工場見学を行いました。

工場見学では、紙がどのように作られているのか、トイレットペーパー、書道半紙、紙袋などの紙製品がどのように作られているのかなどについて見学し、消費者が少しでも使いやすいよう工夫を凝らし、一つ一つ丁寧に作られていることが分かりました。また、紙のまち資料館では、紙の歴史を学んだ後、手漉きと水引の体験をしました。先人たちが築いてきた伝統を感じながら団扇とはがきを楽しく作ることができました。紙産業イノベーションセンターでは、抄紙体験、紙の性能評価試験や、セルロースナノファイバーの製造工程を見学しました。本格的な機器を使っての実習や先端素材に触れることができ、紙に対する興味・関心が高まりました。

生徒たちは、紙の歴史、手漉きと機械漉きの違い、広葉樹から作られた紙と針葉樹から作られた紙の違いなどを見学するだけでなく実際に紙づくりを体験することにより深く学ぶことができました。

 

290721doi01.jpg

 

290721doi02.jpg

 

290721doi03.jpg

 

290721doi04.jpg


2017年7月18日(火曜日)

(松山南高校)出前講義「Cubic Earth−もしも地球が立方体だったら」

カテゴリー: - 22matshp @ 12時30分10秒

 松山南高校では、高校生の間に、さまざまな分野に対して知的好奇心を持ち、教養を深めることを目的として、「南高教養アップ講座」を年間に6回程度開講しています。7月18日(火)放課後、希望生徒50名余りを対象として、本年度最初の南高教養アップ講座が会議室で行われました。
 今回は、香川大学教育学部寺尾徹教授にお越しいただき、日本科学協会の出前講義「Cubic Earth−もしも地球が立方体だったら」を行いました。「もしも地球が立方体だったら」というシミュレーションを基にした動画を参考にしながら、普段意識することの少ない、「“下”とは何か」、「水平とは?」、「空気の質量とは?」などを考えました。また、”Cubic Earth” のシミュレーションをすることで大気の温室効果や生物の進化など様々な「科学」の領域を考えることにつながることを知り、地球のかけがえのなさも再認識できました。寺尾先生、ありがとうございました。

2017-0718 (1).jpg  説明会の様子

2017-0718 (2).jpg   説明会後、新聞社による取材風景


2017年7月14日(金曜日)

(松山南高校)文科系の課題研究の進め方

カテゴリー: - 22matshp @ 10時55分10秒

 松山南高等学校は文部科学省から「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)」校として平成14年度から連続4期の指定を受け、今年度16年目の取組を行っています。現在の第4期指定からは、理数科は「スーパーサイエンス」(SS)、普通科はチャレンジリサーチ(CR)の時間を中心に、全校生徒が課題研究に取り組んでいます。これからの世界や日本を担う人材に求められる、課題発見、探究、解決を主体的、協同的に行う能力を高めることを目標としています。

 7月14日(金)、伊予銀地域経済研究センター(IRC)より、菊地麻紀先生、中川智裕先生のお二人をお迎えして、講演会を実施しました。

 2年生普通科文型4クラス生徒を対象に「研究の進め方・気づく力を鍛えるには?」と題して、文科系の課題研究の進め方についてご指導いただきました。IRCで実施されている調査研究の手法や内容を具体的にお話しいただきました。講演会後の質疑応答も内容の濃いものとなりました。

20170714IRC (1).JPG  菊地麻紀先生のお話

                                 中川智裕先生のお話

                                生徒からの質疑


2017年7月11日(火曜日)

(新居浜商業高校)新居浜警察署からの感謝状

7月11日(火)、泉川公民館での特殊詐欺防止広報活動に対して新居浜警察署からの感謝状贈呈式に課題研究(マーケティングリサーチ班)全員で参加しました。当日は、感謝状の他に新居浜警察署特殊詐欺被害防止活動推進校の委嘱状も交付されました。その後、新居浜警察署員等に対して特殊詐欺防止クイズや還付金詐欺の寸劇を披露しました。
29-tokusyu2.jpg 29-tokusyu3_1.jpg 29-tokusyu6.jpg 


(松山工業高校)鉄筋施工(出前講座)〜建築科1年・土木科2年〜

カテゴリー: - 25matthp @ 07時24分36秒

 毎年開催していただいている鉄筋施工出前講座が、7月11日に建築科1年生40名、18日土木科2年生39名を対象に両日ともに午前中実施されました。
 講座では、まず1時間目に鉄筋施工に関するプレゼンテーションと、動画を使った鉄筋施工技能検定の課題説明を山口様にしていただきました。
 そして座学が終わると、実際に鉄筋の組立作業を行いました。今回の課題は鉄筋施工技能検定2級の鉄筋組立作業の課題を10人一組で2名ずつの講師が着くという体制で進む形となりました。途中で一班ずつが抜ける形でガス圧接作業実習を同時進行で行いました。圧接作業では実際にガス溶接をさせていただきました。3時間をフルに使い、ヘルメットに軍手姿の生徒達が指導してくださる鉄筋組合の講師陣の職人技に驚き、作業では手取り足取りの指導をしていただけるなど非常に充実した出前講座となりました。
 今回の出前講座が、将来の地域産業の担い手となる生徒一人一人の進路選択の幅を広げ、同時に経験できたことによって確実にスキルアップしたといえる充実した一日となったようです。

2ハッカー結束練習図1.jpg 6帯筋配置作業.jpg
7建築科班.jpg 8土木科班.jpg


2017年7月7日(金曜日)

(八幡浜工業高校)インターンシップを行いました。

カテゴリー: - 37yawthp @ 13時05分12秒

 2年生80名が、7月3日(月)〜7日(金)の5日間、八幡浜市、大洲市、西予市、内子町の事業所33社で、インターンシップを行いました。

日頃の学習内容や将来の進路に関連した就労体験ができ、よい経験となりました。受入事業所の皆様、大変ありがとうございました。

 yawt_0711_1.JPG yawt_0711_2.JPG 

 yawt_0711_3.jpg yawt_0711_4.jpg

 


Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

検索はこちらから
最近の投稿タイトル

Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS Project